FC2ブログ

プーケット旅行記 その2

プーケット旅行記 その2 ホテル1
サワディーカップ!



プーケット旅行記 その2 ホテル2
早朝のホテル。
オプショナルツアーのピックアップまで時間がちょっとだけあるので、ビーチを覗いてみよう。



プーケット旅行記 その2 バンニャンビーチ
ホテルから徒歩3分、ここがバンニャンビーチ。一度は見ておかないとね。
さあ、出発します。





プーケット旅行記 その2 タプラム港1
車で25分、タプラム港に到着。シミラン諸島ツアーを予約していました。
カオラックエリアのホテルをチョイスしたのは、この為だったのです。例えばプーケット最大の繁華街、パトンエリアに滞在すると、片道の移動時間だけでも1時間半以上掛ってしまいますからね。





プーケット旅行記 その2 朝食1
朝食のサービス。上記したパトンやカタ、カロンエリアのホテルからだと、朝食時間前に移動しなければならないので、ありがたいサービスだと思います。



プーケット旅行記 その2 朝食2
お粥、ナンプラーちょい足しすると、何気に旨し!



プーケット旅行記 その2 タプラム港2
さあ、いよいよ出航です。って、これは漁船ね。



シミラン諸島
シミラン諸島。
プーケットの北西約100km、アンダマン海に点々と浮かぶ小さな9つの島。南北に細長く連なっていて、諸島の周囲約140kmに渡って国立海洋公園に指定されています。水深30mまで見えると言われるほど透明度が高く、ダイビングファンの間では人気のある海域。国立公園周辺の自然環境を保護する為、シミラン諸島に行けるのは11月~5月上旬の乾季のみ。





プーケット旅行記 その2 シミラン諸島1
スピードボートで1時間半、先ず到着したのはシミラン諸島NO.9付近でシュノーケリングです。
10年前、初めて訪れたときは、その透明度に感動すら覚えました。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島2
潮の流れが関係しているのか、思っていた以上に海水は温かく、やや砂が舞っているスポットがありました。それでも全体的には十分クリアです。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島3
次はNO.8ね。上陸します。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島5
ランチにするか、先に↑の岩場のてっぺんに登るか検討します。
じつは同じボートに乗船されていた唯一の日本人男性に出会いました。その方と相談した結果、岩登りに決定。まだ昼前だしね。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島15

プーケット旅行記 その2 シミラン諸島4
さあ、登ります。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島17
着いた~ どれどれ・・・



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島6

プーケット旅行記 その2 シミラン諸島16
おおおっ、タマランチ。船が浮いて見える~



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島7
しばしの絶景を堪能。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島 昼食
岩場を降りてからのランチ。バイキングじゃなくなったのね。密かに楽しみにしてたのに。まあ、いいか。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島8
NO.7・8付近でのシュノーケリング。魚影は少なめだけど、超クリア。これでこそシミラン諸島。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島9
大陸組のおばちゃん、メガネしてたらマスク被れないからね(笑)。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島10
最後にNO.4へ上陸します。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島11
大陸組が大勢いらっしゃいました。10年前、私が初めてココに訪れたときは、欧米人しかいなかったのになぁ~



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島12
シミランでなら、海水がガリガリ君の味がするんじゃね?



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島13

プーケット旅行記 その2 シミラン諸島14
素晴らし過ぎる~
最後のシミラン諸島をしっかりと目に焼き付けます。



プーケット旅行記 その2 タプラム港3
無事帰還。



プーケット旅行記 その2 おやつ
パッタイのサービス。おやつタイムもできたのか。



プーケット旅行記 その2 ホテル3

プーケット旅行記 その2 シミラン諸島 ホテル4
ホテルに戻り、しばしのドリンキングタイム。今回は氷無しジントニックでまったり。
そうだ、また蚊取り線香持ってくるの忘れた。現地で毎回買ってるから、自宅に在庫が幾つもあるっているのに・・・。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島 ホテル5
Gerd&Noi Resort KHAO LAK は、お世辞にも素晴らしいホテルとまでは言えませんが、スケジュール的に寝るだけだし、十分満足できました。ひとつ残念だったのは、ドライヤーが無い事。でも、そんなの払拭できちゃうくらい開放感満載のコテージレイアウトが私の心を鷲掴み。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島 Isaan Rim Tang 1 外観
カオラック最後の晩餐は、Isaan Rim Tang 1 大好きなイサーン料理のお店です。






プーケット旅行記 その2 シミラン諸島 Isaan Rim Tang 1 内観
欧米人さえ居ない完全なるローカルスタイルの食堂。とはいえ英語のメニューが出てきたのは意外でした。
そんな中、イサーン料理フリークの私は一切メニューを見ず口頭注文。どうだい? かっけーだろう。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島 Isaan Rim Tang 1 料理
お通しに生野菜が付いてくるのがイサーンスタイル。
ソムタム・ガイヤーン、そして家人のリクエストでカオパット・クンをチョイス。まあ、ベタだけどね。



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島 Isaan Rim Tang 1  コームヤーン
やはりこれだけじゃ足りなかったので、コーム・ヤーンを追加注文。お皿が家庭的。落ち着くわ~
ドリンク込み、2人で千円程度。これだよね!



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島 Isaan Rim Tang 1  犬
ワンちゃんにもおすそ分けね。まさか隣のコンビニまで付いてくるとは。名前、何てーんだい?



プーケット旅行記 その2 シミラン諸島  ハイビスカス
明日は次の目的地に移動します。
スポンサーサイト



#カオラック#バンニャンビーチ#シミラン諸島#IsaanRimTang1

Comment

Add your comment