FC2ブログ

熊さんの村@矢板市下伊佐野

7時前に目が覚めてしまった。朝ラーも考えたのですが、現在矢板市行脚進行中だし、同市で早めにオープンするお店ってのもアリでしょう。

熊さんの村@矢板市下伊佐野 外観1
と、えっちらこっちらしながら10時半に到着したのはこちら、熊さんの村というお店。



熊さんの村@矢板市下伊佐野 内観
囲炉裏のあるテーブル席には既に先客がいらしゃっていたので、奥のテーブル席を確保。
かなり暗いので、撮影が心配。



熊さんの村@矢板市下伊佐野 メニュー
せっかく来たのだから、千円超えいっちゃうよ!



熊さんの村@矢板市下伊佐野 スマホ
注文をし、ホッとしたところでスマホを覗くと、行脚初の圏外。思えば遠くに来たもんだ。



熊さんの村@矢板市下伊佐野 サービス品
先ずはサービスのお茶と小鉢が到着。場所柄山菜なのかと思ったら、ツナきゅうでした。



熊さんの村@矢板市下伊佐野 ラーメンセット
「ラーメンセット(1,100円)」
カレーは脇役なので、とは言っても普通盛りに近いボリューム。いわいる矢板名物アップルカレーの汎用品Verね。
さあ、いよいよ本題。



熊さんの村@矢板市下伊佐野 ラーメン
ど~んと大盛りサイズ。普段私は大盛りラーメンを注文する事がないので、上手に食べきれるかな?
ガラ・乾物系が、海洋深層水の如く穏やかに微笑んできます。とても丁寧に仕込まれているのが、はっきりと伺えます。こりこりメンマ、画像では確認できませんが、角煮ライクなバラロールチャシューも手作り感満載。雑味や脂をとことん排除したとても上品なスープ。



熊さんの村@矢板市下伊佐野 麺
ややボソっとした質感の細縮れ麺。噛む程に小麦の風味が冴え渡ります。



熊さんの村@矢板市下伊佐野 外観2
老夫婦で切り盛りされているのかなと思いましたが、車2台停めてあったし、おばちゃんが「熊さん」と呼んでいらっしゃったので、違うのかも。そんな熊さん、とても気さくな方で、私が食べ切るのに苦労していると「散歩でもしながらゆっくり食事していってね」なんて気遣ってもらいました。更に「この界隈は動物天国で、いないのはキリンとゾウくらいなもんだ」なんておっしゃってましたよ(笑)。

食後こうして散策したりと、とても充実した時間を過ごす事ができました。熊さんありがとう。
さあ、また矢板市中心部へと戻ります。って、この日はこれで終了だよ。



関連ランキング:ラーメン | 西那須野



スポンサーサイト



#矢板市#ラーメン#カレー#アップルカレー#熊さんの村

Comment

Add your comment