つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

めんや天夢@栃木市沼和田町 2

めんや天夢@栃木市沼和田町 2 外観 

ぼたんさんに続いて2軒目。
おじさん的には、気力・体力勝負のお店。でも、今回はきっと大丈夫でしょう。
そういえば、道中コチラのお店が、閉店または改装中でした。ご確認下さい。



めんや天夢@栃木市沼和田町 2 メニューの一部

前回訪問時からずっと気になってました。
その間、テーブル席がウェイティングシートとなり、カウンターのみの、いわいるG系システムになってました。



めんや天夢@栃木市沼和田町 2 黄金の100%煮干しらーめん1

「黄金の100%煮干しらーめん(850円)」
念願叶ったり。いよいよです。



めんや天夢@栃木市沼和田町 2 黄金の100%煮干しらーめん2

完全な淡麗スープかと思いきや、わずかに濁りがありますよ。
一口啜ってみると、予想以上に煮干し満載。でもエグミ等はかなり控えめですね。特徴的なのは、バター(イメージ)のような芳醇な余韻が残る点。これは初めての体験です。シンプルな水出し煮干しで、これだけ複雑なスープに仕上がるなんて、まさにイリュージョンですよ。
そして相変わらずチャーシューが旨いのが、またいいね。箸休め的に、忘れかけてた動物頬張ると落ち着きます(笑)。



めんや天夢@栃木市沼和田町 2 黄金の100%煮干しらーめん3

パツパツとした食感の低加水細麺。この手のスープにはこれしかないでしょう的な組み合わせ。
やはり皆さん替え玉されてました。

個人的に昭和的オーソドックスなラーメンを好むので、この手のお店は一度訪問したらおしまいっていうのが常なのですが、黄金狙いで来てよかったです。
完全燃焼しました。

天夢



関連ランキング:ラーメン | 栃木駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば ぼたん@栃木市薗部町 2

中華そば ぼたん@栃木市薗部町 2 外観

グランドオープンした、ぼたんさんへ訪問してみました。



中華そば ぼたん@栃木市薗部町 2 メニュー1

中華そば ぼたん@栃木市薗部町 2 メニュー2

中華そば ぼたん@栃木市薗部町 2 説明書き

レギュラーメニューはこんな感じ。セットメニューがあるのがいいね。
プレオープンのときに中華そばを食したので、今回はコレだ!



中華そば ぼたん@栃木市薗部町 2 濃口背脂中華そば1

「濃口背脂中華そば(750円)」
老舗燕三条系とはやや趣が異なりました。
カエシは専用に作られていて、これがまた背脂と融合することによって、奥深い味わいとなってます。
しかしながらチャーシューと一緒に頬張れば、モヤシも予想以上にいい仕事してくれてますよ。



中華そば ぼたん@栃木市薗部町 2 濃口背脂中華そば2

麺はデフォと同一。

前回も書き込みましたが、デフォを含め着飾らないシンプルさには大変共感が持てました。
それでいてちゃんとぼたんらしさは残してるんですよね~

あれっ、Andy丼は? と思われた方もいらっしゃると思います。頑張ってもう一軒行く予定なのです。
前日の晩酌量を調整すれば、なんとかなるのです。

中華そばぼたん



関連ランキング:ラーメン | 栃木駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華そば ぼたん@栃木市薗部町

中華そば ぼたん@栃木市薗部町 外観?

惜しくも閉店されたラーメン店のテナントに、ぼたんさんがプレオープンしました。
本来なら、通常営業になってから訪問するべきなのでしょうが、ぼたんさんなら全く問題はないでしょう。
尚、外観の撮影忘れてしまったので、私の引き出しからなんとか雰囲気を出してみました。
なので、画像はイメージです(笑)。



中華そば ぼたん@栃木市薗部町 メニュー

こちらのテナント、カウンター席が少ないんですよ。
私と肩を並べているお客さんの迷惑にならぬよう、今回はスマホの消音モードで簡潔に撮影しました。
空気は読みますよ~



中華そば ぼたん@栃木市薗部町 中華そば1

「中華そば(650円)」
全く着飾っていません。平成を逆行するような出で立ちです。いい!
動物系がグイグイ旨味を醸し出してきます。しかし洗練されていて、とても上品。深々という形容がピッタリ当てはまるスープ。
心機一転、新たに攻め込んで行かれる気持ちがきっちりと丼に反映されてているかのよう。
一見ベーシックな趣なのに、何故攻め込むと書き込んだかと申しますと・・・



中華そば ぼたん@栃木市薗部町 中華そば2

このヌチっとした質感の中太ストレート麺が、ありそうで無い風合い。存在感も素晴らしい。
県南は手打ち文化が浸透してますが、それに食べ慣れた方が違和感を覚える事なく、すんなり受け入れてくれそうな麺です。

あちらこちらでラーメン食べ歩いている私でさえ、近くにあれば休憩がてらちょいとお邪魔したくなる、そんなラーメンでした。
今後が楽しみですね。

中華そばぼたん



関連ランキング:ラーメン | 栃木駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

支那そば 宮之蔵@栃木市箱森町 2

支那そば 宮之蔵@栃木市箱森町 外観

とても気になっていたラーメンがどうしても食べたくて、再訪問してみました。
てか、また道に迷っちゃったよ。



支那そば 宮之蔵@栃木市箱森町 店内

約1年半ぶりです。
店内に流れるBGM、同市で流行ってるのかな(笑)。



支那そば 宮之蔵@栃木市箱森町 メニュー

チャーハン始めたり麺類もわずかに変更がありました。あれっ、私の求めていたラーメンが見当たらない・・・。
ならば!



支那そば 宮之蔵@栃木市箱森町 支那そば 塩1

「支那そば 塩(650円)」
前回醤油でしたので、こちらをチョイス。
宮之蔵さんがオープンして落ち着いた頃食べた醤油は、穏やかな和風テイストでしたが、こうしてスープを目視するだけでもかなり様子が変わっている予感。実際にも、鶏等の動物系がぐいぐいとアピールする旨コクスープに変貌。だからって平成まっしぐら系の一歩手前にチューニングしてあるのは憎い演出。
旨し! いつからなのかは分からないけど、進化してますねぇ~



支那そば 宮之蔵@栃木市箱森町 支那そば 塩2

パツパツとした中細麺に大きな変更はありません。更にスープとの相性が良くなったと思います。



支那そば 宮之蔵@栃木市箱森町 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
バラロールじゃなくなったのね。部位が異なるチャーシューなので、味わい・質感共に楽しめました。

お目当のラーメンは不在となっていましたが、進化の過程を垣間見ることができて満足致しました。

蔵之宮



関連ランキング:ラーメン | 新栃木駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺蔵あつお@栃木市倭町

麺蔵あつお@栃木市倭町 外観

某人気店で修行された方が、惜しくも閉店された某人気店のテナントでオープンされました。
もういいかい? あれっ、まだ開店祝いの面影が・・・。



麺蔵あつお@栃木市倭町 メニュー

きっちり絞り込まれたお品書き。いい!



麺蔵あつお@栃木市倭町 醤油1

「醤油(700円)」
はい、イマドキ系丼来たー!



麺蔵あつお@栃木市倭町 醤油2

概ね鶏がじわじわと押し寄せてきます。カエシの影響もあるとは思いますが、とても重層感のあるスープです。なので清湯としてはかなり濃度が高いですが、最後まで飽きずに楽しめる。そして大葉に負けず、っていうか、程よいアクセントとなってますね。
なんとなく七味をちょっとだけ試したくなる趣のスープです。



麺蔵あつお@栃木市倭町 醤油3

全粒粉配合だったのか。予想以上に加水率が高めの方向に振ってありますが、しっかりと主張してきますね。
未確認ですが、これなら濃厚鶏白湯も同一の麺なのかもしれません。



麺蔵あつお@栃木市倭町 鶏塩

「鶏塩(700円)」
カエシが介入しない分、よりダイレクトに鶏がアピールしてきました。

既にどちらも完成度が高いです。ですから、どちらをチョイスしても後悔する事はないはずです。



麺蔵あつお@栃木市倭町 追い玉

「追い玉(200円)」
先ずはそのまま食べてみます。
丼の底に沈んでいるチャーシューの煮汁を用いたかのような、甘塩っぱいタレを絡めます。麺は茹で上げがかなり早い為、プツ・ポソっとした食感。TPもされてますし、これだけでも十分料理として成立しますね(個人的に汁無しはちょっと)。
がしかし、途中から追いスープしても楽しめるんだってぇ~

栃木市はラーメン激戦区ですが、あつおさんが人気店の仲間入りするのは時間の問題でしょう。
さあ、私はネクタイを外して、またいつもの修行に戻ります(笑)。

麺蔵あつお



関連ランキング:ラーメン | 栃木駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad