つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

道の駅もてぎ 十石屋@茂木町茂木

先日、道の駅グルメ人気ナンバーワンを決める全国大会「第1回道ー1グランプリ」が開催されました。
そこで道の駅もてぎの「ゆず塩ら~めん」が、なっなんと初代グランプリとなりました。

おめでとう~!

道の駅もてぎ 十石屋@茂木町茂木 ゆず塩ら~めん

「ゆず塩ら~めん(640円)」
味わい的には、ぶっちゃけ道の駅クオリティーの範囲内ではあります。
しかし茂木町山内地区、ゆずの里の皆さんが、長年柚子に拘り続けた成果だと思います。
石河さん、乙でした。

尚、私が訪れた過去記事はコチラからどうぞ。

十石屋



関連ランキング:レストラン(その他) | 茂木駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

龍福餃子店@鹿沼市千渡

龍福餃子店@鹿沼市千渡 外観

鹿沼行脚ラーメンリターンズの為に、この道はよく利用するのですが、毎度のスルー。最近流行りの低価格中華料理屋的趣ですからね。
たまには志向を変えて、この手のお店にもピットインしてみようではないか。けしてネタ切れではありませんよ。まだまだあるし!



龍福餃子店@鹿沼市千渡 日替わりランチメニュー

いい感じの日替わりランチがありますね。



龍福餃子店@鹿沼市千渡 内観

店内奥には座敷も完備。



龍福餃子店@鹿沼市千渡 B 野菜炒め

「B 野菜炒め(750円)」
画像だと分かりにくいですが、そこそこのボリュームです。よく『料理は目で味わう』と言われてますが、初老の私には、食べきれるかが心配で全然楽しめないよ(笑)。ひと昔前まで、カロリーコントロールの為に、夜はお子様程度の量しか食べていませんでした。最近はそこまでストイックにしていませんので、女性並には食べるようにしています。きっとその分、朝(昼)消化しきれていないのかな。

さあ本題に戻し、ほんのりトロミが付けられた醤油ベースの野菜炒め。ほのかに中華系スパイスが香るのが、中華料理屋ならでは。
そこに盛りのよいご飯、大根サラダ、春巻き、漬物が添えられてます。完食は不可能だね。あっ、忘れそうになった・・・



龍福餃子店@鹿沼市千渡 醤油ラーメン

数種ある麺類の中から、無難に醤油ラーメンをチョイス。
もやしが入るのは好みの問題でしょうが、教科書通り、安心・安全の醤油ラーメン。お察し下さい。

気軽に入れるお店だし、メニューも豊富、コスパも良し。ガッツリ食べたい方にはいいのではないでしょうか。でも千渡地区にはあのお店がカブるか。いずれにしても飲食店が多いのが嬉しい悲鳴かも。

龍福餃子屋



関連ランキング:中華料理 | 鹿沼駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

松月食堂@壬生町通町 3

松月食堂@壬生町通町 3 外観

久しぶりの松月食堂さん。
11時45分到着。この時間に暖簾が出てるのは初めてだ。いつもは出前が落ち着くまでは、たとえ12時を過ぎても出しませんでしたからね。
ラッキー!



松月食堂@壬生町通町 3 メニュー

あれっ、50~100円値上がってるじゃない。
今までがオーバークオリティーだったし、それを考慮すれば適正価格になったのかな? さあ、何食べようか・・・



松月食堂@壬生町通町 3 ラーメン

「ラーメン(550円)」
結局こうなってしまう。前回はチャーシューめんだったので、まあいっか。

生姜の風味がふぁ~っと口の中で広がります。チャーシューめんのときは、動物系の旨味がグイグイ押し寄せてきましたが、デフォはとても穏やかなスープ。いつも言ってますが、チャーシュー麺は別物なのです! じんわり旨し。



松月食堂@壬生町通町 3 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
半ライスはお漬物が付いて100円。これが食堂スタイル。2種の部位が楽しめていい感じ。

たまたまだったのかもしれませんが、今回出前が少なかった印象。仮にそうだとするならば、値上げが原因なのかな?
今まで忙し過ぎたので、ある意味このくらいが丁度いいのかも。それならば、こちら側(ご来店&出前をされたお客さん)の待ちがかなり改善されますからね。いずれにしても、松月食堂さんが名店であるというのは不変です。

松月食堂



関連ランキング:定食・食堂 | 壬生駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

手打ちラーメン 森清@日光市今市

手打ちラーメン 森清@日光市今市 外観

朝ラーする為だけに、日光市(今市)まで高速を使って行きました。
こちら森清さん、モリスミと読むそうです。では早速入店してみましょう。



手打ちラーメン 森清@日光市今市 券売機

つけ冷メンや麻辣ラーメンなんてのもあるんですね。カレー以外売り切れの表示がありませんから、きっちり提供されているのでしょう。



手打ちラーメン 森清@日光市今市 店内

カウンターとテーブル席のレイアウト。画像右手のサッシの奥が厨房となってまして店主さんお一人で切り盛りされてました。
冷水と麦茶はセルフね。



手打ちラーメン 森清@日光市今市 ラーメン1

今回は二人体制なので、二種類注文してみます。



DSC01480.jpg

「ラーメン(600円)」
着丼すると、真っ先にダシのいい香りが広がります。いいね。
じんわりとした優しいスープですが、ガラ等の出汁もしっかり感じ、程よく郷愁を誘ってくれます。昭和の化学兵器はかなり控えめにチューニングされているのではないでしょうか。
しかしながら重なり合ったチャーシュー、斬新な盛り付けですね。



手打ちラーメン 森清@日光市今市 ラーメン2

ルーツは佐野系なのかな?
気泡を残した不均等な中太縮れ平打ち麺。だからスープを無理なく吸い上げてくれます。



手打ちラーメン 森清@日光市今市 塩ラーメン

「塩ラーメン(600円)」
美しいです。カエシを使用しない分、素材の旨みがダイレクトに伝わってきますよ。ほんのり胡麻(油)の風味がニクい演出。
旨し! 個人的には塩が好みでした。

オープンして日は浅いですが、まさにオールドスタイルの手打ちラーメンでした。
私同様、前日の酒がなんとなく残っているような方には、失われた水分やミネラルの補強となりますから、完璧な朝食となるはずですよ(笑)。
尚、専用の駐車場はありませんので、行かれる方は下調べされたほうが良いと思います。

森清



関連ランキング:ラーメン | 下今市駅今市駅大谷向駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

吉山商店@東武百貨店宇都宮店

東武百貨店宇都宮店 北海道物産展

最終日、北海道物産展に行ってきました。
あぁ、スープカレーも食べたい。でも1時間前に起床したばっかだし、何より今の自分に2つ食べる体力はありません。とても悲しいです。



吉山商店@東武百貨店宇都宮店 メニュー

今回イートインコーナーは、スープカレー屋さんとわずかなパーテーションで仕切られているだけなので、ラーメン食いにとっては色々弊害は出てしまいますが、それも致し方あるまい。不平不満があるなら店で食え! という事です。




吉山商店@東武百貨店宇都宮店 焙煎ごまみそらーめん1

「焙煎ごまみそらーめん(850円)」
とても香ばしいごまの風味、ラード&味噌のコク。それを畳み込むかのように動物系の旨味がボトムとしてしっかりと支えてます。完成度の高い味噌スープですよ~
しかし、ここ最近ず~っと清湯系しか口にしていなかったので、超濃厚に感じます。私が普段食べてるワンコイン前後のラーメンの2倍は確実にカロリーありますね(笑)。
いや~、濃ゆいけど美味いね。ご飯投入して食べたいくらい。



吉山商店@東武百貨店宇都宮店 焙煎ごまみそらーめん2

ボソ・モチっとした中太縮れ卵麺。しっかりと存在感をアピールするので、スープに負けてないです。

こう見えて、オールドスタイルな調理法での札幌ラーメンなのです。ですが、全体的にイマドキ系的な攻めのラーメンに感じましたので、お店を立ち上げた店主さんは、おそらくお若いと方だと思われます。
この物産展、上記したように一昨日で終わってしまいました。今回世間は3連休だった為、仕事の関係上私的に出遅れました。
すみません。

吉山商店 本店



関連ランキング:ラーメン | 環状通東駅苗穂駅元町駅(札幌)



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

トンポー@真岡市荒町

真岡に所用があり、いつもならばラーメンを食べて帰るのですが、今回は趣を変えてみました。

トンポー@真岡市荒町 外観?

某サイトで賞をゲットした敏腕シェフが、現在ここ真岡で腕を振るってるとか。ラソチやってますしね(笑)。



トンポー@真岡市荒町 内観

カウンターとテーブル席のレイアウト。元はスナックだったのでしょう。カラオケ完備です。



トンポー@真岡市荒町 メニュー1

トンポー@真岡市荒町 メニュー2

メニューの一部。幅広く提供されてますね。



トンポー@真岡市荒町 サービスのトムヤムそうめん

サービスのタイそーめん。カオソーイ的なスープがタイへと誘ってくれますよ。滑り出しよし。



トンポー@真岡市荒町 グリーンカレー

「ゲーンキョーワーン+ライス(1.300円)」
ランチメニューにはありませんでしたが、やっぱこれ食べとかないとね。
もしかしたら辛さの調節をしてくれたのかもしれません。ひと言で、バランスの取れたとっても優しいグリーンカレー。ボリュームも通常サイズの1.5倍くらいあって、2人でシェアできるくらい。
やはり、お店によって味わいがかなり異なるのが新鮮だし、とても面白いです。



トンポー@真岡市荒町 ガパオライス

「Dランチ パッカ・ガオ(900円)」
鶏肉とバジルの炒めご飯的な。
香草香るスープが、これまたタイらしくて素敵です。メイン皿もちょっと味見しましたが、トロミがあって広東料理にタイエッセンスをふんだんに散りばめたかのような仕上がりとなっていたのは意外。こちらもまたとっても優しい味わいに仕上がってます。ひょっとすると、シェフの人柄が表れているのか?

次回は夜、タイビール片手に楽しみたいですね。近いうち、また伺います。



トンポー@真岡市荒町 看板

という事で、早速行ってみました。



トンポー@真岡市荒町 ラープムー

「ラープムー(1,000円)」



トンポー@真岡市荒町 イサーン・ソーセージ

「イサーン・ソーセージ(1,000円)」



トンポー@真岡市荒町 ガイヤーン

「ガイヤーン(1,000円)」

総評
タイ料理には全く興味の無い(ここ重要)地元の遊び好きなおっさん仕様にしなくてもいいと思います。色々あるとはお察ししますが、そこは気にせず思いの全てをガツンと提供しちゃって下さい。必ずやフリークは察知すると思いますよ。

トンポー



関連ランキング:タイ料理 | 北真岡駅



テーマ:アジア・エスニック料理 - ジャンル:グルメ

大衆食堂 仲志満@鹿沼市口粟野

大衆食堂 仲志満@鹿沼市口粟野 外観

こうして鹿沼(粟野)にはディープなお店が数多くあるのです。
なかじまさんと呼ぶのかな。仲志”満と漢字に濁点とは、とても斬新。でも、外観的には王道の食堂って感じですね。しかも・・・



大衆食堂 仲志満@鹿沼市口粟野 ランチ

お得なランチメニューがあるではないか。



大衆食堂 仲志満@鹿沼市口粟野 店内1

カウンター、テーブル、座敷と完璧なレイアウト。



大衆食堂 仲志満@鹿沼市口粟野 メニュー

ちょいちょい独創的なメニューがちらほらと。



大衆食堂 仲志満@鹿沼市口粟野 店内2

こうして、メニュー表以外にもね。



大衆食堂 仲志満@鹿沼市口粟野 手打ラーメン

「手打ラーメン(450円)」
なんとなくではありますが、セットは見送りました。
小鉢付きでの提供。やっぱ食堂だね。で、先ずはスープから。この魚介感は独特だなぁ。今回もかなり玄人向けのラーメンに仕上がってます。

さあ、いよいよ手打ち麺を・・・
って、画像見れば分かっちゃいますよね。憶測ではありますが、以前は手打ち麺を仕入れてたのだと思われます。きっと何だかの理由で入手困難になったのかもしれません。いずれにしても、たったの450円で食べられるのですから、問題ありません。



大衆食堂 仲志満@鹿沼市口粟野 餃子

「餃子(300円)」
個性溢れるラーメンとは対極に、皆さんに親しまれている安心・安全、あの餃子。お察し下さい。

帰り際、アイスコーヒーのサービスがありました。土地柄、甘いやつね。おじちゃん、ありがとう。
これで粟野地区には2度目の訪問になりましたが、他にもお店がまだまだありそうな予感。また来ま~す。

仲志満



関連ランキング:定食・食堂 | 鹿沼市その他



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば 名門@宇都宮市駒生町

中華そば 名門@宇都宮市駒生町 外観

最近オープンしたラーメン専門店です。屋号が半端ないっす。



中華そば 名門@宇都宮市駒生町 内観1

お一人様に優しいカウンター席が充実していますが・・・



中華そば 名門@宇都宮市駒生町 内観2

こうしてテーブル席も完備。



中華そば 名門@宇都宮市駒生町 うんちく

専門店ならではですね。



中華そば 名門@宇都宮市駒生町 メニュー

とてもシンプルなメニュー構成。こういうの好き。更に限定メニューも提供されてました。



中華そば 名門@宇都宮市駒生町 中華そば1

「中華そば(700円)」
清湯とはいえ、動物系の旨味がぐいぐい押し寄せてきますね。やや濁りがあり、濃度は比較的高めなスープです。そして特徴的なのはカエシなのかな? なんとも表現しにくいのですが、名門さんオンリーワン的な味付けが施されています。
果肉系のメンマや葉物等、いわいる平成の中華そばといったところでしょう。大ぶりの肩ロースチャーシュー、食べ応えがあって旨し。



中華そば 名門@宇都宮市駒生町 中華そば2

ピンボケしちゃいましたが、歯応えのある縮れ麺に見えますよね。じつは、かなりソフトタッチの質感。これは意表を突かれた。
全粒粉配合なので、所々斑点が確認できますね。しかし香り等は質感同様控えめなチューニング。
ありそうで無かったタイプの麺です。


中華そば 名門@宇都宮市駒生町 餃子

「焼餃子(280円)」
大ぶりなので、佐野系のシャキシャキ野菜の餃子かと思いきや、ジューシー肉餃子。皮もモッチリとしていて好みだ。
しかしながら、これまた意表を突かれてしまったなぁ~
ランチサービスの半ライスを片手にガッツリいきました。

こんな感じで、随所にオリジナリティーが見え隠れする新店でした。

中華そば 名門



関連ランキング:ラーメン | 東武宇都宮



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

宮田食堂@鹿沼市鳥居跡町

ランダムに登場する『いにしえの駅前食堂シリーズ』
今回は東武日光線 新鹿沼駅前からお送り致します。

宮田食堂@鹿沼市鳥居跡町 外観

まもなく店に到着というタイミングで、タクシーが店先に停車。おじいちゃんが店内へと消えて行きました。
こうして長年に渡り駅前で食堂を営んでいるという事は、きっと何か理由があるはずだ。
ガラガラ~



宮田食堂@鹿沼市鳥居跡町 店内

おっと、さっきのおじいちゃんと、その友人が昼前から宴を開催しているではないか。しかも、もう一人タクシーでこちらに向かってるらしい。
鹿沼のご老人達は、タクシー移動で昼前から飲み歩いてるって事だ。ディープ過ぎるぅ~



宮田食堂@鹿沼市鳥居跡町 メニュー1

宮田食堂@鹿沼市鳥居跡町 メニュー2

食堂のメニュー構成としては、かなり絞り込まれてます。それでも色々と迷いそうですが、ここは鹿沼行脚といきますか。



宮田食堂@鹿沼市鳥居跡町 ラーメン1

「ラーメン(550円)」
味わい的に、見た目ほど醤油感は強くありません。それより、ほのかな酸味が立ち込めてきます。でも、食べ進めていくうちに、体がどんどん慣れていくんですよね。最終的には、ほとんど感じなくなっている(笑)。
これ、ときどき食堂で体験します。



宮田食堂@鹿沼市鳥居跡町 ラーメン2

オーソドックスな中華麺との組み合わせ。

いわいる玄人受けするラーメンですね。私も年齢的に、そして食べ歩きの経験上からも、出会うべきして出会ったラーメンなのだと思います。
リターンズは、まだまだ終わらない・・・。

宮田食堂



関連ランキング:定食・食堂 | 新鹿沼駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

すぎもと食堂@宇都宮市東町

すぎもと食堂@宇都宮市東町 外観

こんなところに食堂があったなんて、最近知りました。ならば入ってみようじゃないか!



すぎもと食堂@宇都宮市東町 内観

こうして食堂に充実のカウンター席が設けられているのは、案外レアかもしれません。
入店したのは11時ちょい過ぎ。おじちゃん、おばちゃん、その息子さんと思われる3人体制で切り盛りされており、出前の準備で忙しそうでした。



すぎもと食堂@宇都宮市東町 メニュー

悩み始めるとキリがないので、いつものアレいきますか。



すぎもと食堂@宇都宮市東町 カツ丼1

「カツ丼(700円)」
具沢山の味噌汁に冷奴、漬物が付いていますから、納得の価格設定です。

さて本題のカツ丼は、甘さ控えめで、とても上品な味付け。盛りもいいですよ~
そして・・・



すぎもと食堂@宇都宮市東町 カツ丼2

とんかつ専門店並みの厚さです。当然揚げ立てなので、所々がサクサク。衣がかなり薄めなのがいいね。それが功を成したのか、途中ギブ気味にはならず、最後まで美味しく頂けました。

カツ丼にして正解。とはいえ、このクオリティーならば、他のメニューも期待できますよ。遠くないし、近いうちに再訪問したいお店です。

杉本食堂



関連ランキング:定食・食堂 | 宇都宮駅岡本駅東武宇都宮駅



テーマ: - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad