つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

中華料理 天鳳楼@芳賀町祖母井

中華料理 天鳳楼@芳賀町祖母井 外観

行脚でたまたま発見したお店です。
民家を増築されたような佇まい。さすがの私も若干不安を感じたので、2人体制で臨みました。



中華料理 天鳳楼@芳賀町祖母井 内観1

中華料理 天鳳楼@芳賀町祖母井 内観2

カウンター席からの眺め。他にこうして4人掛けのテーブルが2席のみという、コンパクトな店内。



中華料理 天鳳楼@芳賀町祖母井 ランチメニュー

麺類は海老ラーメンを除けば、すべて850円均一。理屈に合わないような価格設定です(笑)。
現物を見ないとなんとも言えないし、今回は行脚ですから、迷わずデフォをチョイスしましょう。



中華料理 天鳳楼@芳賀町祖母井 ラーメン

「ラーメン(850円)」
フライドオニオン的なTPが施されての着丼。へぇ~、こう来たか。
スープはやや甘めに仕上げてあり、TPの介入があるにせよ、王道の中華系清湯とは異なる、比較的旨み強めのチューニング。
甘めに仕上げられたチャーシュー、メンマもキッチリ作り込まれてますので、洗練さは感じないものの、本格中華料理屋的風貌です。



中華料理 天鳳楼@芳賀町祖母井 麺

シンプルな中華麺。



中華料理 天鳳楼@芳賀町祖母井 サービス品

サービス品は、タケノコ揚的な物と、八角の効いたシュウマイ。この辺りはやっぱ中華エッセンスが光りますね。
当初、850円は高いかなと思われましたが、こうして手作り感満載の皿が付くうえに、ご希望なら麺の大盛りが無料ですから、結果的に納得の価格設定でしょう。



中華料理 天鳳楼@芳賀町祖母井 五目ラーメン

「五目ラーメン(850円)」
連れが注文。
ラーメンに用いられるスープに、具材たっぷりの餡が乗る事によって、旨みMAX! 久しぶりに、こめかみがキュンと痛くなりかけた(笑)。
更に大盛りにしちゃったら、完全に価格破壊ですよ。という事で、具乗せ系のほうが断然お勧めと思われます。

行脚が終了したら、ご飯物いってみたいです。

中華料理天鳳楼



関連ランキング:中華料理 | 多田羅駅市塙駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

担々麺専門 發巳@芳賀町祖母井

担々麺専門 發巳@芳賀町祖母井 外観

以前、砥上店には訪問していましたので、もういいかなと思ってましたが、行脚ですから取りこぼしのなよう努めます。
開店から続々とお客さんご来店されましたので、内観の撮影は見送りました。



担々麺専門 發巳@芳賀町祖母井 メニュー

今回2人体制ですので、未食の品をチョイスしシェアする作戦です。



担々麺専門 發巳@芳賀町祖母井 麻婆豆腐+ライス

「麻婆豆腐(650円)+ライス(150円)」
土鍋での提供。なんとなく麻婆豆腐鍋的ビジュアル。
片栗でトロッと仕上げられた多めの汁は、ほんのり甘く、思いの外辛さ・痺れ感は控えめ。豆腐はプリッといい感じ。
とにかく旨み満載な汁なので、それだけでもご飯が進む進む。



担々麺専門 發巳@芳賀町祖母井 麻辣担々麺

「麻辣担々麺(800円)」
發巳さんの真骨頂である胡麻の濃厚スープに、花椒の適度な痺れが共存しながらも、どこまでもマイルドな味わい。



担々麺専門 發巳@芳賀町祖母井 麺

担々麺には多く用いられる、ボソッとした質感の中細ストレート麺。

發巳さんの担々麺、私の中ではぶっちゃけラーメンとしてカテゴライズするには、いささか疑問なのではありますが、その分たまに食べると新鮮に感じますね。満足しました。行脚に感謝っす。

坦々麺専門 はつみ



関連ランキング:ラーメン | 多田羅駅市塙駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ニュー鳥@芳賀町祖母井

ニュー鳥@芳賀町祖母井 外観

ディープな世界にようこそ!
場所柄、この界隈に関係する方じゃないと、おそらく出会う事ができない食堂かと。



ニュー鳥@芳賀町祖母井 内観

カウンター席は、常連さん用的オーラを幾分発しているように感じたので、迷うわずテーブルに着席。
おっと、ここで最悪の事態が勃発。デジカメが電池切れとなってしまった。こんなときに限ってスマホ不携帯。どうする!?
注文している間、とりあえずバッテリーを外し手で握りしめる。昭和の人間なので、電池といったら、温めて休ませる。これ常識!



ニュー鳥@芳賀町祖母井 メニュー1

ニュー鳥@芳賀町祖母井 メニュー2

このメニュー表は、最後に撮影されたものです。そうなんです。ギリギリで復活したのです!
そしてこの直後、お亡くなりになりました。もうダメかと思った。



ニュー鳥@芳賀町祖母井 チャーシューメン

「チャーシューメン(770円)」
700円台でしたので、迷わず注文。様々な具材がTPされた、言うならば食堂における全部乗っけスタイル(笑)。
チャーシュー以外にも、ワカメや野菜達の旨味が溶け出し合って、複雑なコクをもたらしております。だからなのか、とても懐かしさえ感じるじんわりスープ。
麺は中細縮れの組み合わせ。バッテリーが心配だったので、この段階での撮影は断念しました。



ニュー鳥@芳賀町祖母井 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製贅沢チャーシュー丼」
ボソボソっとした質感のチャーシューですが、野菜達の水分で、見事に蘇りました。
でも、これだけおかずがあれば、ラーメン単品で十分だったかも。

いや~、今回はかなりビビった。行脚での訪問でしたから、最悪はすぐさまリピートしなければいけない事態でした。
リチウムイオンバッテリーも、案外乾電池と一緒なのね。

食堂 ニュー鳥



関連ランキング:定食・食堂 | 益子



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

美よし@芳賀町祖母井

美よし@芳賀町祖母井 外観

20年くらい前に一度訪問しているような気がしますが、記憶がほとんど無い。とりあえず入店してみよう。



美よし@芳賀町祖母井 内観

左の壁の向こう側は、洒落たBAR的空間。私はランチですから、迷わずテーブル席に腰を下ろします。



美よし@芳賀町祖母井 メニュー1

行脚ですよ~



美よし@芳賀町祖母井 昔ながらの中華そば

「昔ながらの中華そば(720円)」
なんか足りないような気がします。沈んじゃってるのかな? いや、気配を全く感じない・・・。
もしや忘れられたかも。店員さんに伝えなきゃ。と、その前にもう一度メニューを確認してみよう。



美よし@芳賀町祖母井 メニュー2

そういう事だったのか。あぶねぇ~、恥掻くところだった。



美よし@芳賀町祖母井 麺

昔ながらに触発され、麺は細麺をチョイス。教科書通りの、あの安心・安全なスープには最適なコンビネーション。

デフォでチャーシューが乗らない醤油ラーメンってのも、かなりレアですね。
どちらかというと、夜の営業がメインそうなので、飲んだ〆に取り皿もらって、2、3名で楽しむのもアリでしょう。大盛りに近いボリュームですから。

美よし



関連ランキング:和食(その他) | 芳賀町その他



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

はが乃家@芳賀町大字下高根沢

はが乃家@芳賀町大字下高根沢 外観

今回も行脚としての訪問です。



はが乃家@芳賀町大字下高根沢 内観1

なっ何と、卓上にはメニュー表がありません。レアですね~



はが乃家@芳賀町大字下高根沢 内観2

でも大丈夫。店内をキョロキョロしていれば、お目当ての物がきっと見付かるはず。
本来ならカツ絡みで行きたいところではありますが、行脚です。だからって、スッポンラーメンは今回スルーしますよ。



はが乃家@芳賀町大字下高根沢 ラーメン

「ラーメン(500円)」
デフォが味噌とは、専門店ではあるまいし、これまた超レアじゃない!
脂はほとんど浮いていないので、肉野菜達は茹でられてようです。このロース肉、やや厚みがあるのに1枚キッチリ使われてますよ。
味わい的には懐かし系サッパリ味噌スープではありますが、ボリューミーだし、これがたったの500円とは安すぎるんじゃないか!?



はが乃家@芳賀町大字下高根沢 麺

そこはかとなく存在感をアピールする、中太縮れ麺との組み合わせ。



はが乃家@芳賀町大字下高根沢 ミニチャーハン

「ミニチャーハン(300円)」
価格的にシンプルな醤油ラーメンと思い込んでいた為に、迷わず注文してました。
概ね食堂系のシットリトチャーハン。ラーメン同様チャーシューは不在ですから、ここでも豚肉が活躍しています。
食後にはホットコーヒーのサービス付き。

いや~、今回もスリリングな行脚となりました。いずれ機会があれば、カツ絡みで食べたいですね。

はが乃家



関連ランキング:とんかつ | 芳賀町その他



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad