つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

よし川家@大田原市住吉町

11時45分、大田原市の白河系某ラーメン店に到着すると、暖簾が出ていない。ん? 
11時半開店のはずだし、定休日もしっかりチェックしてきたのになぁ。ラーメン食べる為だけに、片道1時間半掛けて来たっていうのに・・・。仕事大遅刻だよ!
仕方ない、久しぶりに近くのコチラで食べようかとも思いましたが、頭の中は白河ラーメンの事でいっぱいです。

よし川家@大田原市住吉町 外観

で、私的に一番行ってはいけない時間帯(12時ちょい過ぎ)に到着したのはこちら。ベタですみません。
やはり店内はほぼ満席でしたが、運良くテーブル席を確保。よし川家さんは、カウンター席がちょこっとしかありません。



よし川家@大田原市住吉町 メニュー

過去のブログをチェックしたら、なんと9年ぶり。塩ラーメンなんてあったかな?
目と鼻の先に日赤があった時代、どう見たって入院中だろうおじいちゃんが、パジャマ姿でラーメン啜ってたっけ(笑)。



よし川家@大田原市住吉町 中華そば1

「中華そば(650円)」
丼が運ばれてきた時点で、程よい鶏ガラと乾物系の香りが立ち込めます。味わい的にも、まさにそんな感覚。若干酸味を感じますが。
昔はもうちょっと脂が浮いていて醤油も強かったような気もしますが、9年ぶりですし、そこはスルーしておきます。

そういえば約20年前、県内初のローカルラーメン本が某社から出版さました。それを参考に当時、よし川家さんに速攻伺ったのが懐かしい。あの頃は純粋にお店の紹介されていたんだろうなぁ~ 




よし川家@大田原市住吉町 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
ちなみに、スモーキーさは控えめです。 さあ、速攻帰ります!

出版会社さん、もうラーメン本はお腹いっぱいなので、「栃木 いにしえの食堂巡り」企画なんていかがですか? 私は率先して購入しますよ~

よし川家



関連ランキング:ラーメン | 西那須野駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

東宝食堂@大田原市中央

東宝飯店@大田原市中央 外観1
食事だけがが目的だと、大田原は遠いよ。往復2時間半だもんなぁ。
と、やってきたのは大田原のメシャーな食堂。シャッターポール、これ基本ね。

東宝飯店@大田原市中央 店内1

東宝飯店@大田原市中央 店内2
カウンターは無く、このようにテーブルと座敷が少々。この後、続々とお客さんがご来店されてきました。

東宝飯店@大田原市中央 メニュー
今回は2人体勢。私的に先ずはコレだな。

東宝飯店@大田原市中央 手打ちラーメン1
「手打ちラーメン(600円)」
どんよりと濁ったスープ(ビジュアレ的に、こういうの大好きです)は、動物・節系の旨味をそこそこ持たせていて、わずかながら胡椒が全体を引き締めるというイメージ。昭和を感じさせるスープに仕上がってました。ハム入りの辺り、懐かしく思われる方もいらっしゃる事でしょう。

東宝飯店@大田原市中央 手打ちらーめん2
手打ちといっても、佐野や白河系のようなピロピロした平打ちではなく、ややウェーブした中細麺って感じです。勝手な妄想ですが、もしかしたら他社(店)に委託しているのかもしれません。
純粋に麺を楽しむというより、らーめん全体のバランス重視の方向性で臨まれるとよいかと思います。

食堂でたまに出くわす無個性の半出気合いではないし、だからといって次いで的な中途半端な感じも無い、強いて挙げるならまさにこれが『東宝スタイルラーメン』
味わいの感覚は様々でしょうが、これまた昭和に誘ってくれるタイムマシーンであるのは間違いありません。

もう一品注文しましたが、カテゴリー分けしたいので、次回に引っぱります。

東宝食堂

昼総合点★★★☆☆ 3.1



関連ランキング:定食・食堂 | 西那須野駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

FC2Ad