FC2ブログ

鈴乃屋@壬生町通町 2

鈴乃屋@壬生町通町 2 外観

約1年半ぶりの訪問。



鈴乃屋@壬生町通町 2 内観1

屋内に入って直ぐのカウンター席からの眺め。



鈴乃屋@壬生町通町 2 内観2

これがあれば、メニュー表がはっきりくっきり見える(笑)。



鈴乃屋@壬生町通町 2 メニュー

味噌がメインのお店ではありますが、今回はこちら狙い。実際醤油系を注文しているお客さんも、チラホラいらっしゃいました。



鈴乃屋@壬生町通町 2 焼豚らーめん1

「焼豚らーめん(842円)」
たった2枚のチャーシューで、丼を覆い尽くしてる。じゃあ、先ずはスープからね。
とても丁寧に仕込まれたじんわり・ほっこりスープ。がしかし、チャーシューをスープに泳がすと、動物系等の重層な旨味がグンと増してきました。脂身少なめな肩ロースチャーシューだけで、ここまでの変貌を見せるのは、なかなかお目にかかれない。
とはいえ、過度なまでの旨みを持たせている訳ではないので、個人的には好みの部類です。




鈴乃屋@壬生町通町 2 焼豚らーめん2

まあ、無難な中細縮れ麺。味噌と同一でしょう。



鈴乃屋@壬生町通町 2 Andy特製焼豚丼

「Andy特製チャーシュー丼」
備長炭で焼き上げた香ばしさが憎い演出。でも、それだけでは終わらない。
生姜を中心とした香味野菜達のエキスが、ギュッと凝縮されているのです。表面の斑点は、それをまんべんなく染み込ませる為の技法なのかもしれません。これは、前回食べた味噌のときにはまったく気付かなかったよ。スープの変化が楽しめるのも、清湯系ならでは。

味噌メインのお店だと、醤油系はどうしても見劣りしてしまいがちですが、店主さんの拘りをしっかりと感じ取れるラーメンでした。
あとは、フロアースタッフのおばちゃん達が普通にさえ動いてくれれば、尚良しです。



関連ランキング:ラーメン | 壬生駅



スポンサーサイト



壬生ラーメン鈴乃屋醤油らーめん

Comment

Add your comment