つけ麺は苦手なんです。

 栃木県内のラーメンを中心とした、食べ歩きのブログです。

K takahasi@真岡市白布ヶ丘

K takahasi@真岡市白布ヶ丘 外観

知らぬ間に移転されてたのですね。外見が中華屋さんには見えません。



K takahasi@真岡市白布ヶ丘 エントランス

エントランス?には日替わりメニューが飾られてます。さあ、奥に侵入してみたいと思います。



K takahasi@真岡市白布ヶ丘 内観1

K takahasi@真岡市白布ヶ丘 内観2

ミニステージがあったりと、結婚式の二次会に呼ばれたような錯覚に陥ってしまいますね。厨房はイケメン達が担当。



K takahasi@真岡市白布ヶ丘 メニュー

数あるメニューの中から、こちらをチョイスしましょう。行脚ですからね。
「期待しなければ期待以上」ウケました。



K takahasi@真岡市白布ヶ丘 ラーメンチャーハンセット

「ラーメンチャーハンセット」
フルサイズのラーメン+チャーハンじゃないか! これなら納得の価格設定です。
概ね王道の中華系清湯スープですから、安心・安全。



K takahasi@真岡市白布ヶ丘 麺

やや硬質な中細縮れ麺。中華屋さんらしい麺です。



K takahasi@真岡市白布ヶ丘 チャーハン

ラーメン同様、王道の中華系エビ入りチャーハン。質感はパラパラではなく、ふんわり系です。
普通に旨しですが、さすがに完食ならず・・・。大食漢の方には、ある意味お得なセットかと。

最後に、期待以上だったのは、なんたってこのボリュームでした(笑)。

K takahashi



関連ランキング:中華料理 | 真岡駅



スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ジラフ@真岡市長田

ジラフ@真岡市長田 外観

行脚だからやっぱ行くっきゃないよね。という事で、若者達に混じり訪問してみました。
開店10分前に到着。ラーメン屋で並んだのは、一年ぶりだっつーの!



ジラフ@真岡市長田 券売機

年齢的に、チョイスは絞り込まれます。



ジラフ@真岡市長田 小ラーメン1

「小ラーメン(700円)」コールはニンニク少なめのみ。
カネシ感は比較的弱めで、黄色く乳化したスープ。表面は脂分で覆われてます。がっつり炊いてあるので、地雷屋時代のように鶏も存在するのかは、まったくもって不明。いずれにしても、FC展開されているG系のようなオモチャっぽさを一切感じさせないのがいいね。



ジラフ@真岡市長田 小ラーメン2

こうする事によって、野菜から溶け出した水分で中和する作戦です。余裕でスープ飲めるね。で、なかなか旨し!
モチ・ムチっとした質感の太麺をワシワシ口の中にかっこむ。厚切りのバラロールチャーシューも柔らかでいい感じ。
よっしゃ、小だし苦しまずに完食できそうだ。と思ったのもつかの間。後半かなりキツくなってきました。麺少なめコールをすれば、最後まで美味しく頂けたかも。やはり加齢を実感する・・・。
そんな私とは裏腹に、ガツガツ頬張る若者達のパワーには惚れ惚れするぜ。これで当分の間、日本も安泰だな(笑)。

最後に、やはりG系は中毒性がありますね。一瞬ではありますが、この私でさえ片足突っ込みそうになったよ。

ジラフ



関連ランキング:ラーメン | 真岡駅寺内駅北真岡駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ラーメン田島@日光市木和田島

2日空いてしまいましたが、前回からの続きです。

ラーメン田島@日光市木和田島 外観

ポケットさんから車で数分。前情報を持ち合わせていませんでしたが、開いてて良かったよぉ~



ラーメン田島@日光市木和田島 内観

テーブル席からの眺め。中央の対面式テーブルカウンターは、あまり使われていないご様子。



ラーメン田島@日光市木和田島 メニュー1

ラーメン田島@日光市木和田島 メニュー2

ちょいちょい気になるメニューがありますが、2杯目なので、シンプルに攻めてみます。いや、それが限界。



ラーメン田島@日光市木和田島 ラーメン

「ラーメン(520円)」
半煮卵まで付いていて、この価格。素晴らしいです。
節系と香味野菜達が支配し、それらを胡椒がキリッと絞めるという、いうならば和風ソリッドスープ的スタイル。ご年配受けしそうな予感。
先程のラーメンとは味わいが異なるので、新鮮に感じますね。



ラーメン田島@日光市木和田島 麺

細麺と太麺がセレクト可。前者をチョイス。
やや硬質でありながらも、程よいモチっと感も存在します。スープに合ってるんじゃないかな。

胃のキャパ的に、さすがに完食とまではいきませんでしたが、今回も楽しかった~
距離的に日光市行脚はさすがに考えられませんが、今後も旧今市市には、ちょいちょいお邪魔したいと思います。

ラーメン田島



関連ランキング:ラーメン | 下野大沢駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ポケット食堂@日光市木和田島

ポケット食堂@日光市木和田島 外観

じつは数回フラれてたのですが、営業時間が11~14時のみに変更されてたのか。そりゃ、ゴルフ帰りじゃ閉まってるわな。



ポケット食堂@日光市木和田島 内観

カウンター席のみのコンパクトな店内かと思いきや、座敷も完備されてました。
とはいえ、開店早々から焼きそばの電話注文がひっきりなしです。



ポケット食堂@日光市木和田島 メニュー

お得なセットもありますが、連食の予定なので、単品狙いです。その為に、起床してから飲み物さえも一切口にしていません。



ポケット食堂@日光市木和田島 手打ラーメン

「手打ラーメン(430円)」
旨い! って、まだ食べてないけど、出汁の香りがこうも漂ってきては、想像に難くないです。
王道の東京ラーメンスタイルですが、ガラの出汁感が半端ない。旨味がグイグイ押し寄せてきます。
厨房が確認できない為、もしかしたら感を完全には払拭できませんが、ラーメンってこういうのが本来のお姿なんだよねぇ~
久々のスマッシュヒットです。タマランチ・・・。



ポケット食堂@日光市木和田島 手打麺

モチっとした手打麺。この界隈でたまに遭遇する、ゴワっとした質感ではありません。こっちのが好みかな。
とはいえスープの性格上、機械製麺の方もアリな気がします。むしろそっちのが相性良かったりして。

ここまで期待していませんでしたので、スープはできるだけ残そうと予定していましたが、当然の完食。
ううっ、次がとても心配です。

ポケット



関連ランキング:定食・食堂 | 下野大沢駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

花田屋@宇都宮市末広

花田屋@宇都宮市末広 外観

ご覧の通り、大雪が降った次の日です。って、どんだけ引っ張ってるんだよ~
こんなときこそ比較的近場で、そつなくこなさないとね。はい、ランダムに展開する、おそば屋さんのラーメンシリーズです。



花田屋@宇都宮市末広 内観

テーブル席が2卓、そして座敷は、なんと8卓も完備。外観では想像がつかない、広々とした店内。



花田屋@宇都宮市末広 メニュー1

花田屋@宇都宮市末広 メニュー2

おそば屋さんと思っていたら、定食類も充実。そんな中チョイスするのは、勿論コレ。



花田屋@宇都宮市末広 ラーメン

「ラーメン(550円)」
こうして宇都宮市内にも、未開の地がまだまだ存在するのです。
シンプルなビジュアルに共感が持てますね。画像では確認できませんが、レング受けが存在するのも、ラーメンに妥協しない証なのだと勝手に解釈します(笑)。
そば屋的趣のカエシ感は控えめ。何かが突出する訳でもない、バランスの取れたじんわりスープ。落ち着くねぇ~



花田屋@宇都宮市末広 麺

密度の高い中細縮れ麺。存在感がありますよ。



花田屋@宇都宮市末広 餃子

「餃子(300円)」
言い方おかしいですが、これぞプロの仕上がり! もしかしたら専用の業者から仕入れているのかも。だからこそ安全・安心、間違いのない旨さ。

カレーやカツ丼も気になるところ。機会があればまたお邪魔したいと思います。

きそば 花田屋



関連ランキング:定食・食堂 | 雀宮駅



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

次のページ

FC2Ad