つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

佐野青竹麺ゆうじ@佐野市堀切町

よっしゃ、行けそうだ! 体調もあるのですが、前日の酒量に左右される傾向があるように感じます。

佐野青竹麺ゆうじ@佐野市堀切町 外観

ばくらさんが代替わりしたらしいので、2軒目にチョイスしてみました。とはいえ3年ぶり。記憶が曖昧です。



佐野青竹麺ゆうじ@佐野市堀切町 内観1

到着したのが11時半過ぎ。数十人が並んでる某老舗店を横目に、ゆうじさんに伺ったのですが、地元ファミリー達が各々に楽しまれてました。



佐野青竹麺ゆうじ@佐野市堀切町 内観2

普段はランチセットも提供しているのですね。これは地元の方にはありがたい。



佐野青竹麺ゆうじ@佐野市堀切町 メニュー

ん、ラーメンの値段が安くなってないか?



佐野青竹麺ゆうじ@佐野市堀切町 ラーメン

「ラーメン(630円)」
前回食べた印象とはなんとなく異なるイメージ。特にカエシの趣なんか、わずかに攻めてきてる予感。ナルトが新顔とはいえ、各パーツはきっちり継承されていますね。
感想として、ほっこり感を求める方々には意表を突くラーメンかもしれません。勿論、完成度は高いですよ。



佐野青竹麺ゆうじ@佐野市堀切町 麺

ツル・モチっとした食感で、うどんライクから糸の様な繊細なタッチまでを描く、計算された乱切りの手打ち麺。
あまりに食感が楽し過ぎて、いつまでも食べ続けたい(妄想)。これぞゆうじさんの真骨頂!



佐野青竹麺ゆうじ@佐野市堀切町 しおラーメン

「しおラーメン(730円)」
比較すると、円やかな塩と鶏が前面に顔を出すスープ。平成のラーメンに食べ慣れた若者達にも違和感なく受け入れられるチューニング。また、そういう機会のないお年寄りだって、きっと新鮮に感じてくれるだろう、言うならばネオ佐野系スタイルな塩ラーメン。


正月2日目で、一瞬たりとも並ぶ事なくすんなり食事ができた事が、今回の正月ラーメンツアーの最大の成果だったと思います。
この歳でラーメン屋に並ぶなんて、まっぴらゴメンだぜ。

ゆうじ



関連ランキング:ラーメン | 堀米駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

青竹手打麺 ゆたかや@佐野市田島町

ゴルフ同様、毎年恒例の正月佐野ラーメンツアー。
いつも書き込んでますが、アウトレットや厄除け大師に近寄らなければ、車はスイスイなのです。さあ、今年しょっぱなのラーメンはコレ。

青竹手打麺 ゆたかや@佐野市田島町 外観

こちらの店舗にお邪魔するのは、じつに9年ぶり。ゆたかやさんになってからは、初訪問となります。
さあ、どんな佐野ラーメンに出会えるのか楽しみです。って、事はない。ヒント、暖簾の色。



青竹手打麺 ゆたかや@佐野市田島町 内観

靴脱がなくても、入店できました。



青竹手打麺 ゆたかや@佐野市田島町 メニュー

シンプルなメニュー構成に好感が持てますね。



青竹手打麺 ゆたかや@佐野市田島町 手打ちラーメン

「手打ちラーメン(600円)」
上品な動物系のコクと、野菜達の奥深さ。そこに歯ごたえを残したバラロールチャーシュー。たまんねぇ~
丁寧に仕込まれているのをしっかりと感じ取れますし、味わい的に私の思うハイレベルな佐野ラーメンの王道ココにあり! って趣。



青竹手打麺 ゆたかや@佐野市田島町 麺

表面をわずかにザラつかせた、やや硬質な中細手打ち麺。麺一本一本が主張してきます。
これぞ叶屋イズム。緑の暖簾も伊達じゃないよ。いい!



青竹手打麺 ゆたかや@佐野市田島町 餃子

麺に比べると、ツル・モチっとした質感の皮の中は、しっとり野菜達がわずかな豚肉と一体となって、旨味炸裂。汁漏れ注意(笑)。
やはり高レベルな佐野系王道の餃子です。3個があれば、尚良し。

ひと言で、佐野スタンダートとなるラーメン・餃子だと思います。旨かった~
佐野ラーメンデビューする方やビギナーさん達には、ゆたかやさんは基準(模範)店となる事でしょう。食べ比べが楽しくなるよ~


2人体制とはいえ、1軒目で餃子5個注文してしまったのが不安材料ではありますが、悔いは全くありません。
さあ、2軒目に突入します。

ゆたかや



関連ランキング:ラーメン | 田島駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

森田屋 東店@佐野市高萩町

2軒目はコチラ。

森田屋 東店@佐野市高萩町 外観

あれっ、今回のチョイスはAndyらしくないなぁ~
と思われても仕方ない。行脚では常に攻めてますから、たまには安心・安全でいきますね。スンマソ。

宝来軒を後に11時20分到着。軽いウェイティングに遭遇してしまった。既に人気店ですね。



森田屋 東店@佐野市高萩町 個室

VIPルームへとご案内されました。選ばれた方達のみが案内される極上の空間(嘘)。



森田屋 東店@佐野市高萩町 メニュー

平日でさえランチセットなどはありません。この辺りも総本山的スタンスです。



森田屋 東店@佐野市高萩町 中華そば

「中華そば(600円)」
動物系がじわじわと押し寄せる、トロッとしたコクスープ。これぞ森田屋イズム!いいね~
総本店より洗練されているようにも感じます。これはお客さんほっとかないわ。



森田屋 東店@佐野市高萩町 チャーシュー

柔らかチャーシュー(煮豚)なんて、こんなに分厚いのですよ。これ2つとも3等分したら、チャーシューメンになっちゃうよ。コスパもいいね。
肉や卵は胃にズシンときますから、かなりキツくなってきたぁ。



森田屋 東店@佐野市高萩町 麺

ピロピロ麺もしっかりと継承されてます。こちらは先ほどとは異なり、フレッシュタイプ。
ソフトタッチな質感で、細目の部分なら飲めます。



森田屋 東店@佐野市高萩町 餃子

「手作り餃子 3ケ(280円)」
既にお腹パンパンになってしまった為、1つだけね。残りは連れに。
デカ餃子なので、中身はシャキシャキorシットリ野菜かと思いきや、しっかり肉も入ってたのは以外。



森田屋 東店@佐野市高萩町 完食

奇跡の連チャン完食! ドンブリもこれまた継承。タマランチ。

2軒共々老舗有名店(系)ですが、まったく異なったラーメンだったので、苦しいけど楽しかったです。
佐野ラーメンの懐の深さに感謝。

森田屋 東店



関連ランキング:ラーメン | 佐野市駅佐野駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

宝来軒@佐野市浅沼町

宝来軒@佐野市浅沼町 外観

こんな老舗有名店、なんで今更? と思った方もいらっしゃるでしょう。
じつは私、初めてブログアップするのですよ。いや~、20年ぶりの訪問です。



宝来軒@佐野市浅沼町 内観

味はなんとなく記憶に残ってますが、内観はこんな感じだったのね。
ちなみに、わずかながらカウンター席も完備しています。



宝来軒@佐野市浅沼町 メニュー

せっかく佐野まで来たのだから、今回も2軒予定しております。
その為に7時に起床したんだからぁ(ゴルに起こされた)。



宝来軒@佐野市浅沼町 張り紙

となれば、ある意味ありがたきお言葉。考え込まずに済むってもんだ。



宝来軒@佐野市浅沼町 ラーメン

「ラーメン(600円)」
コレコレ。佐野の老舗店としては醤油が強いのが宝来軒さんの特徴。過度な脂・コクは控えめですが、じんわり旨し。
兄ちゃん時代、初めて食べたときは「なんか東京ラーメン的スープだな」なんて思いましたが、年取るとそんなの吹っ飛んじゃうね!
特筆すべきは、果肉系食感のメンマ、ソフトタッチのロースチャーシューが美味な事。これぞ老舗店だからこその匠の技ですよ。



宝来軒@佐野市浅沼町 麺

ツルッと適度にコシを持たせたピロピロ麺。寝かせタイプかも。ですから飲めません。



宝来軒@佐野市浅沼町 完食

いっちゃったよ!
塩っぽいビジュアルの佐野ラーメンはどうも苦手。という方には向いてると思います。
連食しないのであれば、是非チャーシューメンをオススメしたい。

宝来軒



関連ランキング:ラーメン | 佐野駅佐野市駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

岳乃屋@佐野市栃本町

岳乃屋@佐野市栃本町 外観

本当は新規店に足を運ばなければ、食べ歩きブロガーとして失格になってしまうのですが、こちらも押山さん同様移転されたし、岳乃屋さん9年ぶりだし・・・。どうか今回もお許し下さいませ。



岳乃屋@佐野市栃本町 メニュー

すっかり記憶は曖昧ですが、種類多かったのね。ご近所の方々は飽きずに食べられるってもんだ。



ラーメン1

「ラーメン(600円)」
このスープの雰囲気いかがですか?
ほろっほっろのバラチャーシューの介入も手伝って、豚コクがぐいぐい押し寄せてくるタイプ。昔と方向性的には反れていませんが、現在はこのようなスタイルになったのね。そして、とろっとした口当たりが超グゥ~ッドなんです。なんて言いますか、「とろっと」とは、上質なウイスキーなどに例えられる用語と解釈して下されば分かりやすいと思います。
いずれにせよ、これだけ攻めてくるスープは佐野系では初めてです。そこに昭和のほっこり感も兼ね備えているんだから、もうタマラナイ。



ラーメン2

とはいえ、麺はしっかりとコシを持たせていて、スープに負けない存在感。いい!



塩ラーメン

「塩ラーメン(600円)」
連れが注文。自分の分で必死でしたので、味見はせず。



岳乃屋@佐野市栃本町 餃子

「餃子(400円)」
ふわぁ~と生姜の香るカリ・モチ餃子。
宮っ子としてこんな事言っちゃいけないのでしょうが、ぶっちゃけ宇都宮餃子より佐野系餃子のほうが断然好み。

ダブっちゃうからアップはしませんが、近いうちにもう一度食べたい・・・。
そう感じさせる佐野ラーメンでした。帰りに、側の唐揚げテイクアウトして晩酌で楽しめるしね。
岳乃屋さん、とても楽しめました。ご馳走様。

岳乃屋



関連ランキング:ラーメン | 田沼駅


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad