つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

ラーメンショップ 氏家店@さくら市狹間田 2

ラーメンショップ 氏家店@さくら市狹間田 2 外観

この日もGWの真っ只中。10時半から営業を開始するコチラなら、なんとか仕事に間に合いそうです。
休日は混み合う場合が多いので、普段はラーメン屋にはあまり足を運びません。やはりというか、予想以上に混雑してました。



ラーメンショップ 氏家店@さくら市狹間田 2 メニュー

2年半ぶりの訪問でしたが、価格に変更はありませんでした。素晴らしい。
尚、注文するのは既に決まってます。コチラの塩ラーメンを食べた以来、虜になってしまいました。他のラーショで数回試みてはいるものの、さっくりとハマるのは、暫定で市貝店だけ。



ラーメンショップ 氏家店@さくら市狹間田 2 しおラーメン

「しおラーメン(680円)」
背脂が浮かないのは氏家店ならでは。脂控えめで濁りも弱く、比較的あっさりしているのに、旨味がグイグイ攻めて来るのは意外。
塩加減も円やかなので、産地やブレンドに拘っているかもしれません。しかも塩だからってお約束のように、胡麻やコーンを乗せていないのもかなり好感が持てますよ。
食べ進めていくうちに、醤油より100円高い理由が理解できました。上記したように塩そのものも然り、丼の底にたっぷりの崩したチャーシューが沈んでました。これが+αで旨味の底上げに関与されていたのです。なるほどね。



ラーメンショップ 氏家店@さくら市狹間田 2 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
適度な柔らかさのチャーシューも旨し!

時間的にも私のような寝起きにもピッタリなラーメンでした。個人的には醤油より断然好みです。

ラーメンショップ  氏家店



関連ランキング:ラーメン | 氏家駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

竹末 道の駅本陣@さくら市喜連川

竹末 道の駅本陣@さくら市喜連川 外観1

道の駅きつれがわがリニュアルオープンし、そこになんと地元の超人気店、竹末さんが出店!
早速訪問してみました。しかし、平日の午前中だというのに、混んでるなぁ~



竹末 道の駅本陣@さくら市喜連川 外観2

あまりデコレートされたラーメンは好みではない為、メニューチョイスは楽チンです。



竹末 道の駅本陣@さくら市喜連川 札

注文後、このような札が手渡されます。各々タイトルが違うみたいです。永ちゃんの曲名なのかな。
「5番、ラブファイターでお待ちのお客様~」
「は~い」



竹末 道の駅本陣@さくら市喜連川 喜連川素ラーメン1

「喜連川素ラーメン(650円)」
お前はスープパスタか!?



竹末 道の駅本陣@さくら市喜連川 喜連川素ラーメン2

熱々のスープは、ファーストインパクトにヤシオマス油がふぁ~っと広がってきますね。この油がモチっとした中太麺を上手く抱きかかえてくれるのかぁ。
食べ進めていき、途中お冷で口の中をクールダウンし、またまたスープを流し込むと、今度は鮎の風味がじんわり押し寄せる。スープの温度が下がっているのも手伝って、より淡水魚の風味・旨みを体感する事ができます。
道の駅で、こんなにもハイクオリティーのラーメンが堪能できるありがたさ。竹末さん、ありがとう。

と、ここで終わるはずだったのですが、量的に少ないのでもう一品追加しちゃうよ。
せっかく喜連川まで来たのだからね。

竹末 道の駅本陣@さくら市喜連川 あさのポーク 特製豚丼

あさの牧場「特製豚丼(530円)」
これ、前から気になってたんだよなぁ。だって吉○家の豚丼そっくりなんだもん(笑)。
シンプルかつ甘めな味付けで、主役の豚肉がとっても柔らか。なかなか旨し。でも、コクのある吉○家のタレに慣れ親しんでいる私にとっては、やや物足りなさを感じました。
まあ、この辺りは好みなので、ご参考程度にね。

竹末道の駅本陣



関連ランキング:ラーメン | さくら市その他



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

E.Y竹末 本店@さくら市喜連川

E.Y竹末 本店@さくら市喜連川 外観

さくら市ラーメン行脚は、今回が最終回。
Andyフリークから、散々アップしてんじゃねーか! と言われそうですが、8年ぶりだし思い入れがありますから、ご勘弁を。



E.Y竹末 本店@さくら市喜連川 内観

存じてはいましたが、カウンター席ができたのですね。って、どんだけ浦島太郎なんじゃ。
私の記憶が確かならば、HARD意外は全メニュー制覇(除、汁無し系)してるはず。なので今回は、ベーシックに行きたいと思います。
先ずは・・・



E.Y竹末 本店@さくら市喜連川 中華そば

「中華そば(680円)」
8年半という歳月の間に、洗練さが増しました。昭和と平成が融合する中華そば。旨し!



E.Y竹末 本店@さくら市喜連川 二代目中華そば

「二代目中華そば(780円)」
竹末さんの看板商品。予想通り濃度が高められてました。とはいえ、当時を振り返ると衝撃的なラーメンだったなぁ。



E.Y竹末 本店@さくら市喜連川 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」



E.Y竹末 本店@さくら市喜連川 完食

さくら市行脚、もう思い残す事はない。そして次回の行脚は、あなたの街かもしれません。

E・Y竹末



関連ランキング:ラーメン | さくら市その他



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

翠香楼@さくら市馬場

翠香楼@さくら市馬場 外観

こちらの竜宮城、街道沿いではないので、狙って行かないとたどり着けないお店です。さくら市行脚に感謝。
ん? まだ食べてないし、早いか。



翠香楼@さくら市馬場 内観

画像奥、扉の向こう側は未確認ですが、円卓じゃないのは意外。



翠香楼@さくら市馬場 メニューの一部

メニューの一部。



翠香楼@さくら市馬場 ランチメニュー

お得なセットがありますね。
普段なら、ラーメンセットを確実に注文するのですが、揚げ餃子はあまり得意ではないので・・・



翠香楼@さくら市馬場 チャーシューメン1

「チャーシューメン(税抜 730円)」
赤耳チャーシューがニクい演出です。量的にもチャーシュー麺にして正解。
中華系王道の上品な清湯というよりは、幾分奥深さを感じるじんわりスープ。薄めだし、かなり脂の少ないチャーシューですから、デフォもほぼ同一でしょう。



翠香楼@さくら市馬場 チャーシューメン2

シコ・プツっとした中細縮れ麺との組み合わせ。



翠香楼@さくら市馬場 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
噛むほどに肉の旨みをそれとなく醸し出す、玄人系チャーシュー。ぬか漬けとの相性もグゥ~



翠香楼@さくら市馬場 サービスの烏龍茶

食後には烏龍茶のサービスあり。つかの間のひと時。ご馳走様でした。

翠香楼



関連ランキング:中華料理 | 氏家駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん屋 めん丸@さくら市卯の里

らーめん屋 めん丸@さくら市卯の里 外観

行脚だからこそ訪問してみよう。
駐車場広いでしょう。これはまだ一部にすぎません。未確認ですが、大型車も駐車できるのではないでしょうか。そうなるとアドバンテージになりますね。



らーめん屋 めん丸@さくら市卯の里 内観

通し営業なのも、やはりアドバンテージ。



らーめん屋 めん丸@さくら市卯の里 メニュー1

らーめん屋 めん丸@さくら市卯の里 メニュー2

幅広く対応。今回はお店のオススメにしたいと思います。



らーめん屋 めん丸@さくら市卯の里 やさい味噌らーめん1

「みそ野菜らーめん(税抜 850円)」
スープは数多く展開する某FC店と似た趣となっており、最近の味噌専門店のようなカラーを前面にアピールするものではなく、まさに安心・安全のスタイル。普通に美味しい。



らーめん屋 めん丸@さくら市卯の里 やさい味噌らーめん2

中太と太麺がチョイスできるシステム。前者をチョイス。
シコシコでもボソッとタイプでもなく、ソフトタッチな質感。お子様からお年寄りまで、幅広く対応。



らーめん屋 めん丸@さくら市卯の里 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
チャーシューに、野菜と炒められたバラ肉のハーフ&ハーフとして異なる部位を楽しめました。

ファミリーユースや、お食事タイムを逃しやすい方々には重宝するお店だと思います。
そろそろ、さくら市行脚も終盤に差し掛かってきました。

らー麺屋めん丸



関連ランキング:ラーメン | 氏家駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad