FC2ブログ

麺屋 禅@鹿沼市武子

麺屋 禅@鹿沼市武子 外観

おそば屋さんを畳み、心機一転、塩ラーメンの専門店を立ち上げるという暴挙に出たラーメン屋さんが鹿沼にオープンしました。
これは楽しみですね。



麺屋 禅@鹿沼市武子 内観

カウンター席がないのは、居抜きで使われているのかな。おそば屋さんだった面影が残ってますね。
尚、店主さんお一人で切り盛りされてました。


麺屋 禅@鹿沼市武子 メニュー

バターコーンなんて、札幌系をリスペクトしているのかなぁ。
コーンは案外スープに介入してくるし、ジャンク感丸出しになるので、当然パスします。



麺屋 禅@鹿沼市武子 メニュー2

お得なセットがあるじゃないか。やっぱラーメンは平日食べるに限る。



麺屋 禅@鹿沼市武子 塩ラーメン

「塩ラーメン・ミニチャーシュー丼(税抜 980円)」
拘りの塩をブレンドしているのであろう脂感ゼロのスープは、甘く円やかな口当たりで、とにかく奥深い。そこに時間差で鯛の余韻が残ります。こう来たか!
他に昆布的なエッセンスも感じますが、デフォでワカメ入っちゃってるので、よく分からない(笑)。余談ですが、ワンタンメンをチョイスして、動物系の旨味を加えてみるのも面白いかもしれません。
いずれにしても、旨味をしっかりと持たせてありながらも、とにかく上品。イマドキ系のラーメンに慣れ切っちゃった方には、インパクトに欠けると感じてしまうかもしれませんが、その分ご年配の方受けするんじゃないの!?



麺屋 禅@鹿沼市武子 麺

ボソッとした食感の中細縮れ麺との組み合わせ。もうちょっと密度を高めれば、元祖鮮魚系のあのお店にかなり近づくイメージ。



麺屋 禅@鹿沼市武子 ミニチャーシュー丼

タレが後掛けなのがいい。付属のは甘そうでしたので、私は迷わず卓上の醤油をチョイス。
パサっとしたチャーシューなので、スープを上手く吸い上げてくれますし、そこが狙いなのでしょうが、チャーシュー丼となるとどうなのだろう・・・。

塩がガチ主役で、鯛はあくまで脇役。時代に逆行するかのようなこの潔さにとても共感しました。
ぶっちゃけこれが完成形とは思えませんが、久しぶりに時間をおいて再訪したいお店に出会えたよ。これから益々進化していくはずです。



関連ランキング:ラーメン | 鹿沼駅


スポンサーサイト



鹿沼ラーメン麺屋禅

Comment

Add your comment