つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

麺屋 大森@宇都宮市鶴田町

麺屋 大森@宇都宮市鶴田町 外観
移転オープンして、屋号も極麺から麺屋に変更されました。
真っ赤な暖簾にワンポイントの黄色い文字が、なんとなく共産圏の国旗みたいです。先月ベトナムで散々目にしたからそう感じちゃうのかな。

麺屋 大森@宇都宮市鶴田町 店内
カウンター越しからの店内。ミヤタケ時代は、奥の座敷は使っていなかった記憶。

麺屋 大森@宇都宮市鶴田町 メニュー1

麺屋 大森@宇都宮市鶴田町 メニュー2
レギュラーメニュー。
清湯系のラーメンは現在1種類ですが、今後増えそうな予感。今回は、そうだなぁ~
移転前の店舗で、清湯系だけでもソレアレコレ食べてるし、だからといって白湯系には行きたくない・・・。

麺屋 大森@宇都宮市鶴田町 メニュー3
となれば必然的に限定という事になります。店も落ち着いてきたという事でしょう。しかもコレ、移転前に食べ損ねてましたからね。

麺屋 大森@宇都宮市鶴田町 醤油ブラック1
「醤油ブラック(760円)」
この段階で控えめながら、ガーリックチップの香ばしい風味が立ち込めてきます。個人的には適量に思います。オラオラぶっ込んじまえ!とか、ありえませんからね。
ブラックと言ってもご覧と通り真っ黒ではありませんし、胡椒感もありません。醤油ダレ(たまりかな?)は甘みがあり、出汁もしっかりしているので、とても円やかな仕上がりとなっています。
この手の変化球メニューは普段あまり口にしませんが、何の違和感も無く、ただただ美味しく頂けました。

麺屋 大森@宇都宮市鶴田町 醤油ブラック2
プツプツとした食感の細麺は、しっかりと小麦の旨さを主張してきますし、風味も良い。いい麺だな~
これ平成エッセンスな支那そば辺りと組み合わせても、相性抜群な麺だと思いますよ。

冷房はしっかり効いているとはいえ、必死に食べてたら汗だくになっちゃったよ。言っときますけど、タオルはちゃんと持参してますからね。これが真夏におけるラーメンを食す醍醐味ってもんでしょう。

麺屋 大森@宇都宮市鶴田町 Andy特製チャーシュー丼
「Andy特製チャーシュー丼」
脂身を排除したホロホロの肩ロースチャーシュー。下味は控えめですが、スープと絡めるとちょうど良い。なのでこの後スープをぶっかけ、崩しながら頂きました。訪問時間的にもご飯は炊き立てだし、もう最高です!

オープン当初の頃がなんとなく懐かしいなぁ。という事で、移転間もなくも貫禄さえ感じました。
ご馳走さまです。

麺家 大森

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:つけ麺 | 鶴田駅江曽島駅


スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

万世丸@鹿沼市下田町 【閉店】

ここ最近はしょっちゅう鹿沼に出没していますから、そりゃ~気にはなっていましたよ。

万世丸@鹿沼市下田町 外観
スルーに関して、特に理由はございません。

万世丸@鹿沼市下田町 店内
厨房から一番遠いカウンター席を確保。これが吉と出るか、凶と出るか・・・

万世丸@鹿沼市下田町 メニュー1
豚骨醤油が売りのお店ですが、あまり得意分野ではないので、【あっさり】の中からチョイスしたいと思います。

万世丸@鹿沼市下田町 メニュー2
お得なセットメニューがありました。ならば・・・

万世丸@鹿沼市下田町 屋台正油らー麺+セットA 半チャーハン
「屋台正油らー麺(630)+セットA 半チャーハン(250円)」
脂はかなり少なめで、節系中心の上品なスープです。そこにワカメエキスが広がり、屋台と言うよりは完全に純和風。雑味や物足りなさは一切無く、ある意味出来過ぎ感があるので、もしかして出来合い?と頭に過ってしまう程です。
適度な歯応えのバラチャーシューも普通に美味しい。

       万世丸@鹿沼市下田町 屋台正油らー麺
細麺と中太麺が選択可。後者をチョイス。
シコシコとモチモチを兼ね備えた麺です。悪くはありませんが、スープの性格上、今更ながら細麺のほうに興味をそそられました。

万世丸@鹿沼市下田町 半チャーハン
フライパンで調理する音が聞こえて来なかったので、運ばれて来たときはちょっと意外でした。但し、上記した通り厨房から距離がありましたから、聞き損じたのかもしれませんね。か、加齢。←早過ぎるだろう。

初訪問でしたから、やはりデフォの豚骨系行くべきだったのかな。なんて今更ながら思ったりもしつつ、宇都宮に戻りました。てか、まだまだ行きたいお店は数多くあります。
恐るべし、鹿沼!

ラーメン 万世丸

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:ラーメン | 新鹿沼駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

醤油らぁめん 名物餃子 真砂屋@宇都宮市陽南 【閉店】

醤油らぁめん 名物餃子 真砂屋@宇都宮市陽南 外観1
気が付けば、豚骨屋さんからこのような趣向のお店になっていました。
落ち着いたら訪問しようと思っていたのですが・・・

        醤油らぁめん 名物餃子 真砂屋@宇都宮市陽南 が移管2
この絵図らヤバいです! たまらなくそそられてしまいました。ダメだ、もう我慢出来ない。

醤油らぁめん 名物餃子 真砂屋@宇都宮市陽南 店内
豚骨屋時代とほとんど変更の無い店内。これってもしかしたら、同じ会社が引き続き経営ししてるのか?
しかし1度しか訪問していなかったので、詳細は謎です。きっと豚骨好きな方は分かるのでしょうね。

醤油らぁめん 名物餃子 真砂屋@宇都宮市陽南 メニュー
醤油と味噌の2本立ては潔いのではないでしょうか。
店舗のキャパ的にもお子様用ラーメンがあるのは、ファミリーにとって暖簾をくぐり易いと思います。

醤油らぁめん 名物餃子 真砂屋@宇都宮市陽南 醤油らぁめん1
「醤油らぁめん(650円)」
ナイスなビジュアルですね。見た目だけなら、私のど真ん中らーめん。なんとなく県南界隈で出会うスタイルです。いざ実食。

わずかに口にまとわりつく脂感、そして深い動物系のコクと、魚介系の旨味が織り成す甘めなスープです。麺を啜ると、その魚介系の風味がふわぁ~っと鼻に抜けて行くという趣。普通に美味しいです。
柔らかチャーシューやメンマは奇をてらう事無く、安心の出で立ち。

醤油らぁめん 名物餃子 真砂屋@宇都宮市陽南 醤油らぁめん2
ツル・モチっとした中太平打麺。麺本来の旨味も感じるし、スープとの相性もいいですね。

醤油らぁめん 名物餃子 真砂屋@宇都宮市陽南 醤油らぁめん 餃子5個
「焼きたて餃子(500円)」
勿論、大振りです。焼き面は揚げてあるので、カリッとザクッと噛んだ途端、中から汁がピュピュとほとばしりますから、注意です。餡に混ぜてある生姜がスッキリとさせてくれるので、大きいのになんとか完食。3個で良かったな。

ファミリーユースを考慮すれば、満足のいくラーメン屋さんだと思います。やっぱ関東人だし、豚骨よりこの手のあっさり醤油ラーメンやデカ餃子を欲しますからね。
こういうお店が増える事で、『ウェイティングシートに名前を記帳して呼び出しを待つ』という、あのやっかいな作業が少しでも軽減していけばいいですね。

真砂屋

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:ラーメン | 江曽島駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Andy特製コムガーの件

マンネリなブログですから、たまには指向を変えて・・・。

ベトナムで食べたコムガー(チキンライス)の味が忘れられなくて、味コピしてみたよ。

ダナン旅行記 その4 Com Ga A.Hai チキンライス
ベトナム ダナン市 Com Ga A. Hai の絶品コムガー

アップするからには、どなたにでもお手軽にコムガーを楽しんでもらえればと、キッチンに常備されている調味料を中心に調理してみました。所詮素人が作っていますから、ツッコミは無しです。

Andy特製コムガー
「Andy特製コムガー&夏野菜のスープ」スマホ画像でスンマホ。


             <Andy風、ドンブリ勘定な簡単レシピ>

水・お酒・塩・ニンニク・生姜・八角・ローリエ・サフランを投入した鍋に、手羽元を軽く火が通るまで下茹でし、数時間寝かせます。この段階で塩分濃度は強めがいいと思います。後に調味料は使いませんから。

↑残った漬けダレを濾し、水と半々で炊飯します。軽く風味・色付けされればOK

最後にサラダ油で手羽元をパリッと揚げたら出来上がり。
パクチーは手に入れ難いので、セロリの葉を代用。

簡単でしょ? 奥さん、こんなお手軽にベトナム気分を味わえますよ。

テーマ:チキン・鶏肉 - ジャンル:グルメ

江野町本店@宇都宮市江野町 2

江野町本店@宇都宮市江野町 2 外観
一度アップはしているものの、他にあと3種類気になるメニューがあるのです。
なので、その日の気分でチョイスしたいと思います。

江野町本店@宇都宮市江野町 2 店内
テーブル席のみのレイアウト。ド昭和チックな店内、いいでしょう?

メニューの詳細等は、前回の記事を参考にどうぞ。

江野町本店@宇都宮市江野町 2 ラーメン1
「ラーメン(540円)」
今日はコレだ!
醤油がやや強めではありますが・・・、
てか、単純にそこが好み。コクもそこそこ持ち合わせていますので、物足りなさを感じさせないアッサリスープ。

       江野町本店@宇都宮市江野町 2 ラーメン2
薄めのチャーシューではありますが、噛み締めると肉の旨味がじゅわっと来るじゃない。そして、コリコリメンマは程よいごま油の風味。いいじゃない!

江野町本店@宇都宮市江野町 2 ラーメン3
説明し難いのですが、汎用的な中華麺ではなく、そこはかとなく自らの存在をアピールしてきます。
これもいいよ。

やはり自分自身、気になっていたのが無駄じゃなかったラーメンでした。この歳になって、たまらなくそそられる昭和の味。逆に平成スタイルの旨味満載ラーメンに以前程魅力を感じなくなってきてしまったというのが、正直な気持ち。人間て上手く出来てるてるよな~

残すは、かつ丼とカツカレーだな。

江野町 本店

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:かつ丼・かつ重 | 東武宇都宮駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華料理 竜園 2@宇都宮市鶴田町

中華料理 竜園@宇都宮市鶴田町 外観
私がリピートする中華料理店です。

中華系特有の装飾品等がゴテゴテしていない無機質な店内・外観がちょっと変わっていて、そこが個人的になんとなく落ち着きます。そしてもうひとつ、じつは料理にも共通点があるのです。

中華料理 竜園@宇都宮市鶴田町 店内
厨房・フロアーと親子で協力し合い切り盛りしている姿なんて、やはりほっこりとさせられてしまいますね。

中華料理 竜園@宇都宮市鶴田町 メニュー
竜園さんで始めての円卓。ここは中華屋さんなのだと確認出来る唯一のテーブル。
メニューはコチラからどうぞ。

中華料理 竜園@宇都宮市鶴田町 肉絲湯麺
「肉絲湯麺 (800円)」
ルースーといっても、お店によって用いる具材はかなり異なりますね。ピーマンの代わりに椎茸がギッシリ。苦手な椎茸は、基本ウチの食卓には出ません。こんなときこそ、家人には森の妖精達を存分に味わってもらいたい。

竜園さんのベースとなる清湯は、わずかに生姜の香る鶏ガラスープで、単品では正直物足りなく感じてしまいます。でもこうして具が乗る事による相乗効果で、どんなタイプにもキッチリ演出してくれるのが素晴らしい。ですからクドさを感じず、素材の持ち味をきっちり引き立たせてくれます。

中華料理 竜園@宇都宮市鶴田町 ピーマンと豚肉の細切り丼1
「ピーマンと豚肉の細切り丼(700円)」
こちらもいわいるルースー丼といったところ。椎茸が入っていないのが、ある意味奇跡です(笑)。
王道のオイスターソースがベースですが、過度な調味料や油を感じさせないシンプルさがタマラナイ。

中華料理 竜園@宇都宮市鶴田町 ピーマンと豚肉の細切り丼2
麺類を注文しなかった私。これはある意味レアでした。

店の趣と同様、中華屋さんでありがちなサラダやデザートなんて一切付いてきません。個人的には、まったく必要としないので、ホント貴重な存在の中華屋さんです。
ありがとう。また来ま~す。

竜園

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:中華料理 | 鶴田駅南宇都宮駅東武宇都宮駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

味の店 さつき@鹿沼市上石川

味の店 さつき@鹿沼市上石川 外観
このお店、何年も寝かしてました。だって食べきる自信が無いんだもん。
しかし、また指令が入ってしまいました。こうなったら腹を括ろうじゃないか。一人じゃ不安なので、二人体制で臨みました。しかも、きっちり作戦を練っていきました。

味の店 さつき@鹿沼市上石川 店内
テーブル席×2 座敷×2 のレイアウト。
この日はかなり暑かったですが、エアコンは運転していません。しかし、画像にある業務用扇風機と、全開の窓から注ぎ込んでくる若干温めな風が心地よい。周りは田んぼだしね。

味の店 さつき@鹿沼市上石川 メニュー
始めて拝見したのに、何故か見慣れたメニューに感じます。

味の店 さつき@鹿沼市上石川 豚ロース・スタミナ焼1
「豚ロース・スタミナ焼(1,500円)」
うわぁ~、来たよ!
肉厚で香ばしく焼き上げていますので、もたれ合いつつもこうしてキッチリ立ってます。

味の店 さつき@鹿沼市上石川 豚ロース・スタミナ焼2
裏側。
トマトやキュウリは、店の裏庭でさっき採って来たばかり的な出で立ち。勿論、妄想です。

味の店 さつき@鹿沼市上石川 けんちん汁&漬け物
けんちん汁いいね。針生姜付きのキュウリもね。

味の店 さつき@鹿沼市上石川 かつ丼1
「かつ丼(1,000円)」
千円のかつ丼、私の人生において、お初でございます。

       味の店 さつき@鹿沼市上石川 かつ丼2
とても甘~い!

味の店 さつき@鹿沼市上石川 タッパー
作戦決行。
スタミナ焼きに集中しました。なので、プレッシャーはまったく感じませんでした。

えっ、味の感想ですか?
興味のある方、食べきる自信のある方は、是非ご自身で確認してみて下さいね。

ああ、今回も内容のある鹿沼食堂行脚、楽しかったです。

味の店 さつき




関連ランキング:定食・食堂 | 西川田駅


テーマ: - ジャンル:グルメ

春華食堂@下野市下古山

そういえばこの辺り、響屋さんの初出店地だったよな。ご夫婦、お元気でいらっしゃるのかな?
なんて事を思い出しながら到着したのはコチラ。

春華食堂@下野市下古山 外観
春華食堂さん。一度入ってみたかったんだよな~

春華食堂@下野市下古山 店内1
お得な日替わりランチで攻めてみよう。

春華食堂@下野市下古山 店内2
食堂でここまでカウンター席が充実しているのは意外でした。

春華食堂@下野市下古山 店内2
こっち側は王道ね。

春華食堂@下野市下古山 焼肉丼・半ラーメン
「焼肉丼・半ラーメン(680円)」
今回もビジュアルパーフェクト! 冷奴と漬け物が、食堂らしさを失っていないです。

春華食堂@下野市下古山 半ラーメン
ふぁ~っと、ダシの香りが漂ってきます。若干酸味を感じるものの、節系の旨味が適度に支配しているので、物足りなさは無く、むしろ心地よいです。尚、麺は一般的な中華麺。
食堂のラーメンって、やっぱこうじゃなくちゃ。

春華食堂@下野市下古山 焼肉丼
こう見えて案外肉厚なんです。醤油・みりん系の素朴な味わい。
洒落た店なら、いわいる変化球的なさりげない味付けを施したりしていますが、この直球さがいいんです。味の変化を楽しみたければ、そこに自家製漬け物がありますからね。

楽しめました。来れて良かったです。
笹野高史さん似(イメージ)の店主さんが気さくに迎え入れてくれるはず。

春華食堂

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:定食・食堂 | 石橋駅おもちゃのまち駅国谷駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つけ麺 MOUKOKU @鹿沼市上石川

つけ麺 MOUKOKU @鹿沼市上石川 外観
鹿沼は魅力的な食堂が沢山あるので、毎回行くのが楽しみです。しかし今回はあえてそれを封印し、最近オープンしたラーメン屋さんに向かいました。何故かって? バランスよく訪問しないと「おじいちゃんの、勝手気ままな鹿沼放浪記」みたいになってしまいますからね(笑)。

訪問するのちょっと早かったかなとは思いましたが、今回は二人体制。一気に2種類のラーメンを嗜む作戦です。

つけ麺 MOUKOKU @鹿沼市上石川 券売機
今こうして再確認したら、ギョーザセットあったんだ。
皆さんも同感だと思いますが、初訪問時の券売機は敷居が高いですね。

つけ麺 MOUKOKU @鹿沼市上石川 店内
私達が座っているのは座敷です。画像にはありませんが、左手厨房前にカウンター席有り。

つけ麺 MOUKOKU @鹿沼市上石川 つけ麺 MOUKOKU @鹿沼市上石川 魚介豚骨ら~めん1
「魚介豚骨ら~めん(750円)」
まさに魚介豚骨系。濃度は控えめ、甘みのあるスープです。
てかビジュアル的にもこれ、み◯こ家リスペクトじゃない! 頻繁に行くお店じゃないので、詳細は不明ですが、独立されたのかな?

       つけ麺 MOUKOKU @鹿沼市上石川 魚介豚骨ら~めん2
短めで、ムチッとした質感の中太麺。全粒粉を用いてると思われます。やや単独走行ぎみ。

つけ麺 MOUKOKU @鹿沼市上石川 中華そば
「中華そば(650円)」
魚介・乾物系が中心のさっぱりコクスープ。ん?
とても上品な仕上がりと思いきや、いい意味でわずかながら、苦み・エグミを加味させてます。
ほほ~、こう来たか。オリジナリティーのある、ちょっと他では味わえない独特の旨味を醸し出してます。このスープ、面白いな~
ちなみに麺は、ツルッとした喉越しの中細麺でした。

つけ麺 MOUKOKU @鹿沼市上石川 Andy特製チャーシュー丼
「Andy特製チャー玉丼(100円)」

確認はしていませんが、ご夫婦で営まれていると思います。もしかしたら外国の方なのかも。だとすると、MOUKOKUという屋号も納得です。
いずれにせよ、これからも益々頑張ってもらいたいと、なんかしみじみ思っちゃいました。

モウコク

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:つけ麺 | 樅山


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン永幸@宇都宮市

ラーメン永幸@宇都宮市 外観
こちらのお店、その存在は知りつつも、スルーしていた方多いのではないでしょうか?
私もその中の一人でした。定休日は勿論の事、営業開始時間も不明でしたので、無難に平日11時半過ぎに到着。すでに2組のお客さんがいらっしゃいました。

店先に咲くお花達のメンテナンスを考慮すると、案外キッチリとした料理を提供してくれるような予感です。最低限、店内は整頓されているはず。

ラーメン永幸@宇都宮市 メニュー
ラーメンが470円とはいいタイミングで訪問出来ました。そして、おめでとうございます。
しかし、せっかくなので・・・

ラーメン永幸@宇都宮市 Aセット
「Aセット(680円)」
ほ~ら、セットだってこんなにお得。しかも中々いい感じのビジュアルですよ。

ラーメン永幸@宇都宮市 Aセットのラーメン
動物・節系の調和がきっちり取れてます。ですから、何かがぽんと突出している訳ではなく、じんわり旨味が押し寄せて来るあっさりスープ。普通に旨いです。TPは王道の配置ですが、チャーシューはとても柔らかく美味。
一見、普通の中華麺のようで、しっかりと存在感をアピール。

このクオリティーで単品470円は、とてもありがい気分になりますね。

ラーメン永幸@宇都宮市 Aセットの餃子
やや厚めの皮にしっとり系の餡、手作り感満載で、ラーメン同様好印象。

       ラーメン永幸@宇都宮市 看板
今までスルーしていて、ちょっともったいなかったなと感じちゃいました。
週末に気合いを入れてラーメン食べに行くという方向性のラーメンではありませんが、私のように週の半分以上はラーメンが昼食。といった方々には、肩を張らず安心して食事ができるお店だと思います。しかも安いしね~

ラーメン永幸

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:ラーメン | 岡本


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ