つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

麺堂之介@栃木市樋ノ口

麺堂之介@栃木市樋ノ口 外観

麺堂HOMEさんが、セカンドブランドを立ち上げました。
開店されて一ヶ月経過はしているものの、いまだにプレオープンが続いてました。麺堂HOMEといえば、麒麟児の星氏と師弟関係だと思われますから、星氏が厨房に立っていた頃の虹の麺で提供されていた燕三条系ラーメンの再来なのかと勝手に妄想しちゃいます。



麺堂之介@栃木市樋ノ口 券売機

どっちみちデフォ狙いですから、プレオープンでもまったく問題ありません。



麺堂之介@栃木市樋ノ口 内観1

こうしてカウンター中心のレイアウトかと思いきや・・・



麺堂之介@栃木市樋ノ口 内観2

きっちりファミリーユーズにも対応。



麺堂之介@栃木市樋ノ口 説明書き

ハーフご飯が50円ってのが素晴らしい。



麺堂之介@栃木市樋ノ口 背脂煮干し中華そば1

「背脂煮干し中華そば(800円)」
やはり星氏の修業先からずっと受け継がれてきたビジュアルです。懐かしい~



麺堂之介@栃木市樋ノ口 背脂煮干し中華そば2

何かが突出する訳でもない、調和の取れた上品な清湯スープではありますが、風味・旨味より、わずかに塩気が先に立つ仕上がり感。だからって角が立っているなんてことは当然ありえませんよ。だって背脂入りですから(笑)。
まあ、この辺りは今後熟成されていくと思います。いずれにせよ、現状でも普通に旨し!



麺堂之介@栃木市樋ノ口 背脂煮干し中華そば3

モチっとした質感の太麺は、磯屋商店社製。
ツルッと感が備わっていて、尚且つスープに絡んでくる星氏の自家製麺が懐かしいなぁ。

これからが楽しみなお店だし、足しげく通えば進化の過程が垣間見れる事でしょう。きっとヤング達も限定品が待ち遠しいではず。
おじさんは、本場老舗のまったりした燕三条系ラーメンが恋しくなってきました。

麺堂之介



関連ランキング:ラーメン | 思川駅栃木駅新栃木駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

チャイナハウス童童@栃木市平柳町

チャイナハウス童童@栃木市平柳町 外観

栃木市内で屋号に「童」が付いていれば、美味しいに決まっているはず!?



チャイナハウス童童@栃木市平柳町 内観

カウンターは無く、テーブル&座敷のレイアウト。



チャイナハウス童童@栃木市平柳町 メニュー1

チャイナハウス童童@栃木市平柳町 メニュー2

何も考えず飛び込みで来店した場合、この様な豊富なセット類にパニクってしまいそうです。



チャイナハウス童童@栃木市平柳町 半チャーセット

「半チャンセット(970円)」
普段なら手頃な価格でちょっとだけ量の少ない「とんとんランチ」なのでしょうが、この日は珍しく超空腹状態。いけるはず。

カエシ感は控えめ、わずかな酸味を伴って魚介系の風味・旨みが冴え渡ります。これは中華屋さんの清湯スープとは一線を画しますよ。
ご覧の様にデカい肩ロースチャーシューも柔らかくて旨し。そのエキスが魚介スープに染み出してくるのだから、たまんないねぇ~



チャイナハウス童童@栃木市平柳町 麺

手打ち風のモチっとした中太縮れ麺。
味わいは異なれど、トータル的に県南における老舗店を彷彿とさせるスタイル。おじさん達のハートをガッツリ鷲掴み。



チャイナハウス童童@栃木市平柳町 半チャーハン

シンプルな味付けながらも、上記したチャーシューが唯一無二のステージへと誘ってくれる、ふんわりチャーハン。

地域限定とするならば、予想通り「童の付くお店に外れ無し! 」です(笑)。

チャイナハウス童童



関連ランキング:中華料理 | 新栃木駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

かどや食堂@栃木市大町

かどや食堂@栃木市大町 外観

人気店と伺っていたので、シャッターポールを目指したのですが、間に合わず開店10分後に訪問。
この段階で先客は2組と、ひとまず安泰。たまたまなのかもしれませんが、この前訪問した萬来軒さんの時と同じ状況でよかったよ。まあ、それだけ栃木市は名店揃いなので、食べる側も選択肢が豊富にあるって事だよね。



かどや食堂@栃木市大町 内観

他にも厨房側にカウンター席がありました。ランチタイムともなると、大賑わいするのでしょう。



かどや食堂@栃木市大町 メニュー1

かどや食堂@栃木市大町 メニュー2

安いよね。初訪問なので、とりあえずはいつものアレを注文しますか。と思っていたら・・・



かどや食堂@栃木市大町 ランチメニュー

更にお得なランチセットがあるではないか! やっぱラーメン食べるなら平日に限るって事で。



かどや食堂@栃木市大町 ラーメン

「ラーメン 半チャーハン(650円)」
ラーメンの単独画像ですみません。どうやら半チャーは出遅れた模様。問題ないよ~
動物・魚介系のバランスが非常にいいね。そして、この適度な旨味加減が、原点回帰している私のハートを鷲掴み(笑)。
各パーツも手抜き無しで、単品でもたったの450円也とは素晴らしいじゃない。
そもそもラーメンていうのは、こういうもんなんだよ。と、久しぶりに激しく実感。



かどや食堂@栃木市大町 麺

麺は王道の中華麺の範囲内な印象。これでいいんです!



かどや食堂@栃木市大町 半チャーハン

正直、量的には少なめですが、価格的に納得です。
やや胡椒が強いものの、バランスの取れた味わい。米が一粒一粒しっかり主張してくる辺りは流石だね。他のメニューも期待大でしょう。

予想通り、いいお店で大満足。
余談ですが、同市で同じ屋号を持つ、これまたコスパのいいお店が閉店されたのが残念。もう一回食べたかったなぁ。

かどや食堂



関連ランキング:定食・食堂 | 新栃木駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

大益ドライブイン@栃木市西方町

大益ドライブイン@栃木市西方町 外観

昭和ドライバーさん達のオアシス、ドライブインに入るのも、最近は全く抵抗が無くなりました。むしろ楽しみ。
とやってきたのは、こちら大益さん。興味を惹かれるネタが転がってそう。



大益ドライブイン@栃木市西方町 内観1

テーブル席中心の店内。昔は扉の向こう、座敷も解放されていて大賑わいだったのでしょうね。



大益ドライブイン@栃木市西方町 内観2

大まかに食堂的メニュー構成。見え難くてスミマセン。



大益ドライブイン@栃木市西方町 メニュー

こちらがメインなのかな。今回は一切迷う事はありません。だって、店先に・・・



大益ドライブイン@栃木市西方町 おすすめメニュー

こりゃ、そそられますよね! 先ずはコレだ~



大益ドライブイン@栃木市西方町 ガッツスペシャル

「ガッツスペシャル!!(1,100円)」
ガッツ石松氏のおすすめメニュー。バナナの次に?大好物なのかな。
奥深いニンニク醤油のタレだけで、丼飯一杯食えそう。コレ、男性で嫌いな人いないんじゃないかな。まさに看板料理に恥じない一品。
続きまして・・・



大益ドライブイン@栃木市西方町 ラーメン

「ラーメン(450円)」
イマドキ系的な軍鶏がダイレクトにアピールするタイプではなく、概ね食堂系的味わい。
スープを幾度か口に運んだ頃、鶏ガラの余韻が舌の上に留まっていく感覚。大人のチューニングですよ。



大益ドライブイン@栃木市西方町 麺

一瞬、柔目に感じましたが、そうではなくシットリとした食感が持ち味の中細麺。このスープにぴったり。



大益ドライブイン@栃木市西方町 コーヒー

食後にコーヒーのサービスがありました。
どの程度栃木軍鶏を用いてるのかは謎ですが、たったの450円でこんなにも至れり尽くせりでいいのかな? 申し訳ないくらい。

今回も楽しめました。ちょっと遠かったけど、やっぱ食べ歩きは止められない。

大益ドライブイン



関連ランキング:定食・食堂 | 東武金崎駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ゆず里亭@栃木市星野町

ゆず里亭@栃木市星野町 外観

いや~遠かった。
そういえば、鹿沼行脚の際、この界隈で食べたとんかつラーメン旨かったなぁ~



ゆず里亭@栃木市星野町 内観

カウンター席はありませんが、このように対面式のテーブル席がありますから、お一人様も問題なしです。



ゆず里亭@栃木市星野町 メニュー1

暑いし、場所柄そばも気になるところですが、ここはぐっと我慢。



ゆず里亭@栃木市星野町 メニュー2

こっちいっとかないとね。



ゆず里亭@栃木市星野町 ラーメン

「しょうゆラーメン(600円)」
概ね食堂系的趣のスープではありますが、動物系がそれとなく主張。ソフトタッチのチャーシューが美味。



ゆず里亭@栃木市星野町 麺

ムチ・モチっとした質感の中太縮れ麺。
手打ライクな雰囲気が好みです。しかし、エキスがスープに流れ出ちゃってるのが惜しいところ。



ゆず里亭@栃木市星野町 天そばとかつ丼セット

「ランチ(天そばとミニかつ丼(860円)」
こちらはブログ的に脇役なので、スルーします。いずれにしてもお得なんじゃないの。

以上、いつも通り温かい食事でしたが、この界隈の景色で十分に涼めました。

ゆず里亭



関連ランキング:そば(蕎麦) | 鹿沼市その他



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad