つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

たちかわ食堂@真岡市荒町

某中華屋さんを目指したのですが、既に閉店されてました。近くの食堂はまだ暖簾出ていないし・・・。
ヤバい、食堂難民になってしまう。とりあえず帰路も考慮して、北か東方面に舵を取らねば。

たちかわ食堂@真岡市荒町 外観
やってきたのは、たちかわ食堂さん。初訪問です。

たちかわ食堂@真岡市荒町 店内
画像の通り時間は11時40分。直ぐ後に、年配の方々がぼちぼちご来店されました。

たちかわ食堂@真岡市荒町 メニュー
麺類がメインの食堂です。以前、知り合いの真岡市民が、肉みそラーメンがお勧めだとおっしゃっていたのを思い出しました。が、しかし・・・。

たちかわ食堂@真岡市荒町 チャーシューメン+半ライス
「チャーシューメン(730円)+半ライス(100円)」
どうしてもデフォに拘ってしまうのが『僕の悪い癖』 
とはいえモモチャーシューが5枚、圧巻のチャーシューメン。でも、ご覧のように脂身はありませんから、スープへの介入は最小限に留まると思われます。

たちかわ食堂@真岡市荒町 チャーシューメン1
ぶっちゃけ食堂系に限らず、例えば「このメンマいつ作ったの?」的な、どこかしか残念だったりする部分があっても不思議じゃなかったりする場合もありますが、たちかわ食堂さんは、きっちり仕込まれてますよ。
肝心のスープだって、雑味が無く生姜が隠し味となっている非常に調和の取れた程よい旨味加減がいいですね。更に、昭和の置き土産である胡椒感が食堂ラーメンという事を存分に演出してくれてます。

たちかわ食堂@真岡市荒町 チャーシューメン2
茹で上げる前に、店主さんご自身が丁寧に手揉みを施すなんて、専門店顔負けじゃないですか。
いい意味で特徴を語れない、安心・安全の中細麺。だからこそこのスープにベストバランス。

たちかわ食堂@真岡市荒町 Andy特製チャーシュー丼
「Andy特製チャーシュー丼」
茄子の漬け物と相性いいのに、今更ながら気が付きました。

これならかつ丼も期待出来ますね。また来ま~す。

たちかわ食堂

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:定食・食堂 | 北真岡駅


スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

民族亭@宇都宮市陽東

民族亭@宇都宮市陽東 外観
街道添いから一本脇道に入りますから、知る人ぞ知る優良中華食堂といったところでしょうか。私も2年ぶりに訪問してみました。
到着すると、プチ宴を開催されているオッサンを脇目にカウンターに着席。なんだか落ち着かないなぁ。

民族亭@宇都宮市陽東 メニュー
とりあえずメニューに目を通しましょう。縦型から横型に変更され、わずかではありますが、値上げもされてました。もともとかなり安かったですから、まったく問題ありません。てか、現状でも十分に安いです。

民族亭@宇都宮市陽東 カツカレー1
「カツカレー(800円)」
壁に掛かっていた『本日のおすすめ』からチョイス。
かなりデカイ皿でやってきたのでスプーンがやや小さく見えますよね。このボリュームで、更にサラダ付き。まだまだ安いね!

民族亭@宇都宮市陽東 カツカレー2
カツを揚げている間、オッサン達に野菜炒めでも作り始めたのかなと思ったら、ゼロから私用のカレーをテキパキとたったの3分で調理。実食してみると、いわいるフレッシュ系食堂カレーなのかと思いきや、奥深いコクが押し寄せてきました。ラーメンスープを用いるなんて、流石は中華食堂。いい仕事しますね~
ファンではありませんでしたが、頭の中で松田聖子さんの『夏の扉』のサビがリピートしていました。

民族亭@宇都宮市陽東 カツカレー3
カツだって冷蔵庫からロースの塊を出し、切り分けからの調理です。
『フレッシュ、フレッシュ、フレ~~ッシュ!』ダメだ、頭の中が完全に聖子ワールドになっている・・・。

かつ丼も旨かったけど、カツカレーもいいじゃない! 麺類だって安くて美味しいよ。
こんなお店なら、私だっていつかはオッサン達の様に昼間っから飲んじゃいそうです。てか、接客お疲れ様です。料理安いんだから、酒類にはサービス料を別途徴収したいくらいですね(笑)。

民族亭

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:中華料理 | 宇都宮駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

麺道 武蔵乃麺@小山市城北

麺道 武蔵乃麺@小山市城北 外観
2軒目はコチラ。
つけ麺屋ones onesの関連店。今回、オチは無いです(笑)。

麺道 武蔵乃麺@小山市城北 店内2

麺道 武蔵乃麺@小山市城北 店内1
画像右端に電子レンジがあったのですが、つけ汁の再加熱用だそうです。
・・・。

麺道 武蔵乃麺@小山市城北 メニュー
内容は違えど、このメニュースタイルは共通してますね。

麺道 武蔵乃麺@小山市城北 解説
ハイ、これ狙いでの訪問です。ブラック系は宇都宮でも数回食べてるし、地味に増えてきましたね。

麺道 武蔵乃麺@小山市城北 淡麗黒醤油ラーメン1
「淡麗黒醤油ラーメン(680円)」
ああ、ドンブリも黒いんだ・・・。
予想通り、たまり醤油的な甘くコク深いスープに、刻みタマネギがアクセント。そこに炙りチャーシューと、王道のフォーメーション。
尚、鶏感は控えめに感じましたが、濃厚との差別化を図るにはちょうどいいのでしょう。

麺道 武蔵乃麺@小山市城北 淡麗黒醤油ラーメン2
壁に製粉袋が飾ってあったので、自家製麺なのかな?
適度に歯応えとモッチリさを兼ね備えた、予想外に旨い中太縮れ麺でした。

今回は、完全にブログバランスを考慮しての行脚となりました。

武蔵乃麺 小山店

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:ラーメン | 小山駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン どげん屋@小山市若木町

久しぶりの小山行脚。
今回の2軒は、いずれも私らしからぬチョイスです。では早速。

ラーメン どげん屋@小山市若木町 外観
どげん屋さん、皆さんもG系的な要素たっぷりのイメージがありますよね?

ラーメン どげん屋@小山市若木町 店内1

ラーメン どげん屋@小山市若木町 店内2
店内は昭和レトロ風な趣です。

ラーメン どげん屋@小山市若木町 メニュー1
メニューの画像がハッキリ・クッキリではないので、スープの様子は今一歩不明ですが、お山のようなラーメンは不在ですよ。

ラーメン どげん屋@小山市若木町 メニュー2
自家製麺のお店だし、1軒で終了なら餃子注文したいところですが、ここはぐっと我慢。

ラーメン どげん屋@小山市若木町 ラーメン1
「ラーメン(600円)」
いかがですか。一見佐野風ラーメンですよね。これは奇跡ではありません。じつは予習して参りました。
しかしながら、ここまでお店の方向性を変更するって、かなりの勇気が要るものだし、御尽力された事とお察しします。

調味料からと思われる甘みのある円やかスープは、ガーリックが隠し味的に見え隠れしていたり、TPの穂先メンマ等、オリジナリティーに溢れた仕上がりとなってます。この辺りが、どげん屋さんのチューニングなのでしょうね。

ラーメン どげん屋@小山市若木町 ラーメン2
意外や中細麺でしたが、短めな辺りは佐野系を意識しているのでしょう。そして、程よい小麦の旨味が箸を休ませてくれません。これはこれでアリですね。

小山でNEO佐野系ラーメンを食す。近隣には猛者達が多数いらっしゃいますが、食べる側としてはまた一つ選択肢が増えたって事でしょうかね。

さあ、もう一軒!

ラーメン どげん屋

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:ラーメン | 小山駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大勝飯店@鹿沼市千渡

大勝飯店@鹿沼市千渡 看板
この看板に見覚えのある方、多いと思います。
果たして実際に食事された方は、そのうち何パーセントくらいいらっしゃるのでしょうね。そんな私も手前のラーメン屋さんなら数回訪問していますが、こちら大勝飯店さんは何故か初訪問です。

大勝飯店@鹿沼市千渡 外観
この画像は食事の後、11時半過ぎに撮影しました。
ランチタイムともなると、店先の駐車場がいっぱになってしまいそうな予感。さあ、時間を戻して・・・

大勝飯店@鹿沼市千渡 店内
程よい中華スタイル。歴史を感じますね。尚、カウンター席はありません。

大勝飯店@鹿沼市千渡 メニュー1
よっしゃ、お得なセットメニューがあった。ここから攻めてみよう。

大勝飯店@鹿沼市千渡 メニュー2
手打ちのお店は当然餃子も自家製のはずですから、気にはなるところ。しかし残念ながらメニューから外れてました。400円と高額なのは、大振りだったのかな?

大勝飯店@鹿沼市千渡 チャーハンセット
「チャーハンセット(800円)」
全然小ラーメンじゃないね(笑)。チャーシューは入らずも、なんとなく得した気分。

大勝飯店@鹿沼市千渡 小?ラーメン1
何でかニラもやし(炒め)ラーメンのスープを彷彿とさせます。きっとゴマ油やニンニク、香味野菜等から、そう感じさせるのでしょう。予想外のスープ、わずかに感じる酸味もポイントか!?

大勝飯店@鹿沼市千渡 小?ラーメン2
こう来たか、手打ち麺。
平打ちを予想していたので、意外な出会い。ヌチモチッとした食感は、どことなくピンコ系が頭を過りました。いいじゃないか!

大勝飯店@鹿沼市千渡  チャーハン
ご覧の様に用いる具材は一般的ですが、複雑な旨味を醸し出してきますね。その中でやはり酸味を感じる。これっていったい何なんだろう・・・。

まあ細かい事は置いといて、おじいちゃんの接客も素晴らしいし、何といっても手打ち麺がお店の真骨頂。ぶっちゃけ端っこのほうにちょっと固い部分があったけど、これもまた長い間この土地で営んでこられた中華食堂の醍醐味ってもんでしょう。
なんて事を考えながら食事していたら、続々とお客さんご来店されてきたので、席を空けないとね。
ご馳走様でした。

大勝飯店

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:中華料理 | 鹿沼駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ことぶきや@壬生町通町 2

ことぶきや@壬生町通町 2 外観
かなりお得な日替わりランチがあったのを思い出し、再訪問してみました。ちなみに、月曜日狙いです。

ことぶきや@壬生町通町 2 店内
メニューやラーメンの詳細は、コチラからどうぞ。では早速。

ことぶきや@壬生町通町 2 かつ丼セット
「カツ丼(ラーメン)600円」
お店による量的なバラツキは置いといて、ラーメン絡みでの最重量級であるかつ丼セットが、たったの600円とは恐るべし!

半ラーメンでの提供でした。
今回、TPの違いからなのか、スープの印象がちょっと異なりました。しかしながら、シットリとした質感の自家製麺は、やはり存在感抜群でした。

ことぶきや@壬生町通町 2 かつ丼1
主役のかつ丼。60年間変わらぬ味わいだそうです。カエシ感は無く、やや甘めのチューニング。
量的に一人前にはちょっと満たないかな、といった程度でしたので、今の自分には適量でした。

        ことぶきや@壬生町通町 2 かつ丼2
カツは揚げ立てではありませんでしたが、価格的にもまったく問題はありません。

定休日以外、毎日異なったメニューを麺絡み(そば・うどん・ラーメン)で楽しめる優良店だと思います。
とにかく600円なのには脱帽ですよ。

ことぶきや

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:ラーメン | 壬生駅


テーマ: - ジャンル:グルメ

たけの家@宇都宮市下川俣町

たけの家@宇都宮市下川俣町 外観
ラーチャーと言えば、私の中では岩手屋さんです。某口コミサイトで宇都宮市のラーメンランキングが現在第3位。最近は駐車場を増やし、ご夫婦で切り盛りしていた厨房も3人体制。何と言っても今更ながらラーメンが進化?しています。当然お客さんもかなり増えました。週一ペースで20年以上通う私にとってはなんだか複雑な気分。最近はめっきり疎遠になってしまいました。
だからこそ、たけの家さん。ご存知ラーチャーが人気のお店です。じつに私も5年ぶり。

たけの家@宇都宮市下川俣町 店内
カウンター越しからの店内。
きっちり整頓されていて、5年という時間が経過しているのにも関わらず、何の変化も感じません。

たけの家@宇都宮市下川俣町 セットメニュー
ですが、セットの価格が40円値上がりしていました。これは仕方ありません。

たけの家@宇都宮市下川俣町 らーめんと半チャーハン
「A らーめんと半チャーハン(840円)」
お久しぶり~、帰ってきたよ~

そういえば去年、完全にたけの家さんをリスペクトしたラーメン屋さんがオープンしましたね。理由は不明ですが、直ぐに閉店してしまいましたが。いったいあれは何だったのだろう・・・。

たけの家@宇都宮市下川俣町 醤油らーめん1
乾物系とスープの表面でキラキラしているラードのコラボ。何か一つが突出している訳でもない、とても調和のとれたスープです。相変わらず旨いなぁ~

たけの家@宇都宮市下川俣町 醤油らーめん2
中細麺もとにかく上品。素晴らしいコンビネーションです。

たけの家@宇都宮市下川俣町 半チャーハン
卵の甘みが冴え渡る、ふっくらチャーハン。シットリやパラパラの質感が多い中、このふっくらさが、たけの家さんの真骨頂。あれっ、昔はシソ入っていたような記憶。まあ、いいか。



たけの家

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:ラーメン | 岡本駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺堂 HOME@栃木市片柳町

麺堂 HOME@栃木市片柳町 外観
2軒目はココ。
iPhone無料アプリ、RAMEN MAPを駆使したのに、ちょっと道に迷ちゃった。自分、まだまだだな。
移転後、初訪問になります。

麺堂 HOME@栃木市片柳町 メニュー
ちょっとだけメニュー増えてるかな。
尚、開店15分後に入店しましたので、お客さんぼちぼちいらっしゃいました。なので店内画像は断念しました。

麺堂 HOME@栃木市片柳町 鶏淡麗ら~めん しお
「鶏淡麗ら~めん しお(700円)」
3年前に旧店舗で食したときは、思いの外クリアーな印象でしたが、今回のは芳醇・淡麗という言葉がピッタリなスープです。鶏好きにはタマラナイ一品。
この前訪問しましたが、同市に似た方向性のお店がオープンしましたね。あちらは『ふんわり女性的』、こちらは『ぎゅっと男性的』ってイメージに感じました。しかしTPまでもが似てるよな~

麺堂 HOME@栃木市片柳町 アゴ潮そば1
「アゴ潮そば(750円)」
アゴの出汁満載にも関わらず、嫌みは皆無。とても上品で程よい甘みさえ感じますね。あえて塩のみの提供というのもニクいです。魚好き、集合~!
私自身、アゴダシに親しみは少ないですが、何故か子供の頃頻繁にトビウオの塩焼きが食卓に出されました。毎回呪文の様に羽根をぶぁ~っと開いてトビウオだと確認をしてから食べてました(笑)。

麺堂 HOME@栃木市片柳町 アゴ潮そば2
コシがありながらも、プツッとした食感の細麺。
こちらも大盛り不可。通常ならかなりスープに介入してくるだろうチャーシューもデフォは鶏を多用してますし、とにかくスープを純粋に味わってほしいという思いが、ヒシヒシと伝わってきます。
それでも大盛りチャーシューメンが食べたいという食いしん坊さんには、替え玉ありますし、チャーシューの追加TPもできますからね。

気合いの入った専門店ではありますが、店内にキッズスペースがあったりと、少子化問題に貢献(この言葉合ってるのか?)されている奥様にも優しいラーメン屋さんではないでしょうか。

以上、今回の行脚メジャー過ぎました? 大丈夫です。J-POPが基本苦手なのは不変です。どうかお察し下さいませ。
という事で、当分の間は心置きなく通常業務に集中できます。ゆる~くね。

麺堂HOME

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 栃木駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

かくだや@栃木市平柳町

またまた栃木市に出没です。

かくだや@栃木市平柳町 外観
今回は連食を予定しています。先ず1軒目はこちら、かくだやさん。おぐらや系です。
11時開店だし栃木市の入り口だし、佐野らーめんでウォーミングアップを考えての訪問です。
食堂系はハイリスクですからね。

かくだや@栃木市平柳町 店内
カウンター席はわずかながら、こうしてテーブル&座敷は充実していました。
これぞ佐野スタイル。家族皆がわいわい楽しめないとね。

かくだや@栃木市平柳町 メニュー
栃木市はラーメン激戦区ですし、お得なセットメニューがあるとリピート率の高い地元民にとっては、とてもありがたいのではないでしょうか。

かくだや@栃木市平柳町 ラーメン1
「らーめん(580円)」
どうしても師匠と比べがちになりますが、醤油感がやや強めでしょうか。煮干し等の魚介系が控えめな辺りを含め、ある程度オリジナリティーを追求しているのかな。
いずれにしても調和の取れた安心・安全の優しいスープです。
尚、メンマは王道。2枚のバラロールチャーシューは厚みがあって獣臭さも皆無。コスパいいですね。

かくだや@栃木市平柳町 ラーメン2
割と均等な平打麺。コシもしっかり残してます。元々ピロピロ感は控えめですしね。

その日の1食目にはピッタリのラーメンでした。かくだやさんで正解だったという事でしょう。
好みの問題ですが、おぐらや系なので餃子はすんなり見送る事ができました。でも、これが池田屋系だったら、注文していたな。

よし、これなら行ける!

かくだや

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:ラーメン | 新栃木駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

御食事処 うえ乃家@上三川町上三川

以前から気になっていた上三川、町おこしの一貫であるB級グルメ、黒チャーハンを食してみようと思います。
現在、上三川町では8店舗が加盟しているらしいです。詳細はこちらでどうぞ。

御食事処 うえ乃家@上三川町上三川 外観
やってきたのは、うえ乃家さん。せっかくなんで未訪問のお店をチョイス。

御食事処 うえ乃家@上三川町上三川 店内1

御食事処 うえ乃家@上三川町上三川 店内2
店内。

御食事処 うえ乃家@上三川町上三川 メニュー
カツ丼やカツカレーに激しく惹かれましたが、今回はぐっと我慢。

御食事処 うえ乃家@上三川町上三川 ミニ黒チャーハン ざるラーメン1
「ミニ黒チャーハン ざるラーメン(1,200円)」
千円越えですが、ざるラーメン食べる機会(心境)なんて自分にはそうそう無いので、良しとしましょう。
各店舗、チャーハンの黒色には様々な工夫を凝らしているようですが、卵を用いるのは共通のようです。きっと理由があるのでしょう。

あっ、ざるラーメン、名前は忘れてしまいましたが、小学生のときこんな味のするカップラーメンをよく食べてたな。ツユと麺がセパレートタイプのね。知ってるアナタは、そこそこお年を召されてますね(笑)。

御食事処 うえ乃家@上三川町上三川 ミニ黒チャーハン ざるラーメン2
御開帳~
唐揚げに、ニラ・アスパラ等、チャーハンとしての具材と考えると、そうそう出会えない組み合わせですね。
うえ乃家さんでは、BBQ的ソースをイメージしているようです。実際には、焼きそばとドライカレーをミックスしたような味わい。見ての通り、ややクドそうなのですが、そこを半熟卵が優しくオブラートし、バランスと取るといった手法。計算されてますね。
雑誌を読みながら、ゆっくり・じっくり味わい、時折コーヒーで口直ししたいと思わせる、いわばカフェ飯的料理に感じました。面白いな~
じつは食後にアイスコーヒーが付いてきましたが、知っていたら食前に欲しかった。

興味がありましたら、黒チャーハン巡りなんて、おつなものかもしれませんよ。

うえ乃家

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:そば(蕎麦) | 石橋駅


テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad