つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

味の文化@鹿沼市上石川

味の文化@鹿沼市上石川 外観
「不倫は文化」という言葉は聞いた事がありますが、風変わりな屋号ですよね。
道中アダルティーな県民の皆様はよくご存知の、エーゲ海を脇目に訪問してみました。

味の文化@鹿沼市上石川 店内
カウンターは無く、こうしてテーブル席と、奥に座敷がありました。
老夫婦が切り盛りされてましたが、きちんと整頓され清潔感がありますね。「ちょっとくらい雑多なほうが旨味が増すんだよ」なんておっしゃる方がいらっしゃいますが、決して否定はしないものの、やはりキレイに越した事はありません。

味の文化@鹿沼市上石川 メニュー
メニューの一部。
お得なランチセット等はありませんが、麺類は500円からですし、まったく問題はありません。

味の文化@鹿沼市上石川 唐揚げ定食
「からあげ定食(1,050円)」
私より懐に余裕のある方は違いますね。てか、プチデカ盛りですよ、奥さん!
まあ千円越えだし、コスパの優れたムネ肉ではありませんから、こんなもんでしょう。後にお裾分け貰いましょう。

味の文化@鹿沼市上石川 手打ラーメン1
「手打ラーメン(500円)」
ごま油の香りが漂ってきます。雑味や胡椒感は無く、節系がベースの旨味スープ。まったく物足りなさはありません。普通に美味しいじゃないか。そこに生姜風味のメンマが、ある意味新しい。
これがラーメンにおける味の文化なのか!?

       味の文化@鹿沼市上石川 手打ラーメン2
手打ちと言っても、県民の皆様が想像する平打の手もみ麺ではありませんでした。こちらのお店で打っているのかは未確認です。シットリとした質感で、ぼちぼち旨味のある、存在感溢れる麺でした。

味の文化@鹿沼市上石川 Andy特製チャーシュー丼
「Andy特製チャーシュー丼」
ラーメンのスープがワカメ味にならないよう、直ぐさまこちらに避難させました。そして、そこから~の・・・

味の文化@鹿沼市上石川 Andy特製?唐揚げ丼
「Andy特製?唐揚げ丼」
ひとつ拝借。一部がパリパリの衣に、ジューシーなモモ肉。このコントラス加減、これは確実に狙ってますね。
一個がデカイ為、こうして切り目が入ってます。食べ易さと調理の早さを考慮しての事でしょう。

鹿沼市はベタなお店の訪問が多かったのですが、こうしてまだまだ興味深いお店が数多くありますね。
今後、Andy的最重要地域に加えたいと思います。

味の文化

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:ラーメン | 楡木駅樅山駅


スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 4

足を負傷したり、ラーメン専用車がパンクしたりと、ブログどころではありませんでしたが、足は既に快方に向かってますので、きっと来週には完治するでしょう。
なので今日から通常営業です。

       らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 幟
先週末の事。
いよいよこの季節がやってきました。ちょっと寄り道した為に、シャッターポールならず。

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 鮎
ここ数年は誕生日よりも毎シーズン鮎らーめんを食す事で、また一つ歳を取ってしまった事を実感します(笑)。

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 メニュー1
こうして新たにメニュー表が出来ました。そして店内レイアウトも、わずかながらの変更が施されてました。

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 メニュー2
予想通り黄金シリーズが鮎でも提供され始めましたよ。落合店主、通院されながも御尽力なされるお姿、頭が下がります。

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 黄金の鮎らーめん1
「黄金の鮎らーめん(1,000円)」
黄金の名に相応しい、気品溢れる器だと思います。

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 黄金の鮎らーめん2
目を瞑ってスープを啜ると、幼少時代、那珂川の鮎釣りにお供したり、梁で散々遊んだ夏の記憶が走馬灯のように蘇ってきます。
味わい的には解説の通り。但し、麺から溶け出す小麦の風味が、割烹や料亭では決して味わえない、これはあくまでラーメンなのだと、純粋に再認識させられました。

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 Andy特製チャーシュー丼+鮎のバーニャカウダ
「Andy特製チャーシュー丼」
これだけ鮎満載のスープなら、単純にスープをぶっかければ良かったと、やや後悔。

画像奥は「鮎のバーニャカウダ」です。試食させていただきました。いや~斬新ですね! 
マイルドで癖がありませんから、アンチョビ苦手の方にお勧めでよ。私的には、もうちょっと苦みがあったほうがより好みかも。まあこの辺は、ただの酒飲みおじさんの戯言と理解してくれれば助かります。

らーめん厨房 どる屋

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ラーメン | 東武宇都宮駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ぎんなん@宇都宮市西川田本町

ぎんなん@宇都宮市西川田本町 外観
いつも環状線を走りながら、チラ見してました。
看板には、食-Kingとあります。店の佇まいを含め、そこが辺がなんとなくバブル時代を彷彿とする雰囲気。ちなみに、佐野の某老舗ラーメン店の屋号も、麺's SHOP ××××だったりしますね。
パッと見、洋食系に見えるものの、じつはとんかつ屋さんなのです。

ぎんなん@宇都宮市西川田本町 店内
外観とは裏腹に、食堂的なレイアウト。

       ぎんなん@宇都宮市西川田本町 セットメニュー
常連さん達は、こちらのセットをチョイスされてました。とんかつ屋さんでこの価格はかなりお得かと。

ぎんなん@宇都宮市西川田本町 メニュー1

ぎんなん@宇都宮市西川田本町 メニュー2
私はこちらのレギュラーメニューからチョイス。

ぎんなん@宇都宮市西川田本町 カツ丼1
「カツ丼(900円)」税抜き
ちょっと高いかなとは思いましたが、こうしてサラダはあるし、更にコーヒ(ホットorアイス)または、アイスクリームが付きますから、適正価格でしょう。
平成の和風らーめんのような、複雑な魚介の利いた味噌汁が最大の特徴。で、肝心のカツ丼は当然作り立て。安心・安全の味わい。

ぎんなん@宇都宮市西川田本町 カツ丼2
なんとなくラードのような甘い香りが鼻腔をくすぐります。これぞまさしくとんかつ屋のカツ丼。
となると、カツカレーも気になりますね。とんかつ屋王道のサラサラタイプなのか、それとも食堂系のような、具沢山のカレールーなのか?

ぎんなん@宇都宮市西川田本町 アイスコーヒー

ぎんなん@宇都宮市西川田本町 外観2
個人的にカツ丼にはサラダとコーヒーは要らないので、カツ丼は700円程度がベストかとは思いましたが、やはりお店の外観等を見てしまうと、既存のままでちょうど良いのかな。なんて考えながら店を後にしました。
ご馳走さまでした。

ぎんなん

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:とんかつ | 西川田駅


テーマ:丼物 - ジャンル:グルメ

らーめん村@宇都宮市上籠谷町

らーめん村@宇都宮市上籠谷町 外観
ついにこの日がやって来ました!
R408沿いに面していますから、その存在は知りつつも入店する動機(勇気)がなかった方々も多いと思います。てか私。近くにはちょこちょこ飲食店多いですからね。

店舗の外観は帰りに撮影すればいいや。なんて油断していたら、そこそこお客さんがご来店されたので、クリアラップが取れなった。中途半端な画像ですみません。

らーめん村@宇都宮市上籠谷町 店内
カウンター越しからの撮影。他にテーブル席も完備。想像以上に広い店内。若干雑多なのはご愛嬌。

らーめん村@宇都宮市上籠谷町 メニュー1
あんかけもやしそばがメニューの筆頭とは意外です。ちなみに、ランチセット等はありませんでした。

らーめん村@宇都宮市上籠谷町 メニュー2
夜は居酒屋になるのかもしれません。プチ二毛作店と呼ぶべきか。

らーめん村@宇都宮市上籠谷町 醤油ラーメン+ハーフ炒飯
「醤油ラーメン(500円)+ハーフ炒飯(300円)」
ビジュアル的には申し分ないですね。てか、チャーシューはドンブリのの半分を支配してます。これで500円なら申し分ないはず!?
スープ表面の脂と節系が大まかなコクをもたらせています。ほのかに甘みを加味したチューニング。お店に入る前、私が勝手に想像していた以上に旨味のあるラーメンです。

       らーめん村@宇都宮市上籠谷町 醤油ラーメン
癖の無い長めの中細麺は、何の違和感もありません。量的にも多めだし、そこに上記した薄切りとはいえ圧巻のチャーシューのおかげで、もうお腹いっぱいです。当然そんな事知る由もないので・・・

らーめん村@宇都宮市上籠谷町 ハーフ炒飯
コチラが手付かずになりそうでした。しかし、火で煽られた動物系脂から成るスモーキーフレーバーが食欲を刺激してきます。好みはあるとはいえ、ワイルド系コク旨シットリチャーハンです。いいじゃない!

       らーめん村@宇都宮市上籠谷町 看板
今まで躊躇されていた皆さん、こんな感じのラーメン屋さんですから、もう心配要りませんね。
次は画像奥に見えるとんかつ屋に行かねばなるまい。

らーめん村

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:ラーメン | 宇都宮


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

手打ラーメン 味一@栃木市樋ノ口町

手打ラーメン 味一@栃木市樋ノ口町 外観
懐かしさ繋がりでもう一軒。
只今全総力を注いでいる栃木市に舞い戻って参りました。途中某ラーショも候補に挙げていましたが、臨時休業。やはり味一さんで食べなさいという事でしょう。

個人的にモザイクを施したくなるようなキャッチコピーはスルーして、いざ7年ぶりの入店です。

手打ラーメン 味一@栃木市樋ノ口町 店内
11時30分に到着。ビールを楽しむ常連さん2組(2名)発見。やはり地元民に愛されているよな~
付け加えますが、珍しい事にカウンターはありません。

手打ラーメン 味一@栃木市樋ノ口町 メニュー
定食類は一切ありません。そしてやはりタンタンメンはレギュラーです。県民SHOWっぽくなってしまいますが、栃木市民はタンタンメンが大好きなのですね。

手打ラーメン 味一@栃木市樋ノ口町 ラーメン1
「ラーメン(580円)」
高温で炊き上げただろうやや濁りのあるスープは、動物系が概ね支配しています。が、過剰なまでの旨味は持ち合わせていないところが、最近好きなんだよな~
そこに焼き面が香ばしい肩ロースチャーシューがスープに染みて旨し。メンマもキッチリ作られてます。シンプルなラーメンだからこそ、決して手を抜かない。まさにそんな感じのラーメンです。

手打ラーメン 味一@栃木市樋ノ口町 ラーメン2
やや不均等な中細平打麺。ツル・モチッとした食感。センスが光る手打ち麺です。
手打ち麺とはいえ、先程の丸富さんとはかなり性質が異なっているので、まったく飽きがこないです。
とはいえ、お腹はち切れそう。

手打ラーメン 味一@栃木市樋ノ口町 和風ラーメン
「和風ラーメン(580円)」
パッと見分かり難いですが、鰹が泳いでます(笑)。なのにラーメンと値段が一緒なのは、謎。
こちらは、若者にも受け入れ易いラーメンだと思います。

いつもの事でなのでしょうが、この日のお客さんの平均年齢、私達を含めなければ65歳くらい。味、雰囲気を含め、またまたほっこりさせられました。
しかし、そろそろイマドキ系にも足を運ばないと、私のブログが年長者の為の憩いの場になってしまいそうです。

味一手打ちラーメン

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:ラーメン | 栃木駅思川駅新栃木駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

手打ちラーメン 丸富@小山市大川島

この前、小山で食べたラーメンが共栄系だったという事もあり、久しぶりに食べたくなりました。

手打ちラーメン 丸富@小山市大川島 外観
って丸富かい、おい!
理由は、共栄さんで修業されたコチラのラーメンのほうが、個人的に好印象だった為です。しかしながら、なんと6年ぶり。そりゃあ、食べたくなるのも我ながら納得ですよ。

手打ちラーメン 丸富@小山市大川島 メニュー
メニュー。

手打ちラーメン 丸富@小山市大川島 塩ラーメン
「塩らーめん(630円)」
TPにワカメとゴマが乗るのは共通のようです。

手打ちラーメン 丸富@小山市大川島 ラーメン1
「ラーメン(630円)」
なみなみと張ったスープ、バラチャーシュー3枚、確実に200gはありそうな手打ち麺。これで630円は素晴らしいです。

寸胴でチャーシューを茹でているだけあって、豚中心の動物系を香味野菜等が優しく包み込むかのようなスープ。ベースとなる出汁感は、やはり共栄系ならではです。なので、一般的な佐野系とは一線を画します。
但し、特有のワイルドさはやや控えめに感じました。過去に2度訪問していますが、いずれも13時を過ぎた頃。今回は始めてのシャッターポール(11時)でしたから、寸胴がフレッシュだったのかもしれません。

手打ちラーメン 丸富@小山市大川島 ラーメン2
ホロホロチャーシュー3枚とは、まさに嬉しい!?悲鳴(当然連食なので)。

手打ちラーメン 丸富@小山市大川島 ラーメン3
ピロピロの手打ち麺。コシは弱いものの、不揃い特有の歯応えと喉越しを楽しめます。手作感満載。

思いが叶って、幸せいっぱい腹いっぱい。次がとっても心配です。

手打ちラーメン丸富

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:ラーメン | 新大平下駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

手打ちそば 木楽里@上三川町鞘堂 【閉店】

手打ちそば 木楽里@上三川町鞘堂 外観
日中の最高気温が30度を越えたある日、ラーメンもいいですが、こう暑くちゃ冷たい蕎麦が恋しくなるに決まってますね。と向かったのはコチラ木楽里さん。信号機がほとんど無い新幹線の高架橋下を走れば、早いです。

手打ちそば 木楽里@上三川町鞘堂 店内
清潔感のある店内。個人的にはもうちょっと照明が明るいほうがいいかな。だって、薄暗いと目とカメラが・・・。

手打ちそば 木楽里@上三川町鞘堂 メニュー1

手打ちそば 木楽里@上三川町鞘堂 メニュー2
当然食べる物は決まってます。あとはこちらの二八か田舎を決めるだけ。

手打ちそば 木楽里@上三川町鞘堂 カツ丼セット
「カツ丼セット(930円)」
税込みで千円切りはありがたいです。そしてこのシンプルさがいい!

手打ちそば 木楽里@上三川町鞘堂 田舎そば
田舎そばをチョイス。
田舎そばっていうと、ボソっとした質感でブツブツ切れちゃいそうだったりもしますが、予想に反して、適度な歯応え、そしてなんと言っても風味・旨味をしっかりと感じる美味しい蕎麦じゃないか!
例えるなら「お前ん家、超田舎だって聞いてたたけど、近所にコンビニもあるし、何気に都会じゃん」的な。
それと、汁はややショッパめ。でも、これは自分でコントロールできますから、問題ないでしょう。

手打ちそば 木楽里@上三川町鞘堂 カツ丼1
私的にジャストなハーフサイズ。
蕎麦がなかなかのクオリティーですから、勿論かつ丼だって旨いに決まってます。

       手打ちそば 木楽里@上三川町鞘堂 カツ丼2
絶妙な味付けです。

カツ丼そばセット、大変満足できました。そりゃ、お客さんも11時の開店から途切れる事無く続々ご来店されますよ。

手打ちそば 木楽里

昼総合点★★★☆☆ 3.5



関連ランキング:そば(蕎麦) | 石橋駅おもちゃのまち駅国谷駅


テーマ:丼物 - ジャンル:グルメ

朱竹食堂@下野市下古山

朱竹食堂@下野市下古山 外観
営業時間や定休日がまったく分かりませんでしたが、ずっと気になっていたので、思い立った吉日に訪問してみました。11時5分前到着。既に商い中の札が。ひと安心。

朱竹食堂@下野市下古山 店内
昭和ど真ん中な店内。カウンターは無く、他に座敷が2つありました。

朱竹食堂@下野市下古山 メニュー1

朱竹食堂@下野市下古山 メニュー2
上記したような営業形態の状況から、何を食べるかまったく考えずに来ました。メニューを見て直感で選びたいと思います。

       朱竹食堂@下野市下古山 メニュー3
おお、お得なラーメン絡みのセットメニューがあるではないか。ならば・・・

朱竹食堂@下野市下古山 ラーメンセット1
「ラーメンセット(800円)」
食堂としては、ビジュアルパーフェクトでしょう。フロアーも兼任で担当する優しそうなおじいちゃんが運んできてくれました。

朱竹食堂@下野市下古山 ラーメンセット2
ほんのり鶏ガラの存在はあるものの、雑味の無いサッパリスープ。ゆで卵に掛かった胡椒が昭和へと誘ってくれました。チャーシューも適度に柔らかくて美味。そして一見普通の中華麺のようですが、伸び難そうな存在感のある麺でした。
これから貴重になるであろう、懐かし系のラーメンでした。

朱竹食堂@下野市下古山 ラーメンセット3
手作り感満載の羽根つき餃子。具の野菜を荒く切ってある辺り超私好み。この餃子、やや大振りだし6個が300円とお手頃ですから、単品狙いもアリでしょう。

       朱竹食堂@下野市下古山 アイスコーヒー
食後に、なんとコーヒーが付いてきました。器的にホットかと思いきや、意外に微糖のアイスコーヒーでした。

ラーメンは想定内として、餃子はなかなかのクオリティー。もう一度言っておきますが、とにかく家庭的なところがGoodでした。また機会があったら伺おうと思います。

朱竹食堂

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:定食・食堂 | 石橋駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

六番@宇都宮市下平出町

以前にも書き込んだかもしれませんが、昔清原に数年間住んでました。しかし残念ながら、こちらのお店は完全スルーしてました。今となっては、むしろかなりそそられます。

六番@宇都宮市下平出町 外観
営業開始時間が分からず、11時20分に到着。暖簾は掛かっていなく、店内は真っ暗。もしかしてお店畳んでしまったのか?  
勝手に11時開店と思い込んでいる自分がいる。近所をウロウロしながら、再度11時30分に訪問。開いてて良かった~

ちなみに、北陸を中心に展開している8番らーめんとは一切関係がございません。

六番@宇都宮市下平出町 店内
カウンター側からの撮影。食堂としてはオーソドックスなレイアウトです。

六番@宇都宮市下平出町 メニュー1

六番@宇都宮市下平出町 メニュー2
メニュー構成から、ラーメンを主軸とした食堂のようです。ならば・・・

六番@宇都宮市下平出町 チャーハンセット
「チャーハンセット(830円)」
食堂でセット物があるのは、案外レアだったりします。ありがたや。

六番@宇都宮市下平出町 ラーメン
動物系は控えめに、乾物系中心のさっぱりスープ。予想通りコクは弱めではありますが、雑味が無いので病み上がりにモッテコイ的なラーメン。
スープの染み込んだロースチャーシューと王道の中華麺のコンビネーションが、今更ながらタマラナイ。

六番@宇都宮市下平出町 半チャーハン
ここまでシンプルな味付けのチャーハンは久しぶりだ。イメージ、親戚のおばさんが作ってくれたような、素朴で家庭的な味わいのチャーハンでした。で、チャーハンを頬張りながら『ラーメン食べに来てるんだから、冷奴なんて要らねえよな』なんて考えつつ仕方なく箸に取りました。その結果・・・
やっぱり旨えじゃないか! そうなんです。この日は晴天で暑いくらい。気が付けば、冷奴が美味しく感じる季節になったという事でしょう。

食べ終えて店を出る頃には、続々とお客さんご来店されてました。機会があったら、カツ丼やカツカレーも攻めてみたいと思います。来れて良かった~

六番

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:中華料理 | 岡本駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

島原食堂@宇都宮市西川田

久しぶりの駅前食堂シリーズ。

島原食堂@宇都宮市西川田 外観
場所は東武線西川田駅徒歩1分。この界隈、前回訪れた記憶がすっ飛んでます。

島原食堂@宇都宮市西川田 店内1

島原食堂@宇都宮市西川田 店内2
座敷&テーブル席のレイアウト。テーブルが親戚のおばちゃん家のダイニングにありそうな趣。

島原食堂@宇都宮市西川田 メニュー1

島原食堂@宇都宮市西川田 メニュー2
とんかつ類がメインの食堂です。ラーメンが気になりましたが、予定通り王道で臨んでみる事にします。

島原食堂@宇都宮市西川田 カツカレー1
「かつカレー(850円)」
カレーに冷奴と漬け物は個人的に要らないような気がしますが、この季節妙に美味しいんだよな~

島原食堂@宇都宮市西川田 カツカレー2
食堂のカレーは日々変化しますので一概には言えませんが、程よい寝かし具合で、コク・小麦粉感・塩分、非常に調和が取れたポークカレー。スパイシーさは控えめでした。
案外何かが欠けている場合も稀にありますから、正真正銘、案心・安全の美味しいカレーとはまさにこの事でしょう。

島原食堂@宇都宮市西川田 カツカレー3
揚げ立てサクサク。荒めのパン粉もトータル的な旨さに一役買ってます。

満足しました。カツ丼やラーメンがかなり気になってきました。機が熟した頃、また伺おうと思います。

島原食堂

昼総合点★★★☆☆ 3.3



関連ランキング:定食・食堂 | 西川田駅


テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

次のページ