つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

らー麺 藤原家@上三川町上三川

らー麺 藤原家@上三川町上三川 外観

過去のブログを確認したら、6年ぶりの訪問となりました。今回はある調味料が鍵です。



らー麺 藤原家@上三川町上三川 内観

カウンター席はありませんので、お一人様用?対面式テーブル席に座ります。



らー麺 藤原家@上三川町上三川 メニューの一部

他に気になる限定メニューがありましたが、今回はコレだ!
もうお分かりですね。



らー麺 藤原家@上三川町上三川 セットメニュー

疎遠になっている間に、セット物が充実。しかもタイムサービスじゃないのが太っ腹。いいじゃないか。



らー麺 藤原家@上三川町上三川 昔ながらの正油らー麺

「昔ながらの正油らー麺(580円)」
私が普段食べ慣れているラーメンと価格差がないのは素晴らしい。それだけでも、品名に偽りなし!?
ファーストインプレッションとして、ペタっとした脂感、とても上品な動物系の旨味が押し寄せてきます。これ、思いっきり平成じゃん!
しかし食べ進めていくうちに、濃度はキッチリ抑えてあるし、何と言っても胡椒がその存在をしっかりアピールしてきます。しかもその胡椒が調味料として成立しちゃっているのが藤原家さんのテクニック。この辺りが、『昔ながら』の落とし所なのでしょう。いい意味で、センス出過ぎ~



らー麺 藤原家@上三川町上三川 麺

パツパツとした食感の中細自家製麺。



らー麺 藤原家@上三川町上三川 半チャーハンセット

「Aセット(半チャーハン)」
ラーメンだけじゃちょっと足りない方にどうぞ的趣。画像上のサラダは、お約束のお通しね。

ヤング達には、えっ、ラーメンに胡椒? と珍しがられるかもしれません。お店側も、調理段階でキッチリ調整してあるので、なるべくなら胡椒は卓上に置きたくない。なんていうぶっちゃけ話を数回耳にしました。激しく納得。
私がよく「昭和の置き土産」なんて揶揄しますが、昔のラーメンは胡椒の存在が大きかった気がします。何れにしても『リアル昔ながら』なら、現在でも一部の食堂で味わう事ができますよ(笑)。

らー麺藤原家



関連ランキング:ラーメン | 雀宮



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad