つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

寳龍 簗瀬店@宇都宮市簗瀬町 2

寳龍 簗瀬店@宇都宮市簗瀬町 2 外観

何でまた寳龍とか言わないの!
ダブるのでアップはしていませんが、相変わらず月一で食べてます。
以前にも書き込んだ事がありますが、20年前にススキノ本店で味噌ラーメンを食した事があります。意外にこちらで食べる物とは、やや趣が異なりました。とはいえ寳龍さんは県内だとココだけになってしまったのは寂しい限り。



寳龍 簗瀬店@宇都宮市簗瀬町 2 メニューの一部

いつも塩ラーメンばかり食していた為、メニューをほとんど見る事はありませんでした。
じつは中華丼なんてあったのね。では、早速食べてみようではないか。



寳龍 簗瀬店@宇都宮市簗瀬町 2 中華丼

「中華丼(650円)」
ナイスビジュアル。海老やホタテが入ってこの価格は安いと思います。
早速頬張ってみると、塩ラーメン同様、海エキスが支配した固めの餡と来た。ややショッパ目ではありますが、寳龍イズムが中華丼にもキッチリ継承されてます。この塩ダレがいいんだよなぁ~



寳龍 簗瀬店@宇都宮市簗瀬町 2 スープ

付属のスープは、ほんのりゴマ油が香る豚骨主体のチューニング。寸胴の様子がリアルに伺えます。
ここで意外だったのは、海感ゼロな事。例の塩ダレは不在の模様。でも、メインが海エキス満載なので、バランス的にいい塩梅なのではないでしょうか。

数え切れないくらい訪問してますが、まさかの発見がとても新鮮に感じました。これもアリですね。

ラーメンの寳龍 簗瀬店



関連ランキング:ラーメン | 南宇都宮駅


テーマ:丼物 - ジャンル:グルメ

麺屋 大和@小山市駅南町

麺屋 大和@小山市駅南町 外観

大和さんが10周年の節目を迎えて、メニューの全面見直しをされたというので、早速訪問してみました。
そう、理由のないブログアップはしませんよ。



麺屋 大和@小山市駅南町 メニュー1

麺屋 大和@小山市駅南町 メニュー2

かなりメニューを絞り込んできましたね。
最近の傾向として、流行り物や飛び道具を控え、原点回帰の方向性に向かわれるお店がちょいちょい出始めた予感がします。
そういうの嫌いじゃないです。むしろ好き。



麺屋 大和@小山市駅南町 中華そば

「中華そば(750円)」
清湯とはありがたい。量的にも大盛りに匹敵するボリュームです。
動物・魚介系がわんさかアピールしてくる、言うならば平成の中華そばスタイル。



麺屋 大和@小山市駅南町 麺

モチモチとした太麺も、濃度の高いスープですから、問題なしよ。



麺屋 大和@小山市駅南町 ギョーザセット

「ギョーザセット(300円)」
想像よりデカイ! しかも肉入りのしっとり餡を抱擁するのは、麺同様モチっとした厚手の皮。
これならご飯要らなかったなぁ。焼きそばをおかずにご飯食べているような感覚。ぐるじぃ・・・



麺屋 大和@小山市駅南町 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
必然的に途中からはこうなりました。ソフトタッチのチャーシュー旨し!
昨晩調整をせずに臨んだので、ラーメンの完食ならず。しかしながら千円超えも、質・量的に納得です。

キャパを考慮すると、ファミリー層の取り込みもこれまで通り重要かとは思いますが、この思い切った戦略には脱帽です。

麺屋 大和



関連ランキング:つけ麺 | 小山駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺らいけん@芳賀町西水沼 2

麺らいけん@芳賀町西水沼 2 外観

まさか、らいけんさんの朝ラーに行けるなんて!
前日の夜、仕事を早く切り上げて就寝。早朝ゴルビーに起こされました。通常なら二度寝するのですが、このまま時間調整して念願であった、らいけんの朝ラーに行ってしまえと考えました。あえて遅めに出発したので、通勤ラッシュに巻き込まれずに訪問できました。



麺らいけん@芳賀町西水沼 2 メニュー1

麺らいけん@芳賀町西水沼 2 メニュー2

このメニュー表達、すでに見慣れてしまった方も多いのでは。



麺らいけん@芳賀町西水沼 2 かけらぁ

「朝らぁ定食A(650円)」
先ずは、かけらぁからね。
そういえば10年前に、素らぁめん(確かこんな名前)食べたっけな。煮チャーシューが乗らないと、案外魚介系がちょいと顔を出してきて、新鮮に感じた懐かしい思い出。おっと、話が脱線してしまった。
清湯ながら魚の出汁が猛アピール。鯛が親分的存在に感じますね。そこにモチっとした中細麺がバランスよく組み合わさってきます。
麺食べきって白米ドボンしても、なんら遜色の無いしっかりしたスープに仕上がっているのは流石。旨し!
ピークタイムとは違い、小池さんもリラックスしていて、楽しそうに切り盛りされてました。



麺らいけん@芳賀町西水沼 2 らいめし

ご飯関係は変更可能ですが、最初なので無難にらいめしをチョイス。十分に完成されていますので、途中からのぶっかけは見送りました。

睡眠で失われた水分、ミネラルの補給、これから必要であろう糖質等全てが、らいけんの朝ラーで補えてしまうのです。しかも美味しくね。
夏休みです。こんなスーパー完全食をちゃちゃっと平らげて、万プー向かっちゃうっていうのはどうよ!?
さあ、私は仕事に差し支えないよう、帰ったら仮眠します(笑)。

麺らいけん



関連ランキング:ラーメン | 芳賀町その他



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

謝々@高根沢町宝積台

謝々@高根沢町宝積台 外観

順調に突き進んでます、高根沢行脚。今回は四川料理屋さんです。



謝々@高根沢町宝積台 内観

チャーイニーズし過ぎていない内観。個人的には落ち着きます。



謝々@高根沢町宝積台 メニュー1

謝々@高根沢町宝積台 メニュー2

行脚ですから、当然脇目も振らず臨みます。



謝々@高根沢町宝積台 餃子ランチ

「餃子ランチ(1,000円)」
概ね中華系清湯スープの範囲内ではあるものの、街の中華屋さんというよりは、本格派志向に近い味わい。
ホロっと崩れるチャーシュー等、シンプルでありながら、しっかりと作り込まれてます。



謝々@高根沢町宝積台 麺

硬質な中細縮れ麺。中華屋さんで、たまに出くわします。



謝々@高根沢町宝積台 餃子

やや小ぶりではありますが、中華エッセンスが随所に顔を出してきます。

私が普段食事するお店の感覚からしてみれば、やや割高に感じちゃいますが、小鉢とコーヒーか烏龍茶のサービスを考慮すると、まあこんなもんかな。街の中華屋さんと高級中華料理店の中間的位置付けの趣ですからね。
担々麺や、気が抜けない日替わりランチ辺りも気になるところ。

謝々



関連ランキング:中華料理 | 宝積寺駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

本気ラーメン@小山市出井

本気ラーメン@小山市出井1,250 外観

ちょっと早いかなとは思いましたが、ブログバランスを考慮して先週訪問してみました。そうしないと、嗜好的に玄人専用のラーメンブログになってしまいますからね(笑)。
屋号に、やり過ぎちゃった感は否めませんが、やはりこの黄色い看板には激しくそそられます。



本気ラーメン@小山市出井1,250 内観

今流行り?の対面式カウンターと、テーブル席のレイアウト。お一人様も安心。



本気ラーメン@小山市出井1,250 メニュー1

本気ラーメン@小山市出井1,250 メニュー2

シンプルなメニュー構成です。残念な事にランチセットはありませんが、落ち着いた頃には提供するかも。
市街地からは外れているとはいえ、小山で食べる白河ラーメン、楽しみです。



本気ラーメン@小山市出井1,250 らーめん

「らーめん(780円)」
ビジュアル的に、私が・・・、いや、皆さんが想像する白河ラーメンとは様子が異なりますね。とりあえずは実食。
カエシと丸鶏感は控えめで、ほのかな甘さと隠し味の生姜が、純和風らーめんへと誘ってくれます。こう来たか。
瑞々しいメンマと、どっかで出会ったであろうバラチャーシューの組み合わせ。当然スモーキーさは兼ね備えてはいません。全体の雰囲気から、ちょっと前まで県内に数店舗存在した某ラーメン店の影がちらほらと浮かびますよ。まあ、私の勝手な妄想かもしれませんが。



本気ラーメン@小山市出井1,250 麺

意外や意外、ボソっとした食感の短めな手打ち(風)麺。
全てにおいて、私の固定概念をぶち壊してくれる。でも、スリリングで楽しいじゃないか!

白河ラーメンのコンセプトなんて、所詮は各々が判断する事。だからこそ、こんなラーメンがあってもいいじゃないか。と締めくくりたいところではあります。でも、幾つかの花輪には「白川ラーメン」ってあったんだよな。それか店主が白河さんという可能性も否めず(笑)。

本気ラーメン



関連ランキング:ラーメン | 小金井駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

前のページ 次のページ

FC2Ad