つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

奈佐原茶屋らーめん喜喜@鹿沼市奈佐原町

奈佐原茶屋らーめん喜喜@鹿沼市奈佐原町 外観

またまた鹿沼市にオープンしたお店。場所は、同市の某人気ラーメン店の前身となったテナントです。



奈佐原茶屋らーめん喜喜@鹿沼市奈佐原町 内観

テーブル席からの眺め。他にも座敷が用意されてます。そしてご覧のように、コーヒーのセルフサービス付き。



奈佐原茶屋らーめん喜喜@鹿沼市奈佐原町 メニュー

ラーメンと例幣使街道の接点が何なのかは謎。このメニューバランスなら、是非記載の趣旨を書き込んでほしいところ。



奈佐原茶屋らーめん喜喜@鹿沼市奈佐原町 醤油らーめん

「醤油らーめん(700円)」
なんとも不思議なビジュアルですね。でも、これがデフォなのです。
簡潔に言ってしまえば、あっさりした担々麺と醤油ラーメンをフュージョンしたかのような味わい。ラー油がポイント。
普段なら、確実に注文しない系なので、ある意味新鮮。



奈佐原茶屋らーめん喜喜@鹿沼市奈佐原町 麺

細縮れ麺との組み合わせ。大盛りに近いボリュームです。



奈佐原茶屋らーめん喜喜@鹿沼市奈佐原町 塩らーめん

「塩らーめん(700円)」
連れが注文。カエシの影響だと考えられますが、醤油らーめんにおける特性は控えめで、鶏ガラの優しい旨味が顔を出してきますよ。



奈佐原茶屋らーめん喜喜@鹿沼市奈佐原町 ミニカレー

「ミニカレー(250円)」
これまた優しい味わいのひき肉カレー。

全体的には、唯一無二のラーメンと言えるのではないでしょうか。好き嫌いは別として、こうしてオリジナリティーの追求を図るスタンスには、勇気と度胸が不可欠。凄い!
気になった方は、是非ご自身で確認してみて下さい。

奈佐原茶屋らーめん 喜喜



関連ランキング:ラーメン | 樅山駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ディアレイクカントリークラブ@鹿沼市玉田町 3

ディアレイクさんから優待券が送られてきたので、10か月ぶりにプレーしてきました。では早速。

ディアレイクカントリークラブ@鹿沼市玉田町 2 海老ワンタン麺

「海老ワンタン麺(追い金 400円)」
概ね中華系清湯スープの範囲内ではありますが、ガラの出汁が濃く、予想より旨し!
前回ラーメン注文時も、半チャーハンが添えられていましたが、作り置感満載でした。
今回は、適度にパラパラとした質感。食事のタイミングが良かったか?



ディアレイクカントリークラブ@鹿沼市玉田町 2 海老ワンタン

通常クラブハウスのラーメンは、追い金無しの場合が多いです。
しかし、こうしてかなりデカめの海老ワンタンがゴロンと5個入り、デザートまで付いてくるのだから、致し方あるまい。
おかげで、全部食べきれなかったよ。

苦手だったドライバーに光明が見えてきました。貰ったアイアンしかり、怠けないで練習しよっと。

ディアレイク・カントリー倶楽部



関連ランキング:その他 | 北鹿沼駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 禅@鹿沼市武子

麺屋 禅@鹿沼市武子 外観

おそば屋さんを畳み、心機一転、塩ラーメンの専門店を立ち上げるという暴挙に出たラーメン屋さんが鹿沼にオープンしました。
これは楽しみですね。



麺屋 禅@鹿沼市武子 内観

カウンター席がないのは、居抜きで使われているのかな。おそば屋さんだった面影が残ってますね。
尚、店主さんお一人で切り盛りされてました。


麺屋 禅@鹿沼市武子 メニュー

バターコーンなんて、札幌系をリスペクトしているのかなぁ。
コーンは案外スープに介入してくるし、ジャンク感丸出しになるので、当然パスします。



麺屋 禅@鹿沼市武子 メニュー2

お得なセットがあるじゃないか。やっぱラーメンは平日食べるに限る。



麺屋 禅@鹿沼市武子 塩ラーメン

「塩ラーメン・ミニチャーシュー丼(税抜 980円)」
拘りの塩をブレンドしているのであろう脂感ゼロのスープは、甘く円やかな口当たりで、とにかく奥深い。そこに時間差で鯛の余韻が残ります。こう来たか!
他に昆布的なエッセンスも感じますが、デフォでワカメ入っちゃってるので、よく分からない(笑)。余談ですが、ワンタンメンをチョイスして、動物系の旨味を加えてみるのも面白いかもしれません。
いずれにしても、旨味をしっかりと持たせてありながらも、とにかく上品。イマドキ系のラーメンに慣れ切っちゃった方には、インパクトに欠けると感じてしまうかもしれませんが、その分ご年配の方受けするんじゃないの!?



麺屋 禅@鹿沼市武子 麺

ボソッとした食感の中細縮れ麺との組み合わせ。もうちょっと密度を高めれば、元祖鮮魚系のあのお店にかなり近づくイメージ。



麺屋 禅@鹿沼市武子 ミニチャーシュー丼

タレが後掛けなのがいい。付属のは甘そうでしたので、私は迷わず卓上の醤油をチョイス。
パサっとしたチャーシューなので、スープを上手く吸い上げてくれますし、そこが狙いなのでしょうが、チャーシュー丼となるとどうなのだろう・・・。

塩がガチ主役で、鯛はあくまで脇役。時代に逆行するかのようなこの潔さにとても共感しました。
ぶっちゃけこれが完成形とは思えませんが、久しぶりに時間をおいて再訪したいお店に出会えたよ。これから益々進化していくはずです。

麺屋禅



関連ランキング:ラーメン | 鹿沼駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん もうもう亭@鹿沼市上石川

らーめん もうもう亭@鹿沼市上石川 外観

先月の暮れオープンしました。
焼肉屋さんが経営していますから、カルビやテグタンラーメンがオススメなのかな? それかシンプルな牛骨のスープ。
なんて事は半分外れてる・・・。じつは某氏がプロデュースする塾を卒業されているとか。この前益子で体験したばっかり。



らーめん もうもう亭@鹿沼市上石川 内観

外の花輪が撤収された頃の訪問なので、接客も違和感なし。



らーめん もうもう亭@鹿沼市上石川 メニュー

私が先週訪問した段階では、限られたメニューのみでの提供となってました。行かれる方はご注意下さい。



らーめん もうもう亭@鹿沼市上石川 醤油らーめん

「淡麗 醤油らーめん(650円)」
流行りの豚・鶏チャーシューのコンビネーション等、いわいる平成の中華そば的趣。特に目新しさはありませんが、牛骨ではなく(笑)、概ね鶏系中心の非常に上品なコクスープに仕上げられてます。
カエシ感は異なれど、やはりこの前食べたラーメンとベースが共通しますね。そりゃ、そうだわな。



らーめん もうもう亭@鹿沼市上石川 麺

表面はややボソっ、噛む程にモチっとした質感の細麺。考えられていると思います。

濃厚系は黒い丼と、やはり基本はキッチリ守られてますね。尚、麺は同一かと。
目新しさがあるのでしょう。シャッターが発生していますが(一度フラれました)、いずれは落ち着くとは思われます。
これから益々進化していく事でしょう。

らーめん もうもう亭



関連ランキング:ラーメン | 樅山駅楡木駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

上海料理 大吉@鹿沼市千渡 3

大吉さんが平日のランチタイムのみ、中華そば伸( Chinese-style noodle NOBU )として営業をされてるとか。
ちょっと前の情報でしたが、とりあえず訪問してみると・・・

上海料理 大吉@鹿沼市千渡 3 外観

専用の暖簾のはずが、ご覧のように通常掲げてるタイプとなってました。とりあえずは入店してみます。



上海料理 大吉@鹿沼市千渡 3 内観

店内の変更はありませんね。



上海料理 大吉@鹿沼市千渡 3 メニュー

メニューはレギュラー以外に、こうして単独で麺類が記載されてました。しかし、中華そば伸の名前はどこにも見当たらず。まあ、いいか。



上海料理 大吉@鹿沼市千渡 3 らーめん

「らーめん(500円)」
動物系と香味野菜がじんわり訴えかけ、なんとなく佐野系を彷彿とする味わい。旨いなぁ~
こういうスープこそが飽きさせないんだよね。そこに伝家の宝刀・・・



上海料理 大吉@鹿沼市千渡 3 自家製麺

ムチっとしながらも、喉越しのいい自家製麺がたまらない。
このラーメンが、ワンコインで楽しめちゃうのだから、行かなきゃ損ってもんです。



上海料理 大吉@鹿沼市千渡 3 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
肉厚で歯ごたえ重視のチャーシューも、店主の拘りを感じます。

結局、中華そば伸( Chinese-style noodle NOBU )は見当たりませんでした。やめちゃったのかな。でも問題無しよ。
なんたって、日替わりランチの麻婆豆腐とラーメンのセットなんて、これまたたったの500円で楽しめちゃうのです!
材料費にコストが掛かってるとはいえ、イマドキ系の厚化粧ラーメンに700円以上出費するのなら、私はこんなラーメンをいつまでも愛し続けたい。
大吉さん、オススメです。

上海料理 大吉



関連ランキング:上海料理 | 鹿沼駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad