FC2ブログ

情熱食堂@真岡市上大沼

パチ屋の併設食堂って、イメージ的にはパッとしないですよね。って、入った事ないですが・・・。
私はギャンブルを一切やらない男なんです。人生が大博打ですから! と、儚い個人事業主は申しております(笑)。

情熱食堂@真岡市上大沼 外観
情熱食堂さんは、一部残念な併設食堂に革命を起こす画期的なシステムを構築・運営させ、店舗を拡大しているとか。その看板メニューが唐揚げなんだって。



情熱食堂@真岡市上大沼 券売機
豊富なメニューバリエーションですね。冷凍食品をほとんど用いず、手作りに拘っているのだそう。
そんな中、私が訪問するからには当然アレ狙いです。



情熱食堂@真岡市上大沼 内観
カンターのみの店内。厨房がしっかりと見渡せます。



情熱食堂@真岡市上大沼 醤油ラーメン
先ずは「ランチE(890円)」の醤油ラーメンが配膳されました。
ラーメンに関しては、さすがに寸胴は存在しません。しかしながら動物系中心のクリアー旨コクスープ。平成のベーシック中華そば的味わい。ほんのりゴマ油の香るフレッシュメンマ、オーソドックな手法のチャーシュー等、トータル的にみても悪くないよ~



情熱食堂@真岡市上大沼 麺
ややパツな質感の細麺。



情熱食堂@真岡市上大沼 唐揚げ&ライス
ランチEの唐揚げ&ライス(アンディー丼)。
主役の唐揚げは、パッと見的には思いっきりジャンキーライクですよね。結局はこんなもんなんだと仕方なく頬張ると、ガーリック生姜醤油に漬け込まれた鶏モモ肉が、ありえないほど柔らかくジュワジュワジューシー。見た目の残念さとは裏腹に、サクッとした衣は鶏肉の旨味を逃さない為の、いわばオブラート的役割を担っているのだと実感。斬新じゃない。

パチ屋のお客さんに限らず、わざわざそれ目的で食べに行っても後悔はなさそうです。トンカツも衣付けから調理するようだしね。こうして時代はどんどん変わっていくのかぁ~



関連ランキング:定食・食堂 | 寺内駅



スポンサーサイト
#真岡市#情熱食堂#ラーメン#唐揚げ#パチンコ

Comment

Add your comment