FC2ブログ

 つけ麺は苦手です

慶安楼@宇都宮西 2

        今年最後を飾る記事はこちら、慶安楼さん。現在はお父さんと息子さんで切り盛りされています。私が描く「街の中華屋」としての理想的スタイル。今「うんうん」とうなずいているアナタ、私同様アラフィフ世代ですね。上限800円の豊富なメニュー達。「ラーメン(440円)」これぞ、ザ・昭和の出汁感。じんわり来る~「半チャーハン」すみません、値段忘れました。「生芽麺(520円)」サンマーメン的風貌ですが、もやし...

まごころラーメンまこと@宇都宮市今泉町

マルシンやバードメンがオープンし、何気にこの界隈ラーメン激戦区になってきましたね。という事で、今回向かったのはコチラまことさん。じつに5年半ぶり、3回目の訪問です。カウンター&テーブル席のレイアウト。あまり意味の無い画像ですみません。じつは注文した後は、メニュー表を撤収するシステムとなってました。「ラーメン(600円)」背脂TP無料だったので、ちょっとだけのリクエスト。背脂のコク・甘みに加え、魚介系がふ...

まいど食堂@壬生町壬生甲

宇都宮方面からだと二郎壬生店のちょい手前に佇んでます。早速入店。出迎えてくれたお父さん、「まいど~」とはおっしゃってくれませんでした。そりゃ~そうだよ。なんたって私、一見さんですからね。こうして座敷も完備。老夫婦がお二人で切り盛りされてていましたが、このキャパを回せているのかは不明。豊富なメニュー達。う~ん、そうだ。壁に貼ってあったお得そうなセットにしよう。「まいたけごはんセット(700円)」麺はラ...

桃泉楼@宇都宮市下岡本町

岡本の桃泉楼さんは始めての訪問です。カウンター席からの眺め。座敷が2席と、コンパクトな店内。自家製麺だったのか。だからこうしてよもぎを練り込んだ太麺もあるのか。豊富なメニューの中から、今回は野菜を摂取したかったので・・・「あんかけタンメン(650円)」サンマーメンと悩みましたが、あんかけのタンメンはレアだと思い、こちらをチョイス。閉店された市内の桃泉楼さんで、デフォは数回食べてますからね。ほのかに香る...

御食事処 しなこ@鹿沼市日吉町

大阪屋さんから数百メートル先にある食堂です。この道を通る度に、温泉街への入り口のような景色に感じてしまうのは私だけ?テーブル&座敷のレイアウトですが・・・この仕切りの向こう側にはカウンター席も完備。ちょっと覗いてみましたが、常連さん御用達的な空間なので、ちょっと入り込む勇気はありませんでした。ちょっとワガママ言っちゃおうかな。「ラーメン&チャーハンセット 」じつは手打ち麺に変更してもらいました。千...

とちぎや@壬生町藤井

鹿沼行脚が終盤に差し掛かってきたので、最近はこうして壬生界隈に力を注いでいます。今回はこちらのおそば屋さん。カウンター席と、このように座敷のレイアウト。お得なセットメニューを狙っての訪問でした。「カツ丼セット(800円)」当然ラーメンをチョイス。チャーハンセットも捨て難かったのですが、おそば屋さんですから、やっぱカツ丼でしょう。このドンブリ、実家にあったな(笑)。セットなので、量は控えめなのかな。ほ...

お食事処 金昇@上三川町多功 2

こちらも「カツカレーが気になれば、カツ丼も気になりますよ」シリーズ。前回の詳細は、コチラからどうぞ。「カツ丼(850円)」ご覧下さい、ドンブリを覆い尽くすたっぷりのカツ。そしてたっぷりの三つ葉。味付けは砂糖醤油で仕上げました的単調な味付けではなく、どことなく純和風な趣。ほのかに和風だしの旨味を感じさせる味わい。全体的にタレと溶き卵が掛かっているので、しっとりタイプのカツ。        いや~、相変...

マルシンラーメン@宇都宮市越戸 2

こってりスープが気になって再訪問してみました。宇都宮東地区は行きやすいのです。尚、お店の詳細等はコチラからどうぞ。「こってりラーメン(700円)+野菜(100円)トッピング」税抜き価格家系の野菜乗せ的イメージで注文したら、まるでG系のようなビジュアルになってしまった(笑)。もう、サイドのお客さんにガン見されて、恥ずかしかったよ~丸信系のこってりスープって、燕三条系をリスペクトしたかのような濃いめのカエシと...

大阪屋@鹿沼市日吉町

とうとう「線路の向こう側」まで来られました。長かったな~手始めに訪れたのはコチラ、大阪屋さん。赤字でラーメンとある看板がいいね。テーブル4席と・・・広々とした座敷。そして、家族や会合用の個室を完備。改装したのかな? 外観とは異なり(失礼しました)新しく感じますね。食堂ならではの豊富なメニュー。壁にはランチも提供してました。ならば・・・「ラーメン・チャーハン(950円)」澄んだスープの画像からしても、雑...

煮干しラーメン時代屋@宇都宮市中岡本

こちらの煮干しを懐かしく思い、久しぶりに訪問してみました。約4年ぶりでしたが、この段階で変更があったのは暖簾くらいかな。お父さん、「わしゃ~、不器用じゃけん」と言ったかどうかは分かりませんが、こうして継続は力なりの如く地道に営んでおられます。あれっ、今日はお一人でお仕事ですか?ファンを沢山抱え込む若手の専門店などは、お客さんに飽きられないよう、限定メニュー等にもかなり力を入れていらっしゃいますね。...