つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

ハヤフネ@真岡市荒町

ハヤフネ@真岡市荒町 外観

たまには志向を変えねばね。清湯スープのラーメンばかりアップしてると、偏屈な頑固オヤジと思われちゃう・・・。
とやってきたのは、ハヤフネさん。場所は歴史とモダンが交差する門前エリア。この界隈好き。



ハヤフネ@真岡市荒町 内観

イマドキな昭和レトロ風店内。私の幼少時代をリアルに再現(笑)。



ハヤフネ@真岡市荒町 メニュー

このように、麻婆豆腐と担々麺を提供しています。
じつは私、豆腐好きなもんで夏季の夕食は、麻婆豆腐かゴーヤチャンプルーばかり食べてます。



ハヤフネ@真岡市荒町 担々麺

「担々麺(750円)」
辛さはノーマルで注文。
ピーナツや胡麻でコクを演出するタイプとは異なり、醤油ベースのボトムがしっかりされている、オールドスタイルな担々麺。
本格派でありながらも、ラーメンらしさがしっかりと残っているので、さらりとしたスープがゴクゴク(やや大げさ)飲める。



ハヤフネ@真岡市荒町 麺

モチ・ボソっとした質感の中太縮れ麺。担々麺には、このボソ感が大切。



ハヤフネ@真岡市荒町 ぶっかけ

やはり2度楽しまないとね。
そして今回は2人体制で臨んだので、もう一品とシェアしました。勿論・・・



ハヤフネ@真岡市荒町 陳麻婆丼

「陳麻婆丼(880円)」
多くは語りませんが、酸味がいい! かなり好みの部類ですよ。
そこに、ピンだと甘いなぁ。と感じてしまう卵とじのコーンスープが、交互に食べると、ベストなマッチング。計算されてます。

今シーズンは、ヤマムロの陳麻婆を作って食べてるのですが、やっぱプロには全く敵わない。特に、あの酸味が足りないんだよね。
そこで花椒酢なる物をを購入し、試してみました。おおっ、ちょっとだけ近付いた(笑)。

ハヤフネ



関連ランキング:中華料理 | 真岡駅北真岡駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 黒の@真岡市並木町

麺屋 黒の@真岡市並木町 外観

最近オープンしたラーメン屋さん。真岡ですからフットワーク軽し!



麺屋 黒の@真岡市並木町 券売機

ヤバい、券売機にはポチる場所沢山あるではないか。と、一瞬怯みましたが、ご覧の通り問題なかったようです。
スープは一種類のみと、男気を感じますね。



麺屋 黒の@真岡市並木町 内観

カウンター席のみのコンパクトな店内。若いご夫婦で切り盛りされてました。



麺屋 黒の@真岡市並木町 ラーメン

「ラーメン(700円)」
表面は背脂で覆われてます。でも大丈夫。レンゲをユサユサさせれば、問題ないさ~
という事で、背脂層から更に降下してしてみます。すると比較的濃度低めの豚骨醤油スープが現れました。背脂をまとっていますので当たり前ですが、全く角が立ってない超マイルドスープ。
九条ネギがこれまた存在感抜群で、いい仕事してました。スープの性格上、追いネギもアリだったかも。



麺屋 黒の@真岡市並木町 麺

ボソ・モチっとした中太麺。上記した通り、ベースはサラサラタイプのスープですから、ちょうどいい塩梅かと。



麺屋 黒の@真岡市並木町 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
何でゲソ天? と思われた方もいらっしゃると思いますが、じつはコレごぼうの天ぷらなんです。ラーメンに3個入ってました。面白いね~
いずれにしても、やはりご飯とは相性抜群。でも、背脂と衣のアブラクドクドパンチは、アラフィフにはややキツかったのは事実です。

麺屋 黒の



関連ランキング:ラーメン | 真岡



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

魁飯店@真岡市荒町

魁飯店@真岡市荒町 外観

存在は知っていたものの、初訪問です。こんなに大きな店舗とは思いませんでした。



魁飯店@真岡市荒町 店内

入り口から右手はこうしてテーブル席。左手(画像的には反対側)は座敷と、かなりキャパがでかいです。
この界隈役所が多く立ち並びますが、そんな方々へなのか出前もされてました。



魁飯店@真岡市荒町 メニュー1

魁飯店@真岡市荒町 メニュー2

ランチセットがあるのはありがたい。しかし私的にはやはりコレ。



魁飯店@真岡市荒町 ラーメン1

「ラーメン(税抜 630円)」
概ね中華系清湯スープの範囲内。甘めに仕上げられたバラチャーシューがポイントでしょうか。



魁飯店@真岡市荒町 ラーメン2

王道の中華麺。



魁飯店@真岡市荒町 半チャーハン

「半チャーハン+からあげ(税抜 440円)」
上記したチャーシューが散りばめられた、ふんわりチャーハン。油の風味が特徴的で、旨味たっぷりです。



魁飯店@真岡市荒町 からあげ

パリパリの衣をガブッと頬張ると、カレーパウダーの香るモモ唐揚げ。パーコーだと何度か出くわしましたが、唐揚げは初めてかも。関東では珍しいのではないでしょうか。そして一個がデカイです。
当然、一人では食べきれませんから、これらをシェア。

ちなみに、連れが食べた広東麺はとっても優しい味わいでした。

魁飯店



関連ランキング:中華料理 | 北真岡駅真岡駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麺屋 祥元@真岡市荒町

麺屋 祥元@真岡市荒町 外観

こうしてリニューアルされたらしいので、久しぶりに伺ってみました。



麺屋 祥元@真岡市荒町 内観

内観的には大幅な変更はないかな。



麺屋 祥元@真岡市荒町 メニュー

汁無し系以外は、限定を含めちょいちょい食べてはいるので(除、G系)、今回は気合を入れて新商品いってみますか。
てか、いつも思うのですが、とにかく引き出しが多いですね。



麺屋 祥元@真岡市荒町 背脂とんこつ1

「背脂とんこつ(700円)」
おじいちゃんになってくると、適度な油分は必要なんです!
スープ自体もそこそこの濃度があるにも関わらず、この背脂(笑)。まあ、得意分野ではありませんから、そろそろスルーして・・・



麺屋 祥元@真岡市荒町 背脂とんこつ2

注文時、好みの固さは聞かれませんでした。ぶっちゃけそういうのありがたいです。今更ではありますが、お店の拘りをそっくり受け止められますからね。
全粒粉配合とは意外。通りで小麦の押し出しが強いと思った。←老眼ですから、食事中は全く見えません。とてもいい組み合わせだと思います。



麺屋 祥元@真岡市荒町 セットメニュー

じつはこの日、無駄に5時に起床してしまいました。お腹減りまくりではあるものの、注文したラーメンが重いので・・・
ちなみにこの日、仕事上がりは25時30分。色々と不安だぁ~



麺屋 祥元@真岡市荒町 Andy特製ぶっかけチャーシュー丼

「Andy特製ぶっかけチャーシュー丼」
半ライス(100円)にしときました。以前すた丼ミニ食べてるしね。
ピリ辛の高菜がアクセント・エクセレント。旨し!

これは今一度清湯試したいなぁ。と思わせるくらいきっちり作られた豚骨ラーメンだと感じました。

麺屋 祥元



関連ランキング:つけ麺 | 北真岡駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

くるまやラーメン 真岡上高間木店@真岡市上高間木

くるまやラーメン 真岡上高間木店@真岡市上高間木 外観

寒い日は味噌ラーメンもいいよね。



くるまやラーメン 真岡上高間木店@真岡市上高間木 内観

開店直後なので、贅沢にもテーブル席を確保。なんとなくセレブ気分。



くるまやラーメン 真岡上高間木店@真岡市上高間木 メニューの一部1

くるまやでチャーハンは比較的レアですよ。



くるまやラーメン 真岡上高間木店@真岡市上高間木 メニューの一部2

となると味噌はかなり重いなぁ。ならば・・・



くるまやラーメン 真岡上高間木店@真岡市上高間木 中華ラーメン

「中華ラーメン(630円)」
20年前、くるまやで一度食べた記憶がありますが、教科書通りの醤油ラーメンだった気がする。現在は、こうして濁らせたスープなのですね。
程よい動物系に、魚介の風味。もし冷凍ほうれん草がTPされていたら、お前はラーショかよ! ←やや誇張気味。
お店の形態上、おそらく味噌と同じスープを用いていると思いますので、カエシに秘密があるのかもしれません。いずれにしても、普通に食べれる。
尚、麺は汎用性の高い中細麺の組み合わせ。



くるまやラーメン 真岡上高間木店@真岡市上高間木 半チャーハン

「半チャーハン(280円?)」
これフルサイズじゃないか! 心配になってメニュー見直しちゃったよ。
シンプルな味付けですが、香ばしく炒められたコーンが焼きもろこしさながら。コーン好き集合~!

精算時支払いが800円でした。ええっ、単純計算でフルサイズの半チャーハンが、たったの170円って事じゃない。ランチタイムは更にお値打ちなのかもしれません。
なんか申し訳ないなぁ。しかもあまりのボリュームに圧倒され、食べきれず残してしまって、どうもすみませんでした。
くるまやが益々好きになりそうな予感。

くるまやラーメン 真岡上高間木店



関連ランキング:ラーメン | 真岡駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad