つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

ゆず里亭@栃木市星野町

ゆず里亭@栃木市星野町 外観

いや~遠かった。
そういえば、鹿沼行脚の際、この界隈で食べたとんかつラーメン旨かったなぁ~



ゆず里亭@栃木市星野町 内観

カウンター席はありませんが、このように対面式のテーブル席がありますから、お一人様も問題なしです。



ゆず里亭@栃木市星野町 メニュー1

暑いし、場所柄そばも気になるところですが、ここはぐっと我慢。



ゆず里亭@栃木市星野町 メニュー2

こっちいっとかないとね。



ゆず里亭@栃木市星野町 ラーメン

「しょうゆラーメン(600円)」
概ね食堂系的趣のスープではありますが、動物系がそれとなく主張。ソフトタッチのチャーシューが美味。



ゆず里亭@栃木市星野町 麺

ムチ・モチっとした質感の中太縮れ麺。
手打ライクな雰囲気が好みです。しかし、エキスがスープに流れ出ちゃってるのが惜しいところ。



ゆず里亭@栃木市星野町 天そばとかつ丼セット

「ランチ(天そばとミニかつ丼(860円)」
こちらはブログ的に脇役なので、スルーします。いずれにしてもお得なんじゃないの。

以上、いつも通り温かい食事でしたが、この界隈の景色で十分に涼めました。

ゆず里亭



関連ランキング:そば(蕎麦) | 鹿沼市その他



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 7

らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 7 幟

またまたどる屋さんで新メニュー発売。ゴールが見えません。



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 7 大和蜆

いずれは貝類が来るとは思いましたが、まさかしじみとは。



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 7 メニュー

休肝日なんて一昨日来やがれ! なんて考えてる私の体を気遣っていただきありがとうございます(笑)。



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 7 黄金の大和蜆らーめん

「黄金の大和蜆らーめん(1,000円)」
シジミの味噌汁をイメージすると、いい意味で期待を裏切られます。
ダイレクトさは感じす、とにかく繊細で奥深い。最後の一滴までずっと啜っていたい・・・。
どんな素材を用いても共通するのが、最終的にどる屋さんの味わいになっちゃうって事。巷では鮮魚系が流行ってますが、けして一朝一夕では成し遂げられない匠の技だと思います。



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 7 カンボジア産完熟胡椒

後半でこの完熟胡椒をお試し下さいとの事。しかもスープに溶かさないようにとのお達し。そりゃ最初から入れてほしくないのは当然で必然。だから後半と考えるのはアマちゃん。魚介系のスープって、熱々の状態から徐々に温度が下がってくると、素材の性格がより鮮明に顔を出します。その辺りを狙っての提案なのだと思います。それと、ぶち壊さない為にね。
私は現状でも十分美味しく頂いているので、もったいないような気がして足しませんでした。



らーめん厨房 どる屋@宇都宮市中央 7 Andy特製チャーシュー丼

「Andy特製チャーシュー丼」
どる屋さんの三種の神器(ロース・バラ・ほっぺた)。
完熟胡椒が気になったので、バラチャーシューにちょいと掛けてみました。おっ、甘みが引き立って来るではないか!
でも、現状でも激しく満足してますので、個人的にはここまでで十分。年取ってくると守りに入ります。

時期は不明ですが、次回はどんな素材のラーメンが登場するのか楽しみですね。って、じつは教えてもらっちゃいました。内緒だよ。
いや~楽しみです。皆さんは妄想しまくっちゃって下さい。

らーめん厨房 どる屋



関連ランキング:ラーメン | 東武宇都宮駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

伊勢忠@高根沢町宝石台

伊勢忠@高根沢町宝石台 外観

偶然発見しました、ラーメンの文字。行脚ですから、当然伺います!



伊勢忠@高根沢町宝石台 内観

テーブル&座敷のレイアウト。画像にはありませんが、漫画や新聞も完備。



伊勢忠@高根沢町宝石台 レギュラーメニュー

レギュラーメニュー以外にも・・・



伊勢忠@高根沢町宝石台 セットメニュー他1

このように・・・



伊勢忠@高根沢町宝石台 セットメニュー他2

お得なセット品の数々。いいね。



伊勢忠@高根沢町宝石台 ラーメン

「ラーメン(560円)」
そば屋エッセンスが注入されているのかと思いきや、概ね食堂系の趣。
そこに、やや硬質な中細縮れ麺の組み合わせ。一言で、ザ・無難!



伊勢忠@高根沢町宝石台 Andy特製海鮮?チャーシュー丼

「Andy特製海鮮?チャーシュー丼」
ご覧の通りバラロールチャーシューですが、適度な歯応え、脂身も少ないので、サッパリと食べきれました。

高根沢行脚、そろそろディープな世界へ足を踏み入れてみたいと思います。

伊勢忠



関連ランキング:そば(蕎麦) | 宝積寺駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

らー麺 藤原家@上三川町上三川

らー麺 藤原家@上三川町上三川 外観

過去のブログを確認したら、6年ぶりの訪問となりました。今回はある調味料が鍵です。



らー麺 藤原家@上三川町上三川 内観

カウンター席はありませんので、お一人様用?対面式テーブル席に座ります。



らー麺 藤原家@上三川町上三川 メニューの一部

他に気になる限定メニューがありましたが、今回はコレだ!
もうお分かりですね。



らー麺 藤原家@上三川町上三川 セットメニュー

疎遠になっている間に、セット物が充実。しかもタイムサービスじゃないのが太っ腹。いいじゃないか。



らー麺 藤原家@上三川町上三川 昔ながらの正油らー麺

「昔ながらの正油らー麺(580円)」
私が普段食べ慣れているラーメンと価格差がないのは素晴らしい。それだけでも、品名に偽りなし!?
ファーストインプレッションとして、ペタっとした脂感、とても上品な動物系の旨味が押し寄せてきます。これ、思いっきり平成じゃん!
しかし食べ進めていくうちに、濃度はキッチリ抑えてあるし、何と言っても胡椒がその存在をしっかりアピールしてきます。しかもその胡椒が調味料として成立しちゃっているのが藤原家さんのテクニック。この辺りが、『昔ながら』の落とし所なのでしょう。いい意味で、センス出過ぎ~



らー麺 藤原家@上三川町上三川 麺

パツパツとした食感の中細自家製麺。



らー麺 藤原家@上三川町上三川 半チャーハンセット

「Aセット(半チャーハン)」
ラーメンだけじゃちょっと足りない方にどうぞ的趣。画像上のサラダは、お約束のお通しね。

ヤング達には、えっ、ラーメンに胡椒? と珍しがられるかもしれません。お店側も、調理段階でキッチリ調整してあるので、なるべくなら胡椒は卓上に置きたくない。なんていうぶっちゃけ話を数回耳にしました。激しく納得。
私がよく「昭和の置き土産」なんて揶揄しますが、昔のラーメンは胡椒の存在が大きかった気がします。何れにしても『リアル昔ながら』なら、現在でも一部の食堂で味わう事ができますよ(笑)。

らー麺藤原家



関連ランキング:ラーメン | 雀宮



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン山岡家 上三川店@上三川町五分一

ラーメン山岡家 上三川店@上三川町五分一 幟

JAF会員なので、ちょっ寄ってみました。ちなみに吉牛も50円引(月2回)で、豚丼食べてます。



ラーメン山岡家 上三川店@上三川町五分一 外観

せっかくなら新しいお店で食べましょう。って事で上三川店。大型トラックも問題なしの駐車場完備。



ラーメン山岡家 上三川店@上三川町五分一 内観

やっぱり店内が綺麗なのはいいね。でも豚臭感は満載です。



ラーメン山岡家 上三川店@上三川町五分一 サービスセットA 塩ラーメン1

「サービスセット A(690円)」
サービス券にてチャーシューが2枚無料となっています。
注文時、味薄めコールしたのですが、脂少なめを忘れてしまいました。よって、スープの表面は、脂でコーティングされてますね。
本当にコールは忠実に守られてるの? ってくらい私には濃いです。まあ最近は、中華屋の清湯や食堂系のスープがちょうどいい塩梅に感じてきてますから、致し方あるまい。



ラーメン山岡家 上三川店@上三川町五分一 麺

モチっとした質感の中太麺。麺量はやや少なめです。でも、それでいいんです。
だって、お約束のあれも食べなければなりませんからね。



ラーメン山岡家 上三川店@上三川町五分一 Andy特製のり玉チャーシュー丼1

「Andy特製のり玉チャーシュー丼」
セットは、チャーシュー丼/ねぎマヨチャーシュー丼/玉子かけご飯からセレクト可。
一番軽そうな玉子かけご飯をチョイス。専用の醤油が付いてきました。でも、全然見えてない~



ラーメン山岡家 上三川店@上三川町五分一 Andy特製のり玉チャーシュー丼2

旨し!
サービス券使うと、物凄く得した気分になりますよね。

ラーメン山岡家 上三川店



関連ランキング:ラーメン | 石橋駅自治医大駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad