FC2ブログ

バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その4

バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 朝日
私達が宿泊しているサヌールエリアは東側。繁華街のクタエリアのような夕日は眺められない分、こうして朝日が拝めるのです。ありがたや~



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 プールサイド
さあ、オープン間際のレストランにまっしぐら。もういいかい?



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 BUBUR AYAM
「BUBUR AYAM」
お粥ね。付属のだし汁と調味料をお好みで混ぜれば、更に旨味アップ。期待していなかったけど、熱々で何気に旨し!



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 MIE GORENG
「MIE GORENG」
甘しょっぱ仕立ての焼きそばと、目玉焼きを共に口に運べば、あぁちょうどいい塩梅。



そうだ、せっかく早起きしたのだから、釣りにでも行ってみよう。
バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 トローリング1
毎度毎度、コーラルフィッシングで20センチくらいの熱帯魚をゲットするのとはおさらばだぜ。人間成長しないと。
今回はトローリングです。えっ、様子がおかしいって? 激安トローリングなので、松方さんや梅宮さん達のソレとは全くの別物なのです(笑)。



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 トローリング2
さあ、出航です。大物狙うよ~



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 トローリング3
漁師みたいなおじさんが、お一人でセッチングしてくれます。



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 トローリング4
おおっ、イルカさん数頭が遊びに来てくれました。カワユし。ヒレしか見えないからって、サメじゃないからね。
がしかし、2度ヒットするものの、釣り糸の先にはイルカ達。根こそぎかっさられた。やっぱイルカは頭いいね。おかげでイルカウォッチングになってしまったよ。まあ、いいか。



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 コーラルフィッシング
仕方ないので、いつものコーラルフィッシングに変更。船酔い気味の家人が、唯一カワハギをゲット。私はボウズ・・・。まあ、こんな日もありますよ。



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 トローリング キロ
帰り際、いい波が。となると、明日はアレだな。





バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 ホテル帰還
手ぶらでホテルに戻る。



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 ホテル敷地
釣った方はルンルンだよね~



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 シャワー
私はシャワーを浴びて・・・



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 ベッド
昼寝します。天蓋最高!



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 ホテル敷地2
陽が沈み掛けてきたので、そろそろディナーに向かいます。



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 トローリング ホテル敷地2
てくてく歩いて、本日向かうは・・・



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 パサール シンドゥ(サヌール市場)
パサール シンドゥ(サヌール市場)。欧米人と地元民で盛り上がってるね~



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 屋台1
先ずはコチラの屋台。ハラールっぽいです。インドネシアだしね。



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 スープヌードル
「Noodle Soups(37円程度)」
バリ風、鶏ガラスープタンメン的な。麺はインスタント。量的には少ないけど、やっぱローカルは安いね~



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 スープヌードル2
こうして麺リフトの画像を撮影していたら、向かいで食事されていた欧米お婆ちゃんに、珍しがられて話し掛けられた。面倒臭いので、インスタグラムって言っといた。屋台でのゆるい会話は、万国共通のようです。
で、これだけじゃ全然足りないので、店を移動します。



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 屋台2
こちらも盛り上がってるね~



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 Soto Ayam
「Soto Ayam(150円程度)」
チキンカレースープ的味わい。このカレー、赤いSBの缶っぽい。案外私の予想は当たるかもよ。だってスーパーに売ってたしね。鶏のほぐし肉入りなのですが、↑おじちゃんが、鶏足(モミジ)入れるかと聞かれましたが、丁寧にお断りしました。この段階で何度か「Ayam」という単語がちょいちょい出てきますが、鶏肉の事です。
どちらもシャアしましたが、もうちょい食べれる。ならば晩酌用にテイクアウトするか。ちなみに「Take Awey」と言わないと通じませんので、ご注意下さい。



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3  サテ
「サテ 1ピース(150円程度)」やっぱ香りに引き寄せられるわな。
黙っていると大量に付けられてしまう極甘のピーナッツペーストは、最小限にしてもらいました。



バリ島 Tanjung Sari Hotel 滞在記 その3 蓮2
ホテルに戻りサテを片手に晩酌中、近くのMUSIC BAR(ライブハウス)から生演奏が微かに聞こえてきました。窓を開け聞き入っていると、ヴォーカルさんが超アメリカンハードロックスタイル。唸りから~のナチュラルシャウトで熱唱。特にVAN HALEN Can’t Stop Lovin’ You は激似すぎるぅ。酔ってるから、サビなんぞユニゾっちゃったよ。って、そこマニアではありませんので、あしからず。

睡魔が襲ってくる頃には、彼の熱唱に対抗すべくトッケイも負けじと熱唱してました(笑)。続く。
スポンサーサイト
#バリ島#タンジュンサリホテル#トローリング#パサールシンドゥ#SotoAyam

Comment

Add your comment