つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

富士食堂@那須烏山市金井

富士食堂@那須烏山市金井 外観

路地にひっそりと佇んでしました。とても味わいのあるお店です。



富士食堂@那須烏山市金井 内観

円卓一席と、わずかなカウンター席がありますが、意外や座敷がメインのレイアウトとなっております。
11時30分に入店しましたが、既に出前で大忙しでした。今となっては近隣住民が羨ましい。
尚、厨房はおばちゃんお一人で切り盛り、フロアー&出前に2名のスタッフがいらっしゃいました。



富士食堂@那須烏山市金井 メニュー1

富士食堂@那須烏山市金井 メニュー2

お得な月替わりランチ以外にも豊富なメニューの数々。行脚ですから迷う事はない。



富士食堂@那須烏山市金井 ラーメン+半チャーハン

「ラーメン(580円)+半チャーハン(350円)」
鶏ガラ中心のシンプルクリアースープ。物足りなさは感じず、じんわり来ます。
こういうのよく懐かし系とおっしゃる方がいらっしゃいましますが、私が子どもの頃に食べていたラーメンは、もうちょい雑味があり、それを中和する上で胡椒を利かせたタイプが多かったので、個人的には懐かしくは感じません。
こうして初訪問のお店では、どうしてもデフォに拘ってしまう・・・。

富士食堂@那須烏山市金井 麺

ツル・ボソッとした中細麺。

ちょっと先に話になりますが、リベンジがあるとすれば具乗せ系攻めてみたいです。



富士食堂@那須烏山市金井 半チャーハン

やや脂多めでシットリとした質感が、ザ・昭和のチャーハンへと誘ってくれますね。
ひと口頬張った瞬間、それこそ子どもの頃の記憶が蘇ってきました。きっとチャーシューではなくハムを具材にしてるのも要因の一つかも。

ここ最近は週一以上烏山に来てますが、折り返し地点にも程遠い。恐るべし烏山。

富士食堂



関連ランキング:定食・食堂 | 烏山駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中村屋 小山店@小山市西城南

中村屋 小山店@小山市西城南 外観

小山で佐野ラーメン。FC展開されてるご様子。
基本休日のない私にとって、ランチの為だけに佐野往復は厳しいですから。



中村屋 小山店@小山市西城南 内観

カウンターと、こうしてテーブル席のレイアウト。



中村屋 小山店@小山市西城南 メニュー

脇もぬかりなく抑えられてます。そんな中・・・



中村屋 小山店@小山市西城南 ランチメニュー

平日限定とはいえ、たったの100円で小丼が食べられるのです。



中村屋 小山店@小山市西城南 らーめん

「らーめん(600円)」
佐野系も展開しているファイヤーさんと似たビジュアルです。なので、全体的におもちゃライクなのは否めません。



中村屋 小山店@小山市西城南 ソースかつ丼

「ソースかつ丼(100円)」
もうお分かりですね。お察し下さい。しかしながら100円って!



中村屋 小山店@小山市西城南 ジャンボ餃子3ケ

「ジャンボ餃子 3ケ(300円)」
ややモチの皮に、パンパンに入った野菜の甘さがポイントなデカ餃子。数が選べるのがいい。

フードコートやSAマニアに共感されそうな味わいのラーメンでした。

中村屋 小山店



関連ランキング:ラーメン | 小山駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

南摩城カントリークラブ@鹿沼市下南摩城

南摩城カントリークラブ@鹿沼市下南摩城 レストラン

一ヶ月ぶりのゴルフ。こちらのコースは初めて。
ご覧のように、バイキング形式となってました。豊富な料理達の中から私がチョイスしたのは・・・



南摩城カントリークラブ@鹿沼市下南摩城 カレー他

「カレー(エビフライ・ミニハンバーグトッピング)、チキン煮込み、温かいおそば(たらの芽天ぷらトッピング)」

先ずは汁物から~
 自らそばをお湯にくぐらすシステム。たらの芽大好き。お替りしちゃったよ(笑)。

チキン煮込み
 無難。最終的に3分の1はカレーに移動し、チキンカレーとして食しました。

カレー
 食堂系ほっこりポークカレーにも似た味わい。いいじゃない!
 期待していなかったエビフライがサクサク・プリプリで予想外にグッド。

後半、久しぶりにグリーン周りを往復してしまったりと、やらかしてしまいました。自然にも嫌われたぁ(笑)。
練習しないとダメですね。

南摩城カントリークラブ レストラン



関連ランキング:レストラン(その他) | 樅山駅楡木駅



テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

さかいや食堂@那須烏山市西朝日町

さかえや食堂@那須烏山市西朝日町 外観

ランチの為だけなので、今回も遠く感じました。
でもね、回数を重ねていく度にそんな気持ちはどこかに吹っ飛んでいってしまう。



さかえや食堂@那須烏山市西朝日町 内観

本来なら、あと15分で仕事です。



さかえや食堂@那須烏山市西朝日町 メニュー

メニューの一部。
ランチセットや日替わりメニューがあるのは、顧客の心を鷲掴みってもんです。



さかえや食堂@那須烏山市西朝日町 半チャーハンセット

「半チャーハンセット(960円)」
価格的にやや高いなとは思いましたが、どちらもそこそこボリューミー。となれば納得です。
ガラ系が主軸となってますが、丼の趣からなのか、なんとなく和の雰囲気を醸し出してくれます。



さかえや食堂@那須烏山市西朝日町 ラーメン

王道の中華麺。



さかえや食堂@那須烏山市西朝日町 半チャーハン

卵多めなシットリ系チャーハン。こちらもなぜか和を感じさせます。やはり器なのかな?



さかえや食堂@那須烏山市西朝日町 塩ラーメン

「塩ラーメン(750円)」
連れが注文。新発売らしいです。
イマドキな出で立ちですね。ちょっとだけスープを味わってみましたが、動物系以外にもふくよかな魚介系がじんわり押し寄せてきますね。
これは食堂のラーメンじゃなくて、完全に専門店クオリティーです。攻めてますよ~

機会はそうそうありませんが、次回はカツ丼やカレーを食べてみたい。
そう思わせてくれる食堂でした。

さかいや食堂



関連ランキング:定食・食堂 | 烏山駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

豪快豚骨GOTON@宇都宮市陽東

豪快豚骨GOTON@宇都宮市陽東 外観

引き続きまたまた豚骨屋さん。
連チャンとはいえ、個人的に苦手分野なのに変わりはありません。



豪快豚骨GOTON@宇都宮市陽東 メニュー

ご覧のように清湯を始めた模様。勿論こちらを攻めてみます。
気軽に食べれるフードコートですから、2杯いっちゃうよ!



豪快豚骨GOTON@宇都宮市陽東 鶏ガラ醤油らーめん1

「鶏ガラ 醤油らーめん(税抜 490円)」
ショッピングモールの店舗としてこの価格は、企業努力の賜物ですね。



豪快豚骨GOTON@宇都宮市陽東 鶏ガラ醤油らーめん2

シンプルかつソリッドな鶏ガラスープ。ほのかにガーリック風味、
チャーシューが上品に仕上がっていて旨し!



豪快豚骨GOTON@宇都宮市陽東 鶏ガラ醤油らーめん3

予想通りの博多麺。個人的にはちょっと違和感。



豪快豚骨GOTON@宇都宮市陽東 煮干し醤油らーめん1

「煮干し 醤油らーめん(税抜 590円)」
ビジュアルは変わらず。



豪快豚骨GOTON@宇都宮市陽東 煮干し醤油らーめん2

丸ごと煮干しって感じ。
尚、麺は同一。



豪快豚骨GOTON@宇都宮市陽東 ご馳走様

結果、清湯マニアとはいえスープと麺の相性から、煮干しのほうがすんなり箸が進みました。何事バランスですね。

豪快豚骨ゴートン



関連ランキング:ラーメン | 宇都宮駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

博多らーめん 万万@宇都宮市川田町

博多らーめん 万万@宇都宮市川田町 外観

得意な分野ではありませんが、久々に万万に来てみました。
未訪問の間に、燻製らーめんやちゃんぽん等、顧客達を飽きさせない工夫をされてました。さあ、今回は・・・



博多らーめん 万万@宇都宮市川田町 メニュー1

麺類に関しては、目新しいものはありませんでしたが・・・



博多らーめん 万万@宇都宮市川田町 メニュ-2

ほれ来たー!
って、知ってての訪問です。万万さんはセットメニューが存在しなかったので、こういうのとってもありがたいです。
個人的に替え玉習慣の無い私にとっては尚更のこと。だって、無意識に麺啜りながらスープ完飲しちゃいますからね。



博多らーめん 万万@宇都宮市川田町 内観

こうしてると待つ時間もあっという間(笑)。



博多らーめん 万万@宇都宮市川田町 博多らーめん

「博多らーめん(650円)」
シンプル&ダイレクトに豚骨を感じる味わいに、変更はありません。
このスープのストレートさゆえに、らーめんダレを2・3滴投入するだけで、スープがぐっと奥深くなるんだよなぁ。
卓上に備えられている紅ショウガや高菜は一切使用しないのは、やっぱ古い関東人気質ってもんよ。
これが私流の万万スタイル。機会があったらお試しを~



博多らーめん 万万@宇都宮市川田町 半チャーハン

「半チャーハン(250円)」
香ばしい風味がたまらんばい。バラチャーシューがいい味出してるね。ちなみにチャーハンに相性抜群の紅ショウガは、後乗せです。

旧店舗時代のチャーシュー丼も絶品でしたが、チャーハンもなかなか良かったです。

万々



関連ランキング:ラーメン | 南宇都宮駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

アンナプルナ@壬生町壬生乙

アンナプルナ@壬生町壬生乙 外観

以前アップしてましたので、壬生ラーメン行脚では足を運びませんでした。
とは言うものの、約5年半ぶりの訪問となります。



アンナプルナ@壬生町壬生乙 内観

私の背中側には座敷も完備。



アンナプルナ@壬生町壬生乙 メニュー

お得なランチセット目当てなので、準備万端。昨夜は21時以降固形物を口にしませんでした。
おじさんになると、こんな心配をしなくちゃならなくなるのが面倒臭い。



アンナプルナ@壬生町壬生乙 Aセット

「Aランチ(880円)」
シンプルながらも、キッチリと旨味を持たせたスープです。だからワカメ入りでもまったく問題なし。
前回食べたのがパイコーメンだったので、デフォの性格が感じ取れました。
甘めに仕込まれたメンマ、更にハムやベーコンのような風味のバラチャーシューに、店主さんが洋食出身だという事を実感。




アンナプルナ@壬生町壬生乙 ラーメン

こう見えてどこまでもソフトな質感の手もみ麺。これは有りそうで無いです。



アンナプルナ@壬生町壬生乙 生姜焼き

生姜焼きなんて間違いない旨さですよ。肉質が柔らかいのがいいね。
味付けもしっかりしているので、あと10歳若かったら、無料の大盛りライスかっこんでいたな。

味は勿論、価格を含めてヤングや体力勝負の方々には大満足のランチとなるしょう。
肝心のラーメンだって、きっちり存在をアピールしてきますよ。

アンナプルナ



関連ランキング:ラーメン | 壬生駅国谷駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鴻蘭@那須烏山市鴻野山

鴻蘭@那須烏山市鴻野山 外観

烏山行脚、行けるうちにガンガン攻めちゃうよ!
という事で、向かったのは街道沿いの中華屋さん。



鴻蘭@那須烏山市鴻野山 内観

カウンター席からの眺め。そうなんです。2か所完備されているのです。お一人様に優しいですね。
ちなみに座敷もあります。



鴻蘭@那須烏山市鴻野山 メニュー

お得なランチセット等はありませんが、良心的な価格設定ですね。ならば・・・



鴻蘭@那須烏山市鴻野山 チャーシューメン1

「チャーシューメン(730円)」
ナイスビジュアル。先ずはスープから・・・
中華系王道の清湯系かと思いきや、ファーストインパクトに鰹の風味が鼻腔をくすぐってきました。わずかなタイムラグで動物系がじんわり押し寄せて来るなんぞ、憎い演出ですよ。迷ったけど、デフォに拘っておいて正解でした。
こりゃ、一本取られたな。チャーシューで幾分旨味アップさせているとはいえ、美味いじゃないか!



鴻蘭@那須烏山市鴻野山 チャーシューメン2

麺は王道の中華麺。



鴻蘭@那須烏山市鴻野山 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
ビビリなんで、チャーシューメンの様子を伺ってからの小盛ライスを追加注文。
こうして噛み応えのあるロースチャーシューなら、問題無いさ~

中華屋さんとはいえ、ラーメン単品でも十分勝負できますよ。旨かったです。
欲を言えばセット物があると尚良しですね。

鴻蘭



関連ランキング:ラーメン | 鴻野山駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

香娘めん@那須烏山市南大和久

香娘めん@那須烏山市南大和久 外観

ほぼ毎日ラーメンを食べる私にとって、こうして低価格なのはとてもありがたい。



香娘めん@那須烏山市南大和久 内観

カウンター席からの眺め。



香娘めん@那須烏山市南大和久 メニューの一部

メニューの一部。これは悩んじゃうよなぁ。かくいう私は・・・



香娘めん@那須烏山市南大和久 チャーハンセット

「チャーハンセット(650円)」
ハーフラーメンとはいえ、チャーハンはフルサイズ。専門店のラーメンより安いです。

先ずスープを啜ってみると、トロッとしたような口当たり。ほぉ、こう来たか。
これは昆布をかなり煮詰めてできる、言い方を変えれば円やかさではないかと。概ね玄人系の味わい。
ハーフとはいえ、チャーシューと半ゆで卵が乗ってくるなんて、ある意味手抜きなし。



香娘めん@那須烏山市南大和久 香娘麺

こちらが香娘麺。シャンコメンと読むそうです。
ツルリとした喉越しで、程よい硬質感がその存在をきっちりアピール。味噌スープにも合いそうな麺です。



香娘めん@那須烏山市南大和久 チャーハン

チャーシューにハムも加わったW動物系チャーハン。なので食べ応え十分。
画像では分かりませんが、わずかに焦げたような苦味がたまらない漢のチャーハン。

とにかくメニューも豊富ですし、コスパもいい!
一度訪問してはいかが?

香娘めん



関連ランキング:中華料理 | 大金駅小塙駅滝駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

角常食堂@宇都宮市中央

早速指令第二弾!!

角常食堂@宇都宮市中央 外観

宇都宮市中央市場にある角常さんが、市内中心部にお洒落な食堂をオープンさせたのです。



角常食堂@宇都宮市中央 内観

店内もこうしてカフェのようなスタイル。



角常食堂@宇都宮市中央 おすすめメニュー

市場直送の海鮮が味わえます。でも、今回の指令として私は・・・



角常食堂@宇都宮市中央 レギュラーメニュー

あれっ無いぞ。てか、擦りもしない。q○さんにやられたか!?
でも検索すると、中央市場店とこちらの情報が入り乱れているので仕方ないか。それか、変更があったのかもしれません。
さあ、気分を整えて・・・



角常食堂@宇都宮市中央 豚バラ肉のしょうが焼きセット

「豚バラ肉のしょうが焼きセット(800円)」
酒が無いと海鮮のありがたさが半減すると考える私にとっては、無難なチョイスかと。
洒落乙な空間なので、上品に着飾った料理が運ばれてくるのかと思いきや、意外にも完全に食堂スタイル。いいじゃない。
いたって普通の卵焼き乗がってるし、とても家庭的なおかずに見えますね。味わいもまさにその通り。屋号に偽りなし!



角常食堂@宇都宮市中央 ロウニンアジとまぐろの二色丼

「ロウニンアジとまぐろの二色丼(1,000円)」
下戸の連れが注文。やっぱ海鮮いっとかないとね。刺身は画像で良し悪しが十分伝わるから楽チン。
初耳のロウニンアジ、かなり切り身がデカイので、気になって後に検索したら、体もジャンボ。コリッとした歯応えで、わずかに甘みを感じ取れます。
こんなの気軽に食べれるなんて、角常さんだからこそですよ。

私達がお店を出る頃には、近くのビジネスマンが続々ご来店されてました。
指令はクリアならずとも、いい体験をさせていただきました。

角常食堂



関連ランキング:定食・食堂 | 東武宇都宮駅



テーマ:定食 - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad