つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

森のキッチンどんぐり@茂木町桧山

前回で茂木町行脚は一旦終了しましたが、あまりにも店舗が少なかったので、ツインリンクもてぎ内のレストランをご紹介いたします。
ちなみに栃木・千葉県民ご優待デーの期間を狙ったので、駐車料金のみ(1,000円)で入場しました。

森のキッチンどんぐり@茂木町桧山 外観

知らない間に拡張されたハローウッズの森の敷地内にあります。ここら辺で子供達遊ばせたら、きっと喜ぶんだろうなぁ~



森のキッチンどんぐり@茂木町桧山 メニュー

メニューはいたってシンプル。



森のキッチンどんぐり@茂木町桧山 内観1

森のキッチンどんぐり@茂木町桧山 内観2

エリアに沿った演出が施された店内。



森のキッチンどんぐり@茂木町桧山 もてぎ名物ゆず塩ラーメン

「もてぎ名物ゆず塩ラーメン(750円)」
出来合いとはいえ、専門店並みの価格設定。通常なら駐車料金以外にも入場料が必要ですから、やはり高く感じますね。

話は戻して、スッキリとした鶏ベースのスープに、ゆずの清涼感。たっぷりの水菜にボイルされた鶏ムネ肉。底無しに優しい味わい。
これはもう、ダイエットラーメンと言っても過言ではありません(笑)。



森のキッチンどんぐり@茂木町桧山 麺

モチ・ツルっとした質感のの中細麺。違和感なし。


もともと山内地区にある「ゆずの里」が発祥ですが、原点に戻り、手っ取り早く「ゆずの里茂木」として売込んじゃった方がいいんじゃないの?
道の駅の物産品を拝見しても、現状ブレまくってますから!

せっかく来たので、もう一杯食べに行っちゃうよ~

どんぐり食堂



関連ランキング:ラーメン | 茂木駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

みやこ家@宇都宮市元今泉

久しぶり、そば屋のラーメンシリーズ。

みやこ家@宇都宮市元今泉 外観

こうして市内にもまだ存在するのです。ご覧の通り、地元密着型のおそば屋さんの場合、ラーメンを提供する確率がぐんと上がる傾向にあります。みやこ家さんにもあったよ~



みやこ家@宇都宮市元今泉 内観

外観からもある程度は想像出来る店内。



みやこ家@宇都宮市元今泉 メニュー1

みやこ家@宇都宮市元今泉 メニュー2

11時半に暖簾が掛けられましたが、後に常連と思しき方々がやってきて、各々に注文されてました。駅東とはいえ、駐車場が完備されてるのは、かなりのアドバンテージかと。



みやこ家@宇都宮市元今泉 ラーメン+半ライス

「ラーメン(500円)+半ライス(100円)」
節・乾物系が支配する、奥深いスープ。
もうちょっと胡椒が効いていたならば、私が小学生時代に慣れ親しんだラーメンに近い味わい。って、当時はあまり好きではなかった記憶(笑)。しかし現在は黄色いカレーと共に、懐かしさのあまり率先して注文するようになっちゃいました。



みやこ家@宇都宮市元今泉 麺

しっとりとした質感で、柔らか仕立てな中華麺。



みやこ家@宇都宮市元今泉 Andy特製チャーシュー丼?

「Andy特製チャーシュー丼?」
半ライスを注文したのですが、これは一人前のご飯だよ。おかずが足りなくなりかけた。でも大丈夫。キュウリの漬物付きでしたから。
いや~、こんなに米食ったの超久しぶり。


ヤング達の集うみやこ家、そしておじさん達の憩いの場所みやこ家。まったく無関係ではありますが、同じ屋号でもしっかりと二極化されてていいんじゃない?

みやこ家



関連ランキング:そば(蕎麦) | 宇都宮駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

北海ラーメン@宇都宮市徳次郎町

北海ラーメン@宇都宮市徳次郎町 外観

ラーメンをちょっとだけ食べ歩いてる貴方、一部の玄人達が北海と言ったら、あっちゃじゃなくて、こっちなんだよ!
かくいう私も初めての訪問です。同敷地内の館には一度だけ訪れた事がありますが。



北海ラーメン@宇都宮市徳次郎町 内観

テーブル席のみのレイアウト。フロアー担当のおばちゃんが出迎えてくれました。さあ、どこに座ろうか・・・



北海ラーメン@宇都宮市徳次郎町 内観の景色

やっぱ、館ビューだよね(笑)。



北海ラーメン@宇都宮市徳次郎町 メニュー1

北海ラーメン@宇都宮市徳次郎町 メニュー2

屋号しかり、概ね札幌系かと考えられるので、ここは無難にアレにするしかないな。



北海ラーメン@宇都宮市徳次郎町 ランチセット

これも押さえておきましょう。



北海ラーメン@宇都宮市徳次郎町 味噌ラーメン

「味噌ラーメン(700円)」
札幌系オールドスタイルとしての登場です。予想はしてましたよ。しかしながら、何かが足りないような不自然さ・・・
答えはネギ。これが無いと、食べかけのラーメンに見えてしまう気がする。まあいいや。
赤味噌と野菜が控えめに旨味を演出。言葉少ない照れやな俳優さんから醸し出る、燻し銀のような世界観。やっぱり玄人系なラーメンだよ。



北海ラーメン@宇都宮市徳次郎町 麺

細・太麺がセレクト可。当然後者をチョイス。モチっとした中太多加水麺。



北海ラーメン@宇都宮市徳次郎町 餃子+半ライス

「餃子+半ライス(200円)」
毎週月曜日は、餃子(3ケ)の無料デー。ですから半ライス(漬物付き)のみの料金でした。ラッキー。
カリッと焼かれた皮の中は、しっとり野菜がパンパンに入ってます。それとなく下味も付いていますので、物足りなさはありません。
そんな中、自家製と思われる漬物が素晴らしい。キャベツやキュウリの朝漬けは、針生姜とミョウガが清涼感を演出。これが一番美味かった~


私やそれ以上の世代には、子供の頃、または青春時代に食べた味噌ラーメンの記憶が蘇ってくると思います。
郷愁をお感じになりたければ是非。

北海ラーメン



関連ランキング:ラーメン | 宇都宮市その他



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

須藤屋飯店@茂木町牧野

須藤屋飯店@茂木町牧野 外観

茂木町でコンパクトにFC展開する数少ない商店、須藤屋さんの支店。物心付いたときには既に存在してました。
画像左側に専用駐車場があるにも関わらず(十分に空いてます)、こうして店先に横付けするのも田舎ならではの風景。
余談ですが、こちらの須藤屋さん、映画「茶の味」のロケ地にもなりました。なんか烏山のコチラのお店を彷彿としますね。



須藤屋飯店@茂木町牧野 内観

茶の味にゲスト出演された?おばちゃんがワンオペで切り盛りされてます。



須藤屋飯店@茂木町牧野 メニュー

メニュー構成からして、完全にラーメン屋さん。
どさんこや寳龍が閉店されてしまった現在、茂木で唯一純粋無垢な、ラーメン専門店となります(笑)。
えっ、道の駅もてぎにラーメンあるじゃないかって? あれはオモチャだからね~



須藤屋飯店@茂木町牧野 チャーハン 支那そばセット

「チャーハン 支那そばセット(780円)」
待っている間、厨房からなんとなく出汁の香りが漂ってきてましたから、ある程度は期待していました。
概ね食堂系のチューニングではありますが、節系の風味・旨みがグイグイ攻め込んできます。チャーシューだって手作り感満載。
まだ3軒目ですが、これは茂木 NO.1のラーメンだぜ(笑)。おばちゃんのセンスに拍手。



須藤屋飯店@茂木町牧野 麺

場所柄、ご老人のお客さんのニーズに合わせた、柔らかな質感の中細麺。茂木町老人クラブ協賛店だしね。



須藤屋飯店@茂木町牧野 チャーハン

チャーハン作っている間、耳を傾けていましたが、途中でじょわぁ~っと液体を投入する音が聞こえました。これは紛れもなく寸胴エキスを合体させた調理法です。そこにラーメンと同一、味の濃いチャーシューが組み合わさる事によって、須藤屋飯店さんオンリーワンのしっとりチャーハンが完成されてます。ボリュームもあって、いいじゃないか!


行脚だからこそ忘れかけていた風景に再会できた喜び。満足しました。おばちゃん、無理せずにね。
これで茂木町行脚はひとまず終了です。次回はおまけの記事になる予定です。

須藤屋飯店



関連ランキング:ラーメン | 烏山



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

壬生のおばちゃんち@壬生町国谷

壬生のおばちゃんち@壬生町国谷 外観

みぶSA内の施設。こうして一般道からでも利用できます。訪問理由は前回と一緒ね。



壬生のおばちゃんち@壬生町国谷 内観

既にイートインスペースはほぼ満席。スマホアプリのGoogleナビがバカやらかしたので、嫌な時間になっちゃったよ。



壬生のおばちゃんち@壬生町国谷 メニュー

2軒とも同じラーメンじゃつまらないので、志向を変えてみます。



壬生のおばちゃんち@壬生町国谷 

通路側にも、テーブル席が設置してあってよかったよ。そんな中、なぜかハワイアンミュージックのBGM



壬生のおばちゃんち@壬生町国谷 ゆず塩ひすいラーメン

「ゆず塩ひすいラーメン(720円)」
ん、これはラーメンなのか?
どっかのゆず塩らーめんの様な、柚子満載仕様とまでではなく、穏やかな印象。そりゃそーだろうよ。画像では確認できませんが、大根おろしがサラサラとスープに混じっています。竹輪の磯辺揚げといい、うどんの汁と考えた方が納得がいきますね。



壬生のおばちゃんち@壬生町国谷 かんぴょう

名物のかんぴょうだって入ってるんだから~



壬生のおばちゃんち@壬生町国谷 手延べ麺

ひすいスープのラーメンなら経験済みですが、ひすい麺は初めて。
なんとなく不揃いだなと思ったら、手延べ麺との事。ソフトタッチな食感。やはりうどんぽいかな。


楽しかったぁ~
ラーメンと考えると、ややとっ散らかった印象は否めませんが、この攻めのスタンスには、素直に敬意を払いたいと思います。


で、帰り道、なんとなく気になっていた中華屋さんに向かってみました。すると営業中の札を発見!
ここは幾たびか偵察に来ていましたが、いずれも撃沈。閉店されたと諦めてました。壬生町行脚、コンプリートならず。近いうちにリベンジしたいと思います。

みぶのおばちゃんち



関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 国谷駅




テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad