つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

北京(ペキン)亭@鹿沼市みなみ町

北京(ペキン)亭@鹿沼市みなみ町 外観

営業時間が不明でしたが、きっかり11時に暖簾が出されました。ラッキー、これで仕事遅刻せずに済むな。



北京(ペキン)亭@鹿沼市みなみ町 内観

カウンター席は無く、こうしてテーブル&座敷のレイアウト。



北京(ペキン)亭@鹿沼市みなみ町 メニュー

街の中華屋さん的なメニュー構成。あっ、いいのあるじゃん。



北京(ペキン)亭@鹿沼市みなみ町 ラーメン・半チャーハン

「ラーメン・半チャーハン(720円)」
出汁感は若干弱めではありますが、魚介・乾物系の扱い方が非常に上手いです。食べ進めていくうちにジンワリと旨味が染み込んでくるタイプ。きっちり仕込まれてる表れでしょう。
中華麺的風貌の中細麺は、芯が軽く残ってっるイメージで悪くないですよ。茹で上げのタイミングなのか麺自体の性格なのかは不明。
いずれにしても最近は、こういうタイプのラーメンに惹かれがちです。



北京(ペキン)亭@鹿沼市みなみ町 半チャーハン

ちょっとピンボケしちゃってますが、画像中央の漬物?がシャキシャキとアクセントになってます。ネギの代わりに玉ネギ入れたチャーハンに似た食感。そして北京亭さんオンリーワン的な旨味満載のしっとりチャーハン。
美味しいです。量的にはやや少なめなので、もっと食べたい衝動に駆られました。
鹿沼は全般的にチャーハンのクオリティーが高いような気がします。

リターンズ、まだまだ続きます。

北京亭



関連ランキング:北京料理 | 樅山駅楡木駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

櫻井食堂@宇都宮市御幸ヶ原町 2

櫻井食堂@宇都宮市御幸ヶ原町 2 外観

そういえば最近全然カツ丼食べてないな。と思い、向かったのはコチラ。
オムライス旨かったなぁ~



櫻井食堂@宇都宮市御幸ヶ原町 2 内観

カウンター席も完備しております。



櫻井食堂@宇都宮市御幸ヶ原町 2 もやしラーメン

「もやしラーメン(600円)」
連れが注文。スープをひと口啜り 『もやしで正解!』 なんて言ってます。お前、いつから井之頭五郎になったんだ!?



櫻井食堂@宇都宮市御幸ヶ原町 2 カツ丼1

「カツ丼(700円)」
この中華スープがうんまいんだよ。そしてパカッ・・・



櫻井食堂@宇都宮市御幸ヶ原町 2 カツ丼2

蕎麦屋のようなカエシ感は無く、ほんのり甘めのチューニング。そして何と、カツの下にはトロットロの黄身が隠れてますよ。
こんなの初めてぇ~
画像からですと、カツの横と縦配置の境目にちょっとだけ存在が確認できるかと。



櫻井食堂@宇都宮市御幸ヶ原町 2 カツ丼3

たっぷりの卵でコーティングされてますから、衣にサクサク感はありませんが、当然揚げ立て熱々、適度な厚さのカツです。

久々のカツ丼、満足しました。これなら次回は・・・
やっぱオムライスいっちゃいそうです。

櫻井食堂



関連ランキング:ラーメン | 岡本駅



テーマ: - ジャンル:グルメ

鈴乃屋@壬生町通町

鈴乃屋@壬生町通町 外観
名店、松月食堂のすぐ近くに最近オープンしたお店です。



鈴乃屋@壬生町通町 内観

小洒落た店内。この雰囲気、どこかで遭遇したような気がします。ちなみに画像にはありませんが、カウンター席も完備。



鈴乃屋@壬生町通町 メニュー

このメニュー構成、やはり間違いないですね。ならば・・・



鈴乃屋@壬生町通町 鈴乃屋野菜味噌らーめん1

「鈴乃屋野菜味噌らーめん(940円)」
どう見たって宇都宮の◯京リスペクトじゃないか。未確認ですが、修行されていたのかもしれません。ちなみに自らの過去ブログを確認してみたら、◯京さんの最終訪問が8年も前なので、今となっては正確さに欠けまする。

サラサラとした合わせ味噌のスープは、脂に頼らず、野菜や鶏の旨味がじんわり押し寄せてきます。今の時期はとても暑いですから、味噌は敬遠されがち。でも、この優しい味わいだからこそ、スープをグビグビ飲み干せちゃう。これがラーメン食いの醍醐味ってもんよ!
味噌の配合等、随所に鈴乃屋さんのオリジナリティーが施されていると感じました。



鈴乃屋@壬生町通町 鈴乃屋野菜味噌らーめん2

ツル・モチっとした食感の中太ちぢれ麺。
全体的に、老若男女全ての方々が安心して楽しめる味噌ラーメンなのではないでしょうか。



鈴乃屋@壬生町通町 鈴乃屋おむすび

「鈴乃屋おむすび(216円)」
たまには既製品もね。針生姜がアクセント・エクセレント。
もう、お腹はち切れそうです。ご馳走様でした。

鈴乃屋



関連ランキング:ラーメン | 壬生



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

BARRACK D.M 竹末@鹿沼市西茂呂

BARRACK D.M 竹末@鹿沼市西茂呂 外観

そろそろかなというタイミングで訪問しました。ラーメン屋で並びたくないですからね。
開店5分前、フロントローゲット。しかし、この画像を撮影中、猛烈に後ろ髪引かれました(笑)。



BARRACK D.M 竹末@鹿沼市西茂呂 メニュー1

BARRACK D.M 竹末@鹿沼市西茂呂 メニュー2

レギュラーメニュー達。
他に限定品も用意されてました。こちらに限らず、季節柄なのかタイ風のメニューがなんとなく目立つような。



BARRACK D.M 竹末@鹿沼市西茂呂 鶏出汁麺

「鶏出汁麺(800円)」
やはり着飾っておられますね。いずれにしても竹末系安心の美味しさ。



BARRACK D.M 竹末@鹿沼市西茂呂 Andy特性チャーシュー丼

「Andy特性チャーシュー丼」
3種のチャーシュー。最近のお店全般に言えることですが、完全にアペタイザーとして成立してしまう完成度です。なので、個人的にラーメンのTPとしてはどうかとは思うものの、それ以上に是非ワインで楽しみたいなと思わせる仕上がりぶり。

さあ、これで気兼ねなくリターンズに専念できます。

バラック ディー.エム竹末



関連ランキング:ラーメン | 新鹿沼駅鹿沼駅樅山駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

やすらぎ@宇都宮市茂原町

やすらぎ@宇都宮市茂原町 外観

新幹線高架下の道はよく利用するのですが、こうしてラーメンの暖簾が気になってました。情報は一切ありませんので、この私めが気合の特攻をしてみたいと思います。
恐る恐る扉を開けると、オバちゃんと3頭の小型犬が出迎えてくれました。



やすらぎ@宇都宮市茂原町 内観

テーブル席からの眺め。道からは店内の様子は確認できませんでしたが、このようなレイアウト。
室内灯は最後まで点灯しませんでした。昼間の運転中、サングラスを掛けなくなってしまった私にはちょっと暗く感じるなぁ。



やすらぎ@宇都宮市茂原町 メニュー

食堂的なメニュー構成かと思いきや、ラーメンが主軸になってます。



やすらぎ@宇都宮市茂原町 チャーハン定食1

「半チャーハン定食(800円)」
30年前にタイムスリップしたかのような、食堂系的味わい。イマドキのラーメンを食べ慣れちゃっていると、ある意味ビックリするかもしれません。
タレがしっかりと染み込んだ角煮的なチャーシューも、これまたある意味斬新かも。



やすらぎ@宇都宮市茂原町 チャーハン定食2

チャーハン、思いっきりフルサイズじゃないか! しかも小鉢が2品付きとは恐れ入った。
↑のチャーシューが入ることによって、他では味わうことのできない、やすらぎさんオンリーワン的スタイルのふんわりチャーハン。
このボリュームだと、私では到底完食できません。おばちゃん、ごめんね。

ラーメンはかなり玄人向けになっていますので、味噌や具乗せ系がお勧めかもしれません。
それとワンちゃんが苦手な方はご注意下さいね。

やすらぎ



関連ランキング:居酒屋 | 雀宮駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン山岡家 壬生店@壬生町安塚

お盆中の出来事。
最近は FacebookやTwitter 等、お店の情報を発信されてるラーメン屋さん増えましたね。しかし全体からするとまだまだほんの一部。
盆休みなんて1日も無い私にとって、この時期のランチは死活問題なのです。

ラーメン山岡家 壬生店@壬生町安塚 外観

こんなときはFC展開に行ってしまえ!
って事で山岡家さん。壬生店は約15年ぶりの訪問です。



ラーメン山岡家 壬生店@壬生町安塚 幟

このような限定メニューあるしね。



ラーメン山岡家 壬生店@壬生町安塚 店内

キャパもデカイし、たまには一人座敷と洒落込もうとするか。じつは超久しぶりなもんだから、入店早々券売機の存在忘れてて椅子に座っちゃったよ。
タイミングの問題かもしれませんが、店内獣臭は控えめに感じました。



ラーメン山岡家 壬生店@壬生町安塚 煮干し醤油らーめん1

「煮干し醤油らーめん(850円)」
先ずスープはファーストインパクトに豚臭(笑)。デフォがベースとなっていて、そこに山岡家さん拘りの煮干しエッセンスを投入しているのでしょう。そこそこ濃厚ですが、表面に浮くタマネギがわずかに口の中を中和してくれ・・・
いや、とにかくショッパイよぉ~



ラーメン山岡家 壬生店@壬生町安塚 煮干し醤油らーめん2

家系的な短めの平打ち麺が組み合わさってます。



ラーメン山岡家 壬生店@壬生町安塚 Andy特製ぶっかけチャシュー丼

「Andy特製ぶっかけチャーシュー丼」
スープの量を絶妙に投入し、塩分濃度を調整しました。

こんな感じで、盆中ラーメン食べたのはコチラと、過去に数回アップしている宇都宮市内中心にFC展開する某店のみとなりました。そっちは当然アップ無しです。

山岡家 壬生店



関連ランキング:ラーメン | 安塚駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

幸飯店@鹿沼市中粕尾

幸飯店@鹿沼市中粕尾 外観

ここも鹿沼市なの?
いや~、遠かった。でも、ここまで来たという事は、鹿沼行脚リターンズもいよいよ佳境に入ったのかな。
画像にはありませんが、駐車場にてペットのワンちゃんが出迎えてくれました。



幸飯店@鹿沼市中粕尾 メニュー

安めの価格設定ですね。ラーメン400円だし、寸胴あるのかなぁ~



幸飯店@鹿沼市中粕尾 チャーシューメン1

「チャーシューメン(600円)」
控えめなガラと乾物系のスープ。じんわり旨いです。稀に何かしか様子がおかしかったり、なんて事もあったりしますが、幸飯店さんの清湯は、キッチリされてますね。TPも一切の妥協なし。そこに・・・



             幸飯店@鹿沼市中粕尾 チャーシューメン2

汎用性のある中華麺ではなく、ちょいとモッチリした中太麺。存在感があって、いい麺です。
これがデフォだと400円で食べられるなんて、素晴らしいじゃありませんか。寸胴も確認できました。



幸飯店@鹿沼市中粕尾 しいたけチャーハン

「しいたけチャーハン(650円)」
連れが注文。いわいる、椎茸満載の青椒肉絲的スタイル。ちょっと味見しましたが、これかなり旨いよ。
ポイントは、シンプルな卵焼飯にあり。これが普通の具材が入ったチャーハンだと、椎茸によってありえないくらいの旨みが倍増されてますから、クドくなって興ざめする事間違い無しです。
非常に考えられてるし、これがたったの650円で味わえるのですから、遥々来た甲斐があるってもんです。
椎茸はあまり得意なほうではないので、ちょっとしか食べませんでしたが・・・

きっと他のメニューも美味しいんだろうなぁ~

幸飯店



関連ランキング:中華料理 | 鹿沼市その他



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

手打ちラーメン とも屋@小山市大字向野

手打ちラーメン とも屋@小山市大字向野 外観

某サイトの定休日が間違ってるではないか!
まあよくある事なので、諦めて家路方面に車を走らせました。そんな中、とも屋さん付近を走ってるのに気付き、すぐさまピットピン。



手打ちラーメン とも屋@小山市大字向野 製麺室

佐野系青竹打ちです。切り立て・打ち立てがモットーなのでしょう。



手打ちラーメン とも屋@小山市大字向野 メニュー

過去ブログを確認したら、4年ぶりの訪問となりました。
到着したのが、11時50分。約8割の客入りでしたので、店内の撮影は断念。店内ほとんど変わってませんでした。



手打ちラーメン とも屋@小山市大字向野 塩ラーメン1

「塩ラーメン(720円)」
とも屋さん一押しがこのラーメン。やや茶色みがかったネギ油が浮いてます。ガラ・控えめな魚介、そして香味野菜達がおりなすじんわりスープ。外はめっちゃ暑いけど、この熱々スープを啜ると、フゥ~~っとため息が出ちゃいます。
前回食した醤油とは、やや趣が異なりました。



手打ちラーメン とも屋@小山市大字向野 塩ラーメン2

最近ではちょっとずつ減りつつある、佐野系オールドスタイルのピロピロ麺。

遅くなっちゃった。急いで職場に戻らねば。

ラーメンとも屋



関連ランキング:ラーメン | 小田林駅結城駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ナムティップ@宇都宮市簗瀬町

ナムティップ@宇都宮市簗瀬町 外観

バンコクから帰国し1ヶ月が経過し、そろそろタイ料理が恋しくなってきました。とはいえ、家ではたまに何ちゃってガパオや空芯菜炒めを作って食べてますが。
向かったのは、なっなんと5年ぶりのナムティップさん。



ナムティップ@宇都宮市簗瀬町 内観

メナム星ヶ丘店同様、ありがちな雑多で薄暗かったり、スナック的趣を一切感じないのがいいね。



ナムティップ@宇都宮市簗瀬町 ランチメニュー

さあ、何にしようか・・・



ナムティップ@宇都宮市簗瀬町 Bset

「Bset グリーンカレー・デザート付き(1,080円)」
やっぱりこうなっちゃうね。超久しぶりでしたが、安定の美味しさ。但し、辛さ控えめになってました。あの頃のパンチの効いた辛さが懐かしい。
ちなみに画像にはありませんが、本日のデザートはバニラアイスでした。



ナムティップ@宇都宮市簗瀬町 Cset

「Cset パッタイ・スープ付き(1,080円)」
じつは私、タイでパッタイ食べた事ありません。
用いてるのはセンレック(中細米粉麺)かな。概ねタイ特有の調味料に、砕いたナッツのコクとレモンの酸味がアクセント・エクセレント。
途中から卓上の唐辛子の酢漬けをちょい足しする事によって、味がキュッと引き締まりますね。旨し!
スープは、トムヤムクンとケンチュー(豆腐と春雨のスープ)から選択可。後者をチョイス。パクチーがいいね。

最後にアイスコーヒーで締め、満足のタイランチとなりました。



おまけ画像
ほっともっと ガパオライス

「ガパオライス(430円)」by Hotto Motto
味わい的には、ザ・無難。OLさんに好まれそうな仕上がり。

ああ、自家栽培が出来るのならば、パクチー・バジル・空芯菜を育てたい。

タイ国料理 ナムティップ



関連ランキング:タイ料理 | 宇都宮駅



テーマ:アジア・エスニック料理 - ジャンル:グルメ

柳麺 まる重@壬生町壬生甲 3

柳麺 まる重@壬生町壬生甲 3 外観

またまた、まる重さん。
平日は昼食の為だけにちょろちょろで出歩いているので、案外近いという感覚がありましたが、自宅から往復36キロあったのね。



柳麺 まる重@壬生町壬生甲 3 黒板メニュー

今回はこれ狙いです。やっとタイミングが合いました。
普段、限定メニューとかにはあまりそそられないのですが、富山ブラックとなれば話は別です。って、カップ麺でしか食べたことがないですが。



柳麺 まる重@壬生町壬生甲 3 富山ブラック1

「富山ブラック(880円)」
大量の生ネギと胡椒! でも、それに負けじとカエシの強いスープもしっかりと出汁感をアピール。当然ショッパイけどね(笑)。
いや~、久々に超個性派のラーメン食べたって感じ。



柳麺 まる重@壬生町壬生甲 3 富山ブラック2

モッチリとした中太麺。適度にスープが絡み、結果旨し。

さすがにスープは完飲とまではいきませんでしたが、満足の一杯。ご馳走様で・・・
おっと、ひとつ忘れそうになった。



柳麺 まる重@壬生町壬生甲 3 Andy特性ぶっかけブラックチャーシュー丼

「Andy特製ぶっかけブラックチャーシュー丼」
富山ブラックといったら、やっぱりご飯食べとかなきゃね。味海苔抜きで半ライスが100円で提供されているようです。聞いてみるもんだ。

いずれは本場で食べてみたいですね。その前に百貨店の催事場で食べれそうですが。

まる重



関連ランキング:ラーメン | 国谷駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad