つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 9

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 9 外観

ほんの2か月前、幻の淡水魚と言われたイトウを提供したばかりだというのに、もう新作登場です!



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 9 張り紙

まさか蝶鮫で来るとは、まったくの想定外です。
最終日、こうしてシャッターポールで訪問しました。換気扇から漂う香りがいつもと違う気がする・・・。



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 9 蝶鮫

お盆に乗らない為、小型の蝶鮫が鎮座。
魚ってのは見た目がグロい程、美味だったりするんだよな。って、鮫を食べ慣れた栃木県民ではありますが、蝶鮫の身なんて想像し得ませんよ。
ちなみに、馬頭高校で養殖されてるんだって。イトウさんしかり、あるところにはあるもんなんだね~
触らせてもらいましたが、ザラザラと硬く、まるで鎧をまとっているかのようです。



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 9 黄金の蝶鮫らーめん1

「黄金の蝶鮫らーめん(1,300円)」
先ずはじめに、ラーメン一杯に払った金額としては当然ですが、ダントツで私の最高額です。



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 9 黄金の蝶鮫らーめん2

ふわぁ~っと日本酒的な風味が広がると同時に、過去に味わった事のない重層な旨味が押し寄せてきます。そうだ、あれをやってみよう。
平日だし、ゆっくりじっくり味わう作戦です。結果、予想通り蝶鮫の骨髄から溶けだしたコラーゲンが、温度変化により少しずつ固まっていき、最終的にはとろっとろ(やや大袈裟)。スープがまるで生きているかのよう。
とはいえ、どんな素材を用いても結果、落合流に仕上がるのは、長年の経験がなせる技。



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 9 蝶鮫の刺身+チャーシュー

手前は蝶鮫の刺身。らーめんしかり、日本中探し回ったって、なかなか出会えないよ~
口の中でコリッコリと筋を噛み砕いていくと、淡白でまったくクセの無いねっとりとした食感が現れます。魚々してないんだよなぁ。不思議体験。



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 9 Andy特製ぶっかけチャーシュー丼

「Andy特製ぶっかけチャーシュー丼」
旨み満載コラーゲンスープをたっぷり吸収したご飯が旨いのなんのって。そこに3種の部位のチャーシューを頬張れば、嗚呼至高のひととき。

またまた楽しめましたぁ。こうして今思うと、特性的にはあり得ないくらい濃厚な旨みを持たせたフグってとこかな?
これでおじさん、明日はお肌がプルルンです(笑)。

らーめん厨房 どる屋



関連ランキング:ラーメン | 東武宇都宮駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

花田屋@宇都宮市末広

花田屋@宇都宮市末広 外観

ご覧の通り、大雪が降った次の日です。って、どんだけ引っ張ってるんだよ~
こんなときこそ比較的近場で、そつなくこなさないとね。はい、ランダムに展開する、おそば屋さんのラーメンシリーズです。



花田屋@宇都宮市末広 内観

テーブル席が2卓、そして座敷は、なんと8卓も完備。外観では想像がつかない、広々とした店内。



花田屋@宇都宮市末広 メニュー1

花田屋@宇都宮市末広 メニュー2

おそば屋さんと思っていたら、定食類も充実。そんな中チョイスするのは、勿論コレ。



花田屋@宇都宮市末広 ラーメン

「ラーメン(550円)」
こうして宇都宮市内にも、未開の地がまだまだ存在するのです。
シンプルなビジュアルに共感が持てますね。画像では確認できませんが、レング受けが存在するのも、ラーメンに妥協しない証なのだと勝手に解釈します(笑)。
そば屋的趣のカエシ感は控えめ。何かが突出する訳でもない、バランスの取れたじんわりスープ。落ち着くねぇ~



花田屋@宇都宮市末広 麺

密度の高い中細縮れ麺。存在感がありますよ。



花田屋@宇都宮市末広 餃子

「餃子(300円)」
言い方おかしいですが、これぞプロの仕上がり! もしかしたら専用の業者から仕入れているのかも。だからこそ安全・安心、間違いのない旨さ。

カレーやカツ丼も気になるところ。機会があればまたお邪魔したいと思います。

きそば 花田屋



関連ランキング:定食・食堂 | 雀宮駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン秦秦@宇都宮市宝来本町

以前、ゴルフに向かうとき偶然発見したお店に向かいましたが、11時半になっても暖簾が出ません。
でも大丈夫。フラれたって宇都宮には未訪問店がまだまだ残ってるんですよね。今更ベタな店には行きませぬ。

ラーメン秦秦@宇都宮市宝来本町 外観

で、到着したのがコチラ秦秦さん。その存在は知りつつもご縁がありませんでしたが、今回やっとチャンス到来。



ラーメン秦秦@宇都宮市宝来本町 メニュー2

ちなみに、店内はカウンター中心でテーブル席がわずかなレイアウト。時間的にお客さんぼちぼちいらっしゃったので、撮影は見送りました。



ラーメン秦秦@宇都宮市宝来本町 メニュー1

けしてお得とは言えない価格でセット品がありますね。この辺りで手を打つか。



ラーメン秦秦@宇都宮市宝来本町 中華らーめん

「中華らーめん(550円)」
餃子は時間差で運ばれてきました。では早速。
やや濁りのあるスープは、予想以上に動物・魚介系のコクを持たせてあります。わずかに酸味・エグミを感じるところを胡椒が絶妙にギュッと引き締めてくれてます。ナイスバランス。



ラーメン秦秦@宇都宮市宝来本町 麺

ツル・モチっとした質感の中太縮れ麺。

全体的には、いわいる懐かし系ラーメンの範囲内です。最近、この手のラーメンを頻繁に食しているので、個人的には懐かし系とは言えなくなってきましたが(笑)。



ラーメン秦秦@宇都宮市宝来本町 Aセット

「Aセット(400円)」
モチっとした皮の中に、シットリ系餡の組み合わせ。まあ普通かな。



ラーメン秦秦@宇都宮市宝来本町 Andy特製スペシャルチャーシュー丼

「Andy特製スペシャルチャーシュー丼」
お前は角煮か? ってくらいホロホロで、味の滲みたの豚バラロール。そしておでんライクな煮卵。


セットで400円プラスは、高いかなと思いましたが、餃子5個にライス+お新香が付いてきますから、適正価格かと。
きっとチャーハンやカレーセットも、フルサイズで登場すると思いますよ。もう、お腹いっぱいです。

ラーメン 秦々



関連ランキング:ラーメン | 東武宇都宮



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

俊麺なが田@宇都宮市不動前

俊麺なが田@宇都宮市不動前 外観

なが田さんが、今月いっぱいで閉店されるそうです。9年間お疲れ様でした。しかしながら趣は異なれど、他に3店舗ありますから、寂しくなんて無いよね~
じつは私自身、ちょっとした思い入れがあります。オープン当初のなが田さんは、つけ麺のみでの提供でした。そんな中、汁麺(魚介豚骨の中華そば)を発売し、お客さんとしては第一号だったのが、私だったのですよ。そんな回想をしながら、最後に訪問した次第です。



俊麺なが田@宇都宮市不動前 内観

シャッターポールで入店。久しぶり~



俊麺なが田@宇都宮市不動前 メニュー

ちょっと前から清湯がレギュラーメニューとして仲間入りしていたのです。しかしながらこの日は美空。すっかり営業形態を忘れていました。
中華そばあってよかった。危なかったぁ。



俊麺なが田@宇都宮市不動前 中華そば1

「中華そば(700円)」
カケラーでの提供。とても上品ですね~



俊麺なが田@宇都宮市不動前 中華そば2

先ずはそのまま頂きましょう。何かが突出する訳でもなく、動物・魚介系の調和がきっちり取れてます。しっかりとした出汁ですが、どことなく懐かしさをも感じさせる辺り、ニクイ演出です。
同系列店のGOTONでも清湯を提供していましたが、まったく趣が異なりますね。場所柄仕方ないですが、あちらがオモチャにさえ感じてしまう・・・。



俊麺なが田@宇都宮市不動前 中華そば3

モチ・ムチっとした中太自家製麺。ややソフトタッチな優しい質感なので、清湯スープとのバランスもグッド



俊麺なが田@宇都宮市不動前 中華そば4

ここで日本一醤油とTPを投入。やっぱ上手に盛らないとね。
奥深く円やかで、それでいて素材を壊さない日本一醤油、やっぱ旨いよ。重層感ハンパないっす。

なが田さんでも例外なく、汁で始まり汁で〆る。自分らしいかな。もう思い残す事はありません。ご馳走様でした。

俊麺 なが田



関連ランキング:ラーメン | 南宇都宮駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

RINGODO(林檎堂)@宇都宮市桜

RINGODO(林檎堂)@宇都宮市桜 外観

こちらのお店が支店を出されたようです。ちなみに駐車場は画像左手にありますから、心配御無用。



RINGODO(林檎堂)@宇都宮市桜 内観1

2階フロアーへと階段を上がって行きます。しかし、洒落てますね。



RINGODO(林檎堂)@宇都宮市桜 内観2

RINGODO(林檎堂)@宇都宮市桜 内観3

ここまでの画像だと、ラーメン屋とは思えませんね。



RINGODO(林檎堂)@宇都宮市桜 メニュー1

平日限定、お得なランチセットのメニュー、反対側撮影しちゃった。
900円前後で豚玉・唐揚げ丼、水餃子+半ライスセットのいずれかが楽しめる構成になっていたと思います。
他には女性限定で、半ライス又はデザートのサービス付き。



RINGODO(林檎堂)@宇都宮市桜 メニュー2

個人的に今更鶏白湯に興味はございませんから・・・



RINGODO(林檎堂)@宇都宮市桜 焼きアゴ中華ソバ1

「焼きアゴ煮干し中華ソバ (720円)」
RINGODOさん唯一の清湯スープ。塩と醤油がセレクト可。後者をチョイス。ラーメンもオシャレ~



RINGODO(林檎堂)@宇都宮市桜 焼きアゴ中華ソバ2

焼きアゴの上品な旨味がグイグイ押し寄せてきます。それだけでは留まらず、マイルドかつ幾分トロッとした質感は、わずかに鶏白湯をブレンドしているのかな。




RINGODO(林檎堂)@宇都宮市桜 麺

小麦香るパツパツとした食感の細麺。教科書通りの組み合わせ。

お店の雰囲気、ラーメンそのものの趣は、私のストライクゾーンとはかけ離れてはいますが、その分とにかく女性志向まっしぐら。
美味しいラーメン屋で女子会ができる環境が整っているのは、かなりレアだと思います。

林檎堂



関連ランキング:ラーメン | 東武宇都宮駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad