つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

中華そば 一楽@小山市城東

中華そば 一楽小山市城東 外観

普段着に着替える間もなく小麦ヌーボー(笑)、一楽さんにもお邪魔してみました。
前回訪問したまる重さんの教訓から、早めに家を出発。R4バイパスも順調に流れ、気が付けば開店25分前に到着。って、早すぎだろう!



中華そば 一楽小山市城東 メニュー1

中華そば 一楽小山市城東 メニュー2

昔はちょくちょく伺ってましたが、気が付けば4年ぶりの訪問。
メニュー表、断然!こっちの方がいいね。



中華そば 一楽小山市城東 醤油ラーメン

先ずは連れの醤油ラーメンのスープで、五臓六腑を滲み渡らせます。
ファーストインパクトに、重厚な脂の風味が鼻腔をくすぐり、やや遅れてキレのある醤油の旨みが口の中で広がる様は、一楽さんならでは。なんとなく支那そばやの面影を感じる辺り、やっぱ好きだよなぁ~
さあ、準備は整いました。



中華そば 一楽小山市城東 新小麦のつけそば

「新小麦のつけそば(900円)」 
つけ麺食べるの2年ぶり(笑)。このシンプルなビジュアル、とっても素敵です。
手始めに、適度に旨味のある出汁に浸された麺をそのまま食べてみます。モチ・プツっとした質感の中細ストレート麺。密度の高いしっかりとした麺に仕上がってます。どことなくまる重さんのときと同じような風味を感じますが、作り手やスタンスによって趣が異なるのが面白い。
鶏満載つけ汁は、日本一醤油で有名な岡直三郎店、3種の醤油で作ったカエシとの組み合わせ。そこに削りぶしがさりげなく投入されています。これだけでも十分美味しいのに、出汁がコーティングされた麺を絡めて食べるのですから、贅沢ってもんですよ。贅沢といえば・・・



中華そば 一楽小山市城東 Andy特性チャーシュー丼

「餃子セット(300円) Andy丼にアップグレード。
チャーシューはイベリコ豚なんだって。そんなのすっかり忘れてたもんだから、つけ汁ぶっかけ&海苔巻いて食べちゃったよ。
今こうして冷静に見ると、赤身の色合いなんて、まさにそんな感じじゃないですか。イベリコ豚なんて年に1回食べるかどうかなので、じっくり味わえばよかった。

今回も大満足。花の季さん提供の小麦ヌーボー、来年も楽しみにしています。

中華そば 一楽



関連ランキング:ラーメン | 小山駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad