つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

ニューましこや@益子町七井

ニンニク入れましょう!?

ニューましこや@益子町七井 外観

益子行脚は終了していますが、取りこぼしがあったようなので、早速訪問してみました。



ニューましこや@益子町七井 内観

ステージがありますね。カラオケ以外にも、ちょっとしたバンド演奏もできそうです。



ニューましこや@益子町七井 メニュー

あったよ。



ニューましこや@益子町七井 サービス品

ラーメンを待つ間、冷たい緑茶と漬物のサービス。



ニューましこや@益子町七井 餃子

「手作り餃子(350円)」
先ずは餃子が運ばれてきました。やや大ぶりで、とても家庭的な味わい。



ニューましこや@益子町七井 ラーメン

「ラーメン(600円)」
具沢山での登場。田舎に行くとたまに遭遇するタイプなので、まったく違和感はありません。そんな中、くし型のメンマがニクい演出。

先ずはスープからね。
ん? ニンニクの風味。そっか、始めに餃子つまんじゃってるからね。ならば緑茶で口の中をニュートラルにて再度臨みましょう。
え? 動物系中心の雑味の無いコクスープの中で、やはりニンニクがしっかりと存在をアピール。そっか、具沢山なTPの影にフライドガーリックが潜んでるんだな。でも老眼だからよく見えない・・・。仕方ない、今一度チャレンジ。
あれ? 歯の間に何か挟まったぞ。詳細を確認してみます。このチラチラしたものはネギだとばかり思い込んでいましたが、なんと、正体はスライスガーリックだったのです。おじさんの目はフシ穴だから、騙されそうになった(笑)。
ニンニク香る醤油清湯。これは久々のオンリーワンなスープじゃないか!



ニューましこや@益子町七井 麺

札幌系でたまに出くわすような質感の中太縮れ多加水麺。


お店の風貌、ラーメン共々スリリングな体験をさせてもらいました。自称マニアの方は是非足を運ばれたらいかが?
でも、ラーメン自体は玄人志向までではないかと。

今度こそ、益子行脚はコンプリートしたはず。

ニューましこや



関連ランキング:定食・食堂 | 七井駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

支那そば処 麥蕎麦屋@益子町下大羽

支那そば処 麥蕎麦屋@益子町下大羽 2 外観

ちょいと変更があったようなので、5年半ぶりに訪問してみました。じつは私の目がまさに節穴で、定休日に訪問してしまったお店です。



支那そば処 麥蕎麦屋@益子町下大羽 2 内観

内観的には変更はさほど感じません。



支那そば処 麥蕎麦屋@益子町下大羽 2 メニュー

画像だと分かりにくいですが、サービスランチの価格も据え置き。



支那そば処 麥蕎麦屋@益子町下大羽 2 支那そば1

「支那そば チャー飯(800円)」
先ずは支那そばね。前回食べたときは、ひと言で和風清湯スープって趣でした。しかし今回は・・・



支那そば処 麥蕎麦屋@益子町下大羽 2 支那そば2

ご覧のように濁りがあり、魚介系濃厚スープへと変貌を遂げていました。とはいえ、私でも完飲できるくらいサラリとしています。
ひと昔前、専門店で似たようなスープに出会っている感は否めませんが、普通に旨し! 進化と言っても過言ではありません。



支那そば処 麥蕎麦屋@益子町下大羽 2 支那そば3

密度の高いややプツの中細麺。スープに合わせて、きっちり変えてきたな。いい!



支那そば処 麥蕎麦屋@益子町下大羽 2 チャー飯

遅れて登場のチャー飯(漬物付き)。
シンプルながら、旨み満載のふんわりチャーハン。こちらも確実に美味くなっている。

という訳で、私のようにここ数年ご無沙汰だった方は、進化の過程を垣間見る事ができるはず。
是非行かれてみてはいかが? ちょっとビックリしちゃうかもよ。

麦蕎麦や



関連ランキング:中華料理 | 益子町



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つのさん@益子町芦沼

つのさん@益子町芦沼 外観

以前からお店の存在は知っていたものの、ラーメンがあったとは。益子行脚終了から、これで2軒目の発見です。
ふっ、詰めが甘いな。



つのさん@益子町芦沼 内観

つのさん@益子町芦沼 メニュー1

基本、そば・うどんを提供するお店ではありますが・・・



つのさん@益子町芦沼 メニュー2

つのさん@益子町芦沼 メニュー3

こっちの方が、力入れてんじゃない? ってくらい(笑)。



つのさん@益子町芦沼 ラーメンセットA

「ラーメンセット A(700円)」
胡椒の効いた懐かし系スープ。ご年配の方々がほっとするタイプ。そんな中、柔らかバラチャーシューがいい仕事してました。



つのさん@益子町芦沼 麺

オーソドックスな中細縮れ麺。



つのさん@益子町芦沼 半チャーハン

ラーメンのカエシを用いたかのような味わいのふんわりチャーハン。量的には少なめですが、小鉢やデザートが付いて700円なら納得でしょう。

今度こそ益子のラーメンは、概ね制覇したのではないでしょうか。

つのさん



関連ランキング:そば(蕎麦) | 笹原田駅天矢場駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

市川居酒屋@益子町益子

市川居酒屋@益子町益子 外観

益子行脚で取りこぼしがあったようなので、早速伺ってみました。
お店の存在は知りつつも、ランチ営業していたとは、我ながら不徳の致すところ。



市川居酒屋@益子町益子 内観

内観はこんな感じ。おばちゃんお一人で切り盛りされてました。



市川居酒屋@益子町益子 メニュー

メニューの始まりがライスとは斬新です。



市川居酒屋@益子町益子 ラーメンセット

市川居酒屋@益子町益子 麺

「ラーメンライス(700円)」
コク弱めではありますが、概ね食堂系のじんわりスープに、柔らか仕立ての中華麺は想定内。
しかし、ネギ・ワカメを除くTPには、猛烈に時の流れを感じる・・・。

ヤング達が集うラーメン屋なんて、青臭くて行ってられねーよ! と嘆く玄人志向の方には、試す価値アリかもしれません。
終了してはいますが、これで益子ラーメン行脚、ほぼコンプリートできたはず。

市川居酒屋



関連ランキング:居酒屋 | 益子駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

益子町 まー麺@益子町益子

益子町 まー麺@益子町益子 外観

共販センター敷地内で営業されてます。なんか掲げられていますが、スルーします。



益子町 まー麺@益子町益子 内観

オープンしてそれ程経過していませんが、きっと陶器市や週末はごった返すのでしょうね。



益子町 まー麺@益子町益子 メニュー1

個人的には、このページも当然スルー。



益子町 まー麺@益子町益子 メニュー2

私はこっち側の人間。



益子町 まー麺@益子町益子 メニュー3

Andy丼にしか見えない(笑)。



益子町 まー麺@益子町益子 味玉醤油ラーメン

「味玉醤油ラーメン(730円)」
雑味の無い上品な鶏ガラスープ。丁寧に仕込まれているのが、しっかりと感じ取れます。それが630円〜と、かなり良心的ですね。
アレで期待する方もいらっしゃるかもしれませんが、本格派ではありながらも、奇をてらう事のない、言うならば、平成のラーメンって趣。



益子町 まー麺@益子町益子 麺

手揉みの中太麺。小麦感等、それとなく存在を主張。



益子町 まー麺@益子町益子 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
ホロホロ加減が、ご飯にジャストフィット。

益子はラーメン専門店がけして多くはありませんから、待望の新店となれば良いですね。
あっ、帰り際1軒発見しちゃった。また来なければ!

益子町 まー麺



関連ランキング:ラーメン | 益子駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad