FC2ブログ

味一番@宇都宮市江野町

宇都宮餃子店におけるラーメンの存在理由とは その7

味一番@宇都宮市江野町 外観
記憶がやや曖昧なので、8年ぶりに訪問してみました。



味一番@宇都宮市江野町 内観
確か前回訪問時も、昼間からプチ宴を楽しんでおられるおじちゃんがいたな。もしや同一人物か?



味一番@宇都宮市江野町 メニュー
なっ、なんと!お値段据え置きです。素晴らし過ぎるぅ~



味一番@宇都宮市江野町 ラーメン
「ラーメン(400円)」
どうですか、この価格なのに妥協点はどこにも見られませんよ。しかも各パーツ共々キッチリ作られます。
穏やかな動物系に、とても上品な節系が織り成す和風スープ。元来ラーメンなんてもんは、これでいいんです。
やっぱ旨いなぁ~



味一番@宇都宮市江野町 自家製麺
ツルッとしながらも、弾力をも兼ね備えた細ストレート自家製麺。
低価格設定には、大いに役立ってます。とはいえ、近い価格のラーメンは時折出会ってはいますが、このクオリティーは、そう滅多にお目に掛かれないと思います。今回の企画を度返してでも、お勧めしたいラーメンです。



味一番@宇都宮市江野町 焼餃子
「焼餃子(200円)」
当然皮も自家製。モチ・ツルッとした食感が心地いい。餡は野菜中心のさっぱり餃子。ぶっちゃけ宮っ子として言わせてもらえば、餃子ごときに300円は払えないのじゃ~

地元の方々に愛され続ける味一番さん、ラーメンの存在理由においても、十分すぎる程の説得力! あっぱれ~
お休みを挟んで、次回からは、いよいよ宇都宮餃子の中心部に迫ってみたいと思います。



関連ランキング:餃子 | 東武宇都宮駅



スポンサーサイト



#宇都宮#宇都宮餃子#ラーメン#味一番

Comment

Add your comment